2015年07月10日

詩音 OF THE DEAD2巻 「ゾンビっ娘の夏♥ 眩しい笑顔とラブラブ度でキュン死確定!」

JKゾンビ漫画 詩音 OF THE DEADムロヨシ・タカシ氏の美少女JKゾンビ漫画「詩音 OF THE DEAD」2巻【AA】が9日に発売になった。ムロヨシ・タカシ氏の発売告知は『JKゾンビっ娘によるゾンビっ娘のための、優しい世界な青春ラブコメ』で、とらAのPOP『ゾンビっ娘の夏♥眩しい笑顔とラブラブ度合いでキュン死確定!w』が付いてた。
-

ムロヨシ・タカシ氏の美少女JKゾンビ漫画「詩音 OF THE DEAD」2巻【AA】発売
とらA 「ゾンビっ娘の夏♥眩しい笑顔とラブラブ度合いでキュン死確定!w」

東海林詩音:JKゾンビ。.美人で優しくてスタイル抜群(裏表紙
「ゾンビだって夏のオシャレ楽しみたいんです!」

「浴衣…ヘン…かな?」「ううん…スゲー似合ってるよ」

「(いや…明らかにゾンビなヤツがいる!!)」
とらのあな秋葉原店A
ゲーマーズ本店
アニメイト秋葉原

ムロヨシ・タカシ氏がマンガボックスで連載されている、美少女JKゾンビ漫画「詩音 OF THE DEAD」2巻【AA】が9日に発売になった。

『詩音 OF THE DEAD』は、「美人で優しくてスタイル抜群のJKゾンビ」な東海林詩音や「詩音のクラスメイト。詩音に振り回されつつもちょっと惹かれている」雷見つばさらが登場するお話(裏表紙)で、ムロヨシ・タカシ氏のコミックス2巻発売告知ツイートでは『JKゾンビっ娘によるゾンビっ娘のための、優しい世界な青春ラブコメです!』とのこと。

今回発売になった「詩音 OF THE DEAD」2巻【AA】のオビ謳い文句は『ゾンビが人間に恋しちゃダメですか…?』で、とら秋葉原店AのPOPは『幸せ最高で恋のテンションあぐーる、ゾンビっ娘の夏♥眩しい笑顔とラブラブ度合いでキュン死確定!w』になってた。

高校一年生の詩音はスタイルも性格もいい美少女だけど、クラスではちょっと浮き気味。だって彼女はゾンビだから! 死んでる詩音にも夏が来た! プールに、花火に、夏祭り! そしてクラスメイトの雷見クンとドンドン距離が縮まって…。死後の青春を生きる(?)JKゾンビとクラスメイトたちのドキドキ・スクール・コメディ! 裏表紙

なお、ムロヨシ・タカシ氏カバー折り返しコメントで『こんな青春、オレにはなかった!』、コミックス発売告知では『この巻から詩音で描きたかった世界観が展開されております。詩音はいわゆるマイノリティーの立ち位置です、そのマイノリティーの子を優しく受け入れる世界が描きたかったんです。彼女のことを否定しない世界、色んなマイノリティーの方を否定しない世界です』などを書かれている。

「詩音 OF THE DEAD」2巻コミックス情報 / ムロヨシ・タカシ氏のブログ

「ヤバ…腸出ちゃう…」
「大切な友人の手にキサマ等のようなクズが気安く触るな」
「よかったのかな?
カオリちゃん残して」
「あ〜もう大スキっすわ
付き合ってください」
「私、騙されてないよ
だって私も…好きだもん…」
「ホンモノですね」


【関連記事】
美少女JKゾンビ 詩音 OF THE DEAD1巻 「性格グッド!スタイルばっちり!」

黒街1巻 「引きこもり少年が戦う相手はゾンビ?こんな日常、もういやだ!」
がっこうぐらし!5巻 「息を呑む絶望からの脱出!極限の高校生活、クライマックスへ!」
非処女はチンポを求め凶暴化 異常性欲症ネオヤリマン「Yの楽園」最終巻
さんかれあ最終11巻 「息を呑む衝撃の…!果たして血まみれの想いの結末は…!?」
ゾンビチャン2巻 「ゾンビ目線なゾンビ日常マンガ!ロリ幼女もゾンビ」
figma フライボーイゾンビ発売 「肉をくれ!もっと若い肉を!スーパー残酷figma登場!」
ワンフェスで「シューティングデッド 死霊のしゃてき」
TVアニメ化決定 がっこうぐらし!4巻 「壮絶なサバイバルが心臓に悪いレベル」
ゾンビ娘たちを屍姦・拷問・串刺etc…イラスト同人誌総集編「HEADSHOT ALL-IN」
「ばーじんゾンビ」 世界にゾンビが大発生→主人公の白濁液で治るのでヤリまくり
ゾンビッチ4巻 「こんな清楚な女の子だって、エッチなこと考えちゃうんだからね!」
内臓飛び出し系ラブコメ・アンデッド先生1巻 「はらわたまで愛して♥」 くぱぁもあるよ
りびんぐでっど!1巻 「こんなに明るく元気なゾンビの女の子見たことねーwww」
シニガミトリロジー 「命を救ったのに下僕に。こんな仕打ちってwww」
青春ときめき本格ゾンビ漫画 「少女ゾンビ」 業界初のゾンビカラー

【関連リンク】
講談社 / マンガボックス
「詩音 OF THE DEAD」2巻コミックス情報
「詩音 OF THE DEAD」ダイジェスト
ムロヨシ・タカシ氏のホームページ / Twitter / pixiv


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit