2015年07月04日

学糾法廷2巻 「数々の難事件を解き明かす流れと個性的で強敵な相手との論争w」

学糾法廷原作:榎伸晃氏、漫画:小畑健氏のコミックス「学糾法廷」2巻【AA】が3日に発売になった。2巻のオビは『小畑健最新作!前代未聞の学級裁判ミステリー!!』を謳い、月下さんの感想では『数々の難事件を解き明かす流れと個性的で強敵な相手との論争が面白かったw』などを書かれている。
-

原作:榎伸晃氏、漫画:小畑健氏のコミックス「学糾法廷」2巻【AA】発売
「"DEATH NOTE""バクマン。"の小畑健最新作!!前代未聞の学級裁判ミステリー!!」

「(果たして"仮面の男"の正体は白鳥さんだったのであろうか――…)」

「ただ今より6年3組"学級会"を開廷する!!」

「突然ですが、ここで弁護側から"4人目"の証人喚問をお願いします…!!」
COMIC ZIN秋葉原店
とらのあな秋葉原店A
ゲーマーズ本店

原作:榎伸晃氏、漫画:小畑健氏が週刊少年ジャンプで連載されていたコミックス「学糾法廷」2巻【AA】が3日に発売になった(3巻は8月4日発売予定)。

『学糾法廷』は、コミックナタリーによると『クラス内の問題を子供たち自らの手で解決させるため、法的拘束力を持つ「学級法廷制度」が導入された小学校が舞台の法廷ミステリー。論破が趣味という小学生の弁護士・犬神暴狗が、学校内で起こった様々な事件の謎を学級裁判で明らかにする様が描かれる』で、コミックス2巻のオビは『「DEATH NOTE」「バクマン。」の小畑健最新作!!前代未聞の学級裁判ミステリー!!』になってた。

「学糾法廷」2巻【AA】には、第8〜16話の「魔法の粉にご用心(2)・(3)」、「犬猿再会」、「民事裁判編(1)-推理編-」、「民事裁判編(2)-法廷編-」、「民事裁判編(3)-真実の階段-」、「水深5mの悪霊(1)〜(3)」を収録し、、とらAのPOPは『まさかのヒロインが犯人…!?白い粉密売事件の真相と、暴狗の前に現れ挑むライバル&検事!!』が付いてた。

学校の子供たちを魅了する魔法の粉"マジカルパウダー"を不法に売りさばく謎の「仮面の男」。果たして、その正体とは──!?さらに、アバクの過去を知る強敵の出現で、新たな事件が動きだす!裏表紙

コミックス「学糾法廷」2巻【AA】の感想には、Mikadoさん『学糾法廷2巻おもしれぇえええええええ!!!』、ガチ恋勢さん『小畑の漫画力がこれでもかと拝める…最高……』、月下さん『数々の難事件を解き明かす流れと個性的で強敵な相手との論争が面白かったw』などがある。

なお、原作:榎伸晃氏は、あとがきで『書きたくても色んな都合で書けないネタもあれば、書きたくなくても、進行上書かなければいけない話やシーンもあります。正直、民事裁判編の辺りは、漫画を描くのがこんなに苦しいものか、というくらい苦しい思いでいました(うまくかけなくて)。そんな漫画の難しさをとことん思い知らされたこの第二巻…!手に取って下さった皆様、本当にありがとうございます!!』などを書かれている。

「学糾法廷」2巻コミックス情報(試し読みあり) / 作品情報

「通称"血の学級会"。又の名を"はじまりの学級会"―…」
「猿飛虎太郎12歳!
趣味は―"忍法"だ!」
「俺にはむしろ
"証拠"しか無い!!」
「"水深5mの悪霊"?」
女子小学生の水着
「プール最高〜!!!」
「ただいまより!!!
学級会を開廷する!!!」



【関連記事】
学糾法廷1巻 「小畑健最新作!! 学級裁判ミステリー開幕!!」

All You Need Is Kill 1・2巻 「小畑健が描破する極限SFバトル超大作!」
バクマン。20巻発売 「マンガを愛してくれた全ての人に贈る、感動の最終巻!」
バクマン10巻 「岩瀬のための1 冊でしょう!もだえ死にます」
バクマン7巻 「蒼樹紅の履いている下着・・・超見たいです!!w」
バクマン5巻 「"読者アンケート"が本気で怖い!」
バクマン4巻 「マンガのプロが選ぶ MANGA-ZIN AWARD大賞受賞作品!」
バクマン2巻発売 「ジャンプの秘密がココにある!?」
ジャンプの内情暴露マンガ? 「バクマン。1巻」発売

【関連リンク】
集英社 / 週刊少年ジャンプ
「学糾法廷」2巻コミックス情報(試し読みあり)
「学糾法廷」作品情報
作画:小畑健 - Wikipedia

「学糾法廷」血の学級会の真相明かされる完結編公開
小畑健×榎伸晃の法廷ミステリー「学糾法廷」最終回、ジャンプ+で完結編も
小畑健の最新作「学糾法廷」1巻、小学校舞台に裁判で戦う法廷ミステリー(1巻発売時)

【感想リンク】
個性的で強敵な相手との論争が面白かったw
学糾法廷2巻おもしれぇえええええええええええ!!!
小畑の漫画力がこれでもかと拝める…最高……


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51497718