2015年05月08日

コミック版 ゼロから始める魔法の書1巻 「魔女と獣神のグリモアファンタジー!」

コミック版 ゼロから始める魔法の書いわさきたかし氏のコミカライズ「ゼロから始める魔法の書」1巻【AA】が7日に発売になった。魔女と半獣半人が登場する同名のラノベのコミカライズで、コミックス1巻の新刊折込は『現代の最高峰ファンタジー!“魔法”創成期を駆け巡る、魔女と獣神のグリモアファンタジーに刮目せよ!』とかになってた。
-


魔女:ゼロ「キミ 我輩の護衛になれ」

「責めてるんだよ!察して謝れよ!」「朝から凶悪な顔で怒鳴るな くあ…」

「我輩は嬉しいのだ 傭兵 こうして君を話すことがどうしようもなく楽しい」
アニメイト秋葉原
ゲーマーズ本店
特典:ブックカバー

著:虎走かける氏、イラスト:しずまよしのり氏同名ライトノベルをコミカライズされ、いわさきたかし氏が電撃マオウで連載されているコミカライズ版「ゼロから始める魔法の書」1巻【AA】が7日に発売になった(正式発売日は9日)。

いわさきたかし氏は、サークル妄想時計で同人誌を出されているほか、COMIC快楽天・COMIC快楽天XTCでも描かれた漫画家さんで、新刊折込は『現代の最高峰ファンタジー、ついに発売!!〜人気イラストレーター・いわさきたかしの手によって堂々のコミカライズ!!画面狭しと"魔法"創成期を駆け巡る、魔女と獣神のグリモアファンタジーに刮目せよ!!』で、裏表紙は『カッコいいからキュートからおちゃめまで、ゼロの魅力を最大限収録!!』だった。

「魔術」が普及し、しかしまだ「魔法」を知らなかった時代。"獣堕ち"と蔑まれる半獣半人の傭兵は日々、魔女にその首を狙われていた。人間になることを夢見る彼はある日、森で美しき魔女と出会い―― コミックス情報

徒然なる一日さんの感想では『個人的にはゼロのボケと傭兵の容赦無いツッコミのコミカルシーンがお気に入りですねw』、『ゼロと半人半獣の傭兵とのちょっと凸凹な交流と、「魔法」という得体の知れない力の不気味さ・・・これらが絶妙に絡み合うストーリー・・・読み応えたっぷりな第1巻でした』などを書かれている。

なお、コミックス「ゼロから始める魔法の書」1巻【AA】の原作者コメントで、虎走かける氏は『本当に漫画になってる!すごい!傭兵もふもふしてる!ゼロかわいい!アルバスもかわいい!ミテミテ!私の妄想が大人気イラストレーターいわさきたかし先生の手で漫画になったんだよ!と、みんなに自慢して回りたい気持ちでいっぱいです』などを書かれ、コミカライズされたいわさきたかし氏あとがきでは『人生初の単行本を出す事が出来ました。それが大好きなラノベのコミカライズで、とても幸せです。〜まだまだ続くゼロと傭兵の物語をお楽しみに…!』などを書かれている。

「ゼロから始める魔法の書」1巻コミックス情報

「いかにも――
我輩は魔女である」
「魔女にくれてやる
誠意なんぞあるか!」
「――戻りたいのか?人間に」
「――戻れるのか?人間に」
「互いの血を混ぜたインクで
鏡文字の契約書を作る」
「我輩はゼロだ」
「神と悪魔の違いなど
信仰の違いでしかない」

【関連記事】
画像:コミックス版 ゼロから始める魔法の書(1)発売
ゼロから始める魔法の書II上巻「世間知らずな魔女と獣の傭兵の魔法書ファンタジー!」
ゼロから始める魔法の書 「ツンデレ傭兵と魔女の探索行」 イラスト:しずまよしのり

画像:艦これアンソロ佐世保鎮守府編(2) いわさきたかし「加賀さん、秘書になる」
COMIC快楽天XTC Vol.4 いわさきたかし 「きゃんでぃキッス」
俺妹同人誌 体育倉庫で男たちに桐乃を陵辱させるあやせ、マワされる桐乃
画像:COMIC快楽天1月号 いわさきたかし「びじゅつぶ活動日誌」

【関連リンク】
アスキー・メディアワークス / 電撃ドットコム
電撃マオウ公式サイト / Twitter
「ゼロから始める魔法の書」1巻コミックス情報
いわさきたかし氏のホームページ「妄想時計」 / Twitter / pixiv
ゼロから始める魔法の書1巻、5月9日発売です 店舗特典あります
原作イラスト:しずまよしのり氏のTwitter
しずまよしのり氏:作画はいわさきたかしさん! なにとぞよろしくお願いします〜!!
ラノベ「ゼロから始める魔法の書」特設サイト

【感想リンク】
魔女と魔法と呪いの話。 その組み合わせ方に工夫あり
ゼロのボケと傭兵の容赦無いツッコミのコミカルシーンがお気に入りですねw
デビュー作とは思えない骨太のしっかりした作りの異世界ファンタジー


ゼロから始める魔法の書 (1) (電撃コミックスNEXT)
いわさきたかし
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2015-05-08


ゼロから始める魔法の書 (電撃文庫)
虎走 かける
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2014-02-08


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51489110