2015年05月30日

湾岸ミッドナイトシリーズ最終章 銀灰のスピードスターSERIES 2 「最終到達点!!!」

湾岸ミッドナイト 銀灰のスピードスターSERIES 2楠みちはる氏のコミックス「銀灰のスピードスター SERIES2 GT-R(RB26)」【AA】が29日に発売になった。編集者からのおすすめ情報は『大好評だったSEIRIS 1の続きがついに登場!…車を介した切なくも甘く苦い青春の日々がここにあります!』で、オビ謳い文句は『湾岸MIDNIGHT、最終到達点!!!』。
-

楠みちはる氏のコミックス「銀灰のスピードスター SERIES2 GT-R(RB26)」【AA】発売
「"湾岸MIDNIGHT"最終到達点!!!銀色のポルシェに導かれ、男はその先へ!!」

目標だった先輩・吉村が遺したポルシェ911(あらすじ

「(この34Rは違う。すべてにおいてオールラウンダーだ)」

「(本当に空間を移動する機械で、そしてそれを操る気持ち良さ。
体の中を空間が移動し、時間が流れる)」
K-BOOKS秋葉原新館
とらのあな秋葉原店A
COMIC ZIN秋葉原店

『あいつとララバイ』、『シャコタン☆ブギ』や『湾岸MIDNIGHT』などで知られる楠みちはる氏のコミックス「銀灰のスピードスター SERIES2 GT-R(RB26)」【AA】が29日に発売になった。

『銀灰のスピードスター』は、コミックナタリーによると『楠の代表作「湾岸MIDNIGHT」の最終章と銘打たれた車マンガ。輸入車ディーラーの若きメカニック・元木明彦がポルシェ911との出会いを通し、少しずつ変わっていく様が描かれる』で、湾岸MIDNIGHT(1990年〜2008年)はゲームの里さんの紹介では『車のウンチク多数。車に人生を捧げた男達のポエム多数。カーバトルそのものよりも、その過程を重視している』とのこと。

今回発売になった「銀灰のスピードスター SERIES2」【AA】の編集者からのおすすめ情報が『大好評だったSEIRIS 1の続きがついに登場!憧れの先輩・吉村が亡くなって、欠けたピースを埋めようとするように、仕事に没頭する元木の日々が描かれます。それは誰しもが通る道…車を介した切なくも甘く苦い青春の日々がここにあります!』で、オビ謳い文句は『「湾岸MIDNIGHT」最終到達点!!銀色のポルシェに導かれ、男はその先へ!!』になってた。

「湾岸ミッドナイト」は1990年3月、スピリッツでスタートしました。そして翌91年、ヤングマガジンへ移籍しました。理由?人気がなかったからです。えーもう全然に(笑)。あれから25年(!)「銀灰のスピードスター」としてスピリッツで終わります。
主人公も設定もちがいますが、湾岸シリーズ最終章と思ってもらってけっこうです。ずっと引っかかっていた何かがとれた気がします。あとがき

「銀灰のスピードスター SERIES2」【AA】の感想には、ヒゲさん『う〜む、湾岸をもっと大人のドラマにした感じだ』、自由男さんのAmazonレビュー『アキオもブラックバードも出てこないけれど、背骨の部分は同じ、ウルトラマンや仮面ライダーみたいな、「主役は変われど、脈々と受け継がれるその系譜」的なストリームがこの作品には、ある』、だいちゃんさん『楠みちはるが、クルマ好きの若者、これから日本のクルマ文化を支え、築いていく若者に向けて言いたかったことを描いたんじゃないか、と想像したくなるようなストーリー』などがある。

「銀灰のスピードスター SERIES2」コミックス情報 / 作品情報

「(もっと手を汚し、
もっとさわりたい)」
「(会話がいらない――)」
「最初のFDって、
ずっと乗ってたんですかあ!?」
「ポルシェは走らせるコトが 一番のメインテナンスなんだ」
「最近、改めて再評価なんですよFD。小回りも効くし」
「(クルマはやっぱり
面白い――)」


【関連記事】
同人誌「ACTIVE ROAD vol.01」 コンセプトは可愛いイラストを多用した自動車総合誌
彼女のカレラRS 0巻&1巻 「美女とポルシェが織りなす日常系カーライフストーリー」
ベンツ、アルファロメオ、アウディ、ポルシェ、BMWなど欧州(痛)車だけの写真集同人誌
痛車娘(イタシャガール)2巻 ( ゚∀゚)o彡゜おっぱい!おっぱい!
ポルシェの東方痛車 「ポルシェに!歪みねぇな」
寺田克也氏のコミックス 「デトロイトNGサーカス」「のらずにいられない!」同時発売
半年前よりパワーアップした、らき☆すた「かがみ」痛ポルシェ
らき☆すた「かがみ」痛ポルシェ
痛車娘(イタシャガール)1巻 アキバ最速のおっぱい女子高生が痛車バトル
痛車マンガ/痛車でいこう!! 「これは痛い(※褒め言葉)」

【関連リンク】
小学館 / ビッグコミックスピリッツ
「銀灰のスピードスター SERIES2」コミックス情報 / 作品情報
楠みちはる - Wikipedia
湾岸ミッドナイト - Wikipedia
湾岸MIDNIGHTの最終章、楠みちはる「銀灰のスピードスター」1巻(1巻発売時)
自動車の魅力と作品にかける思いを聞いた(連載開始時)

湾岸ミッドナイトとは- ニコニコ大百科
車のウンチク多数 ・車に人生を捧げた男達のポエム多数
湾岸MIDNIGHT名台詞Bot
湾岸ミッドナイトの私的名言集を作ってみた
湾岸ミッドナイト - 漢語録。漢の残した名言集
湾岸MIDNIGHT 名セリフ(画像)

【感想リンク】
う〜む湾岸をもっと大人のドラマにした感じだ
これはちゃんと湾岸ミッドナイトの感じがしてきた
好きな人ができたら一生手放しちゃダメなんだよ
若者に向けて言いたかったことを描いたんじゃないか、と想像したくなる


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit