2015年06月01日

トリガー流アニメ制作進行読本「アニメを仕事に!」 SHIROBAKO宮森あおいコラボPOP

トリガー流アニメ制作進行読本「アニメを仕事に!」 COMIC ZIN秋葉原店で、2014年に出たTRIGGER舛本和也氏が制作進行の仕事を解説された本「アニメを仕事に! トリガー流アニメ制作進行読本」【AA】に、アニメSHIROBAKOの宮森あおいコラボPOPが付いてた。みゃーもり曰く『ツラくて楽しいのは武蔵野アニメーションだけじゃなかったんですね…!』だった。
-

「アニメを仕事に! トリガー流アニメ制作進行読本」【AA】 2014年5月に出た本
著者:アニメ業界歴15年というTRIGGER取締役&プロデューサー・舛本和也氏

SHIROBAKOの主人公・宮森あおいのコラボPOP
「ツラくて楽しいのは、武蔵野アニメーションだけじゃなかったんですね……!!」

「制作進行を知れば、アニメ制作を知れると言っても過言ではありません」

アニメができるまで「制作進行の“暗黙の実務”を学びながら、
アニメ制作を“疑似体験”してもらいましょう」

COMIC ZIN秋葉原店で、星海社新書から2014年に出た、アニメ制作会社TRIGGER取締役&プロデューサー・舛本和也氏の新書「アニメを仕事に! トリガー流アニメ制作進行読本」【AA】に、SHIROBAKOの主人公・宮森あおいのコラボPOPがついてた。

『アニメを仕事に!』は、刊行時の東京新聞の紹介によると『新進気鋭のアニメスタジオ「トリガー」のプロデューサー舛本和也さんが、後進指導のために書きためたマニュアルが原型となった。〜「制作進行」という裏方の視点から、アニメのできるまでが描かれる。挿入されるシナリオや設定資料、アニメの設計図とも言える絵コンテなどは、すべて実物の素材』というもの。

書籍情報では『制作進行を知れば、アニメがわかる!作品評価やビジネス的価値についての議論は数あれど、その制作工程について詳しく説明がされる機会はありません』を謳い、本文では製作工程を動画で補足する 「動画でチェック」QRコードもあり、巻頭ではキルラキルっぽいフォントで『本書は作品が弾丸だとしたら、それを打ち出す引き金でありたいという想いの込められた社名を持つTRIGGERを例に、アニメ制作の現場を疑似体験できる1冊である!』になってる。

COMIC ZIN秋葉原店にあったSHIROBAKO制作進行・宮森あおいのコラボPOPは『ツラくて楽しいのは、武蔵野アニメーションだけじゃなかったんですね……!!』で、担当編集?さんは『宮森さんにも読んでもらえて、本当に嬉しい……!!』をツイートしてもいる。

本書は、アニメがどのようにして作られているかを、作品制作の全工程に関わる唯一の役職「制作進行」の視点からお伝えします。お届け元は、『キルラキル』、『リトルウィッチアカデミア』等を制作し、アニメファンの気持ちを鷲掴みにしている制作会社TRIGGER。事例に不足はありません。アニメを見るのはもちろん楽しいけど、作るのはもっともっともっと楽しい!(そしてしんどい!) 表紙折り返し

「アニメを仕事に! トリガー流アニメ制作進行読本」【AA】の感想には、一撃さん『よくあるリーダーの入門書とはまた違った感じで、おお、と思った言葉もいくつもある。アニメに興味がなくてもおすすめできる本』、修辞的 文彩さん『みゃーもりの有能さが分かる本w SHIROBAKOで「制作進行」に興味を持った方には、是非読んでいただきたい一冊。文字数は少なめで読みやすく、トリガーの作品(一部?)を知る人にとってはニヤリとする描写も』などがある。

なお、あとがき舛本和也氏は『「制作進行」という職業はアニメ制作がはじまって50年間、ずっと必要とされる仕事でした。そしてこれからも!しかしながらその仕事を紹介した文献はほとんどありません。実は僕自身もアニメ業界に入るまではどんな仕事かほとんど知りませんでした!』、『制作進行という職業を全国のアニメが好きな人に知ってもらいたい。業界に入ってくる人に少しでも役に立つモノを作りたい。そんな願いを込めています』などを書かれている。

「アニメを仕事に! トリガー流アニメ制作進行読本」書籍情報(試し読みあり) 

「アニメができるまでの全てに関わる仕事“制作進行”」
「制作会社だけでアニメを作っているわけじゃない」
「憧れだけの業界入りは、
身を滅ぼす」
「よい作品は、
よいスケジュール管理から」
「制作進行は
必ずシナリオを読むべき」
絵コンテの例「詳細な
演出指示が書かれている」
設定資料「設定資料を通しての世界観統一がとても大事」
レイアウト「絵コンテよりも
厳密に描かれた設計図」
「思っていた映像と違った時は理由をよく考えましょう!」

【関連記事】
異能バトルは日常系のなかで特別展 「TRIGGERさんの生原画、感じて頂けると嬉しい」
キルラキルBD3巻 「神回の寄せ集めやったww さすが満艦飾が表紙!w」
キルラキルBD2巻 「流子と鮮血の関係に皐月との戦いなど見所満載」
キルラキルBD1巻発売 「原画とか絵コンテ集が豪華すぎるんだけどwww」
リトルウィッチアカデミアとアニメミライ展 「迫力ある立体展示、直筆原画すばらしい」

Febri Vol.28 アニメSHIROBAKO大事典 「今回はSHIROBAKO特集なんじゃー(ポムッ」
アニメ「SHIROBAKO」BD6巻発売 "第三飛行少女隊"主題歌CD付き
アニメSHIROBAKO BD5巻発売 「サントラに入ってるエンゼル体操中毒になるw」
SHIROBAKO BD4巻発売 「1クールラストか…ここまでも素晴らしく面白かった」
アニメSHIROBAKO BD3巻発売 劇中アニメ「えくそだすっ!」第1話付き
SHIROBAKO BD2巻「オーディオコメンタリーもの凄いぶっちゃけトークで面白い!」
SHIROBAKO BD1巻発売「アニメ業界の今がここにある」 ゲマ本店とアキソフ1で展開

【関連リンク】
星海社 / Twitter
「アニメを仕事に! トリガー流アニメ制作進行読本」書籍情報(試し読みあり)
舛本和也氏のTwitter
TRIGGER
トリガー (アニメ制作会社) - Wikipedia
星海社編集・今井雄紀氏:宮森さんにも読んでもらえて、本当に嬉しい…!
読み終えた時には、アニメ作りの面白さが伝わってくる
アニメ作りに興味ある人なら問答無用でオススメ
舛本和也プロデューサーが"アニメの作り方"を詳細解説(レポート)

【感想リンク】
SHIROBAKOが非常に面白く制作進行という職種に興味を持ったため購入
2時間くらいでざっと読み終えたのだけどこれはいいなあ
アニメの制作進行から学ぶ、危機管理/危機予測の鍛え方
今後アニメ業界を目指している方に対するアニメ制作現場情報
ライターや編集者としても学ぶべきところの多い本でした
業界内や業界を目指す人には読んでおいて損はなさそう。 興味深い1冊です
これから制作進行を目指す人達には非常に有用な本になるのではないかと
現実とあこがれがうまく両立するような場所でアニメにかかわりたいなと思う一冊
アニメで描かれているよりも案の定ヘビーでしたね…
とにかくアニメが作られ続けるためにも何とかなってくれと思った本だった
アニメを仕事に! トリガー流アニメ制作進行読本 - 読書メーター / ブクログ


アニメを仕事に! トリガー流アニメ制作進行読本 (星海社新書)アニメを仕事に! トリガー流アニメ制作進行読本 (星海社新書)
舛本 和也

キネ旬総研エンタメ叢書 アニメプロデューサーの仕事論 アニメーションの基礎知識大百科 アニメビジネスがわかる アニメーションの本―動く絵を描く基礎知識と作画の実際 増補 エロマンガ・スタディーズ: 「快楽装置」としての漫画入門 (ちくま文庫)

by G-Tools

この記事はPOP カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51492959