2015年05月12日

ブラックアウト1巻 「"殺人ゲーム"小説を完全コミック化!!」

ブラックアウト原作:黒井嵐輔氏、漫画:前川かずお氏のコミックス「ブラックアウト」1巻【AA】が11日に発売になった。携帯小説サイトで連載され書籍化もした「ブラックアウト」のコミカライズで、裏表紙は『壮絶な殺人ゲームを描いて8000万アクセスを記録したホラースマホ小説完全コミック化!!』になってた。
-

原作:黒井嵐輔氏、漫画:前川かずお氏のコミックス
「ブラックアウト」1巻【AA】発売

「ヘッドセットディスプレイを装着」 カチャッ

「(このゲーム――殺しあって金を稼ぐのかっ!)」

「(殺される!誰か助けてくれ!)」
K-BOOKS秋葉原新館
とらのあな秋葉原店A
ゲーマーズ本店

原作:黒井嵐輔氏、漫画:前川かずお氏がマンガボックスで連載中のコミックス「ブラックアウト」1巻【AA】が、11日に発売になった。

黒井嵐輔氏はコミックス「サバンナゲーム」の原作小説も書かれている作家さんで、今回発売になったコミックス版『ブラックアウト』1巻は、E☆エブリスタで連載された携帯小説「ブラックアウト」を漫画化し、裏表紙は『壮絶な殺人ゲームを描いて8000万アクセスを記録したホラースマホ小説完全コミック化!!』になってた。

コミックス版「ブラックアウト」1巻【AA】には第1話〜第13話までを収録し、オビ謳い文句が『このゲーム、一度始めたら死ぬまで降りられない…』で、コミックス情報は『誰も止めることのできない、戦慄のバトルゲームにようこそ』、『「サバンナゲーム」の主人公・渋谷和也が活躍するアナザーストーリー(もうひとつの物語)!!』とかになってた。

今どきのニート、渋谷和也(18歳)は代わり映えのしない平凡な毎日にうんざりしていた。ゲームの世界のように刺激的な出来事がないものかとぼんやり妄想していたある日、彼の元に突然「βl@ck★OUT」という得体の知れないゲームが届く。興味本位でゲームを始めた和也だったが、それは一度踏み入れたらクリアするまで逃れられない「デスゲーム」だったのだ。全てが謎に包まれたこのゲームをクリアした者はまだ誰もいない。果たして彼を待ち受ける結末は、"死"なのか…!? コミックス情報

なお、原作:黒井嵐輔氏は、コミックス版「ブラックアウト」1巻【AA】の発売告知ツイートで『ブラックアウトのコミックが本になって世にでます。応援してくださった皆様のおかげです。ありがとうございます!よろしくお願いします!』などをつぶやかれている。

「ブラックアウト」1巻コミックス情報(試し読みあり)

「ブラック…アウト…?」
「これがゲームの世界!?」
「いてぇ――!何なんだ
このゲームはぁっ!?」
「あれはゲームの世界で
死んだ者の末路――」
「ほとんどのプレイヤーはお金を稼ぐ為にプレイしてるの」
「このゲームに参加したら殺るか殺られるかなんだよ」

【関連記事】
サバンナゲーム The Comic1巻 780万人が参加する政府公認の殺戮ゲーム

リアルアカウント3巻 「主人公交代!衝撃の新章開幕 新しい残虐なSNSゲーム!」
トモダチゲーム3巻 「暴露の応酬、裏切り者をあぶり出す巧妙な罠!」
ダーウィンズゲーム5巻 「異能力バトルロイヤルを生き残れ!」
勝てば相手を奴隷にできる 奴隷区6巻 「物語の構図がガラッと変わる超展開」
深刻な少子化が進んだ近未来の日本が舞台 「明るいセカイ計画」3巻完結
王国ゲェム1巻 「高校生7人が巻き込まれた支配と服従のデスゲーム」
ヴァイアンメイデン1巻 「学校が戦場!初回から残虐!衝撃のバトルロワイヤル!」
神さまの言うとおり弐1巻 「命の終わりが刻々と迫りくる緊張感が半端ない」
石川マサキ/13GAME(1) 「生き返る為の強制バトルロワイヤル!」
月ノ輪航介/ストロボ1巻 「自らの死因を武器に生き返る為に殺し合え!!」
ディス魔トピア1巻 ネットで相互監視する街を舞台にした美少女ダークバトルアクション

【関連リンク】
小学館クリエイティブ
「ブラックアウト」1巻コミックス情報(試し読みあり)
マンガボックス / ダイジェスト / Twitter
原作:黒井嵐輔氏のTwitter
ブラックアウトのコミックが本になって世にでます
黒井嵐輔 - Wikipedia
漫画:前川かずお氏のホームページ / Twitter
前川かずお (漫画家) - Wikipedia

双葉社
原作小説「ブラックアウト」書籍情報
E★エブリスタ / 原作小説連載ページ


ブラックアウト(1) (エッジスタコミックス)
黒井 嵐輔
小学館クリエイティブ
2015-05-11


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51489635