2015年04月30日

絵師100人展05 テーマは"絵師の世界" 「参加メンバーが豪華過ぎて震える」

絵師100人展 産経新聞社主催のイラスト展「絵師100人展05」が29日から秋葉原UDXで始まった。開催期間は5月6日までで、開催概要によると今回のテーマは「絵師の世界」。kojiさんの感想『相変わらずめちゃめちゃ良かった。参加メンバーが豪華過ぎて震えるし、間違いなく文化の最先端がここにある。と思う』などがある。
-

イラスト展「絵師100人展05」が29日に始まる
左:いとうのいぢ氏 右:みつき氏

左:れい亜氏 右:トモセシュンサク氏

左から、珈琲貴族氏、りいちゅ氏 wingheart氏



べっかんこう氏ら

左:パセリ氏 右:6U☆氏

中央:CHOCO氏

産経新聞社主催のイラスト展「絵師100人展05」が29日から秋葉原UDXで始まった。開催期間は5月6日までで、入場料は高校生以上1000円(中学生以下無料)。

『絵師100人展』は、公式サイトの開催概要によると『近年、漫画やアニメ、ゲーム、ライトノベルの挿絵など日本発のポップカルチャーが世界から大きな注目を浴びています。そうした領域で活躍する画家は、江戸時代の浮世絵師になぞらえ、「絵師」と呼ばれています。 本展ではポップカルチャーの第一線で活躍する絵師100名の描き下ろし作品を一堂に紹介します』を謳った、約100人の絵師さん(イラストレーター・漫画家)によるイラスト展示イベント。

これまでのテーマは第1回「日本」(2011年)、第2回「日本の四季」(2012年)、第3回「日本の一景」(2013年)、第4回「かわいい」(2013年)で、今回始まった「絵師100人展05」テーマは「絵師の世界」

会場内には描き下ろしイラスト約100点を展示と音声ガイドのレンタルもあり、物販コーナーでは展示作品を作家コメント入りで収録した「展覧会図録」のほか、「複製原画」、「アクリルアートプレート」、「絵巻物」、「B1タペストリー」などのグッズ販売、絵師さんらによる「サイン会」(「展覧会図録」購入者から抽選)があるみたい。

第5回となる本展は「絵師の世界」がテーマです。日本だけでなく世界を魅了する日本の絵師たちにとって、彼らを取り巻く「世界」はどのようなものなのでしょうか。絵師を志すきっかけとなった「世界」、絵師たちの中にある創造の「世界」、今後絵師として描いていきたいもの、好きなものや大事にしているものなど、絵師たちをとりまくあらゆる「世界」は一様ではありません。
我々は日々「世界」と向き合いつつ、そこから様々な影響を受けています。絵師たちが独自の視点で描くそれぞれの「世界」は、我々の「世界」を広げ新たな視点や考えを見出すきっかけになることでしょう。
開催概要

なお、「絵師100人展05」の様子は アキバな本屋さんでもレポされていて、kojiさんの感想『相変わらずめちゃめちゃ良かった。参加メンバーが豪華過ぎて震えるし、間違いなく文化の最先端がここにある。と思う』や、ビビろぐさん『音声ガイドは全作品ではなく12作品と限定されているんですが、これはなかなか新鮮で良かったですね』、zero超さん『うーんやっぱいいですな。色々と活力というかなんか色々元気もらえました』、 もふぴょんさん『絵師100人展すごくよかったぁ!絵師さんたちの様々な世界観が素晴らしかったです』などがある。

「絵師100人展」公式サイト





左:さくら小春氏 右:小原トメ太氏

蒼樹うめ氏ら

左:バーニア600氏 右:司淳氏

会場外の様子
グッズ一覧を見る人たち
"百ちゃん"スタンディ
グッズ一覧
案内
柱ビジョン
外観
会場入口にイラストレーターさんたちの寄せ書き
線路側から見た会場
■参加絵師一覧(50音順・敬称略)
相川たつき、蒼樹うめ、アカバネ、赤人、秋空もみぢ、あずまゆき、あなぽん、有葉、Anmi、イチリ、いとうのいぢ、wingheart、うたたねひろゆき、MtU、ERIMO、えれっと、岡崎武士、okama、織澤あきふみ、おにぎりくん、小原トメ太、おりょう、CARNELIAN、籠目、カズキヨネ、加藤いつわ、加山紀章、カラス、kino、空中幼彩、呉マサヒロ、黒谷忍、くわだゆうき、KEI、KeG、恋泉天音、高河ゆん、珈琲貴族、konomi、さくら小春、桜坂つちゆ、桜沢いづみ、座敷ウサギ、茨乃、しらたま、白森ゆせ、Syroh、白もち桜、しんたろー、末弥純、鈴平ひろ、高野音彦、CHOCO、司淳、てぃんくる、てんまそ、toi8、トモセシュンサク、なかじまゆか、なぐも。、なつめえり、七尾奈留、ななかまい、ななろば華、ニリツ、バーニア600、パセリ、晩杯あきら、p19、緋色雪、樋上いたる、ひびき玲音、日吉丸晃、広江礼威、フカヒレ、藤真拓哉、フミオ、ぺこ、べっかんこう、へるるん、魔太郎、繭咲悠、Mitha、深崎暮人、三嶋くろね、みつき、南方純、MIN-NARAKEN、もとみやみつき、基4、もりのほん、山本和枝、ゆーげん、夕薙、よしづきくみち、らぐほのえりか、La-na、蘭宮涼、りいちゅ、るろお、れい亜、6U☆、和錆

【関連記事】
絵師100人展05展覧会図録 「テーマは“絵師の世界”」「コメント付きでより楽しめる」
2014年:テーマは"かわいい" 絵師100人展04 「大きいサイズで見る絵は見ごたえ抜群」
2014年:絵師100人展04展覧会図録ちょこっとレビュー
2013年:絵師100人展03 テーマは“日本の一景”。「行って損ではない」
2013年:「絵師100人展 03」 展覧会図録ちょこっとレビュー テーマは“日本の一景”
2012年:絵師100人展02 日本の四季がテーマ。「ホント素晴らしいの一言!」
2012年:絵師100人展02 展覧会図録ちょこっとレビュー
2011年:産経新聞主催、絵師100人展 「生のイラストだと圧巻されるな」
2011年:日本をテーマにしたイラスト展「絵師100人展」 展覧会図録ちょこっとレビュー

【関連リンク】
日本のポップカルチャーの最前線で活躍するイラストレーターの作品を集めた「絵師(えし)100人展05」
主催:産経新聞社
「絵師100人展」公式サイト
開催概要 / 参加絵師 / グッズ情報
絵師100人展とは - ニコニコ大百科
絵師 - Wikipedia
絵師とは - ニコニコ大百科
「絵師100人展」開幕に500人列
5回目のテーマは「絵師の世界」 いとうのいぢ、樋上いたる、蒼樹うめ等参加
広江礼威や日吉丸晃らが参加する「絵師100人展」、テーマは「絵師の世界」

【感想リンク】
今年の絵師100人展も大変満足でございました
「絵師100人展05」今年も行ってきましたよ!
GW中はずっと開催しているので、秋葉に行った帰りに寄ってみると良いかと思います
今回の絵師100人展のテーマは「絵師の世界」・・・広い、広すぎる!
103人の絵師が、それぞれ捉え描く、テーマは「絵師の世界」
間違いなく文化の最先端がここにある。と思う
良かったです……とてもパワーをもらいました!
うーんやっぱいいですな。色々と活力というかなんか色々元気もらえました
めっちゃじっくり見てきたぞ〜
物販以外はそれほど混んでいないようだ
えりねきのが見ていて一番楽しかった。会場で吹き出したよ。もう最高w
どの方も素晴らしかったです。 私は深崎さんの絵の前でずっと立ち止まってましたw
いやぁどの絵師さんも素晴らしい。行って良かった
しらたま先生の「AIRPORT」すごくよかったです!
絵師さんたちの様々な世界観が素晴らしかったです
岡崎先生のがすごかった〜。 あとつちゅさんが参加しててビックリした
蘭宮涼先生のアナログ1点もの(カラーインク・トーン)があって、感動しましたですよ
かなりフリーダムなテーマ
おにぎりくんさんの『想いコネクト』は、最も「世界」が凝縮されている感が
魔太郎さんの『無限の旅路』は今回の絵師100人展で一番のお気に入り



この記事はよもやま カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51486068