2015年05月17日

女性消防士マンガ ファイヤーガール4巻 「命の重さと消防士の過酷さ。完結です!」

才谷ウメタロウのファイヤーガール才谷ウメタロウ氏の女性消防士マンガ「ファイヤー・ガール」4巻【AA】が16日に発売になった。裏表紙は『まさかの大事故発生!!絶体絶命の大ピンチ!一度引火すれば、火の海…!』で、まんが王倶楽部の紹介は『最後まで命の重さと消防士の過酷さを描いた作品完結です!』になってる。
-

才谷ウメタロウ氏のコミックス「ファイヤー・ガール」4巻【AA】発売
「古川登志夫氏激薦!!!責任感や使命感にうとくなってたかも……
こういう漫画いいね!」

裏表紙「凍てつくような寒い冬の朝、さくら署に鳴り響いたのは
高速道路での交通事故の出場指令だった」

「人がいる!!要救助者発見!!!」 ゴオオオ

炎上していた事故車が爆発
K-BOOKS秋葉原新館
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A

才谷ウメタロウ氏が週刊漫画TIMESで連載されていた、女性消防士マンガ「ファイヤー・ガール」4巻【AA】が16日に発売になった。

『ファイヤー・ガール』は1巻2巻は消防学校編、3巻からは消防署での実務研修で、今回発売になった最終4巻の裏表紙は『消防学校物語、堂々の完結!消防署での実務研修が始まって2カ月が経ち、凍てつくような寒い冬の朝、さくら署に鳴り響いたのは高速道路での交通事故の出場指令だった』、『まさかの大事故発生!!絶体絶命の大ピンチ!一度引火すれば、火の海…!』とかになってた。

今回発売になった「ファイヤー・ガール」4巻【AA】のオビ謳い文句は『古川登志夫氏激薦!!!責任感や使命感にうとくなってたかも……こういう漫画いいね!』で、まんが王倶楽部の紹介は『最後まで命の重さと消防士の過酷さを描いた作品完結です!ユキ達が二次災害が起こる混乱の中でどう動いていくのか。リアルさを伝えてくれる作品として読み終えていい作品だったなと感じさせてくれたシリーズ』などなど。

「ファイヤー・ガール」4巻【AA】の感想には、いそじマさん『もー…泣けた。ファイヤーガール最終巻もまたボロ泣きッス。ステキな作品に出会えて良かった』、ENOKOROさん『経験ではどうにもならない状況だからこそ、ユキちゃんが1巻から積み重ねてきた「命を守るための基礎」の大事さが伝わってくる。まさに最後に相応しい展開』などがある。

なお、あとがき才谷ウメタロウ氏は『とうとう最終巻となりました…。研修中の火災現場で活躍出来るユキを(ようやく)描けたわけですが、結果とんでもない大事故を描く事になり、楽しみも苦労も通常増しでした』、『最後に…全国で災害と闘っておられる消防隊員の方々に…敬礼!!』などを書かれている。

「ファイヤー・ガール」4巻コミックス情報 / 才谷ウメタロウ氏のTwitter

ビュオオォォォ
「ちくしょう、この風め!!」
「よく頑張ったわね」
「やはり命を救えなかった
現実はキツいものさ」
「私たち消防官に1人の英雄はいらない…でも無事に
生きて帰れたら――」
「いいか、これからお前たちが立ちむかう"災害"は
とてつもなく強大だ――」
「顔を上げて立ちあがれ!今日届かなかった思いは諦めなければいつか必ず届く!」









この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51490366