2015年07月18日

平坂読×カントクのライトノベル 妹さえいればいい。2巻 「安定の妹x変態x裸!!」

平坂読×カントクのライトノベル 妹さえいればいい。 ガガガ文庫7月新刊、平坂読氏xイラスト:カントク氏のライトノベル「妹さえいればいい。」2巻【AA】が17日に発売になった。オビ謳い文句は『はやくもアニメ化!!……のエピソードもある!』で、とら秋葉原店AのPOPは『妹脳とBBAとチン行為でできた最終巻制作物語w安定の妹×変態×裸!!』になってた。
-

著:平坂読氏、イラスト:カントク氏「妹さえいればいい。」2巻【AA】発売
とらAのPOP「妹脳とBBAとチン行為でできた最終巻制作物語w安定の妹×変態×裸!!」

新刊折込「妹バカの小説家・羽島伊月は、温泉に行ったり花見に行ったりしながら地道に原稿を書く日々を送っていた」

「……アナタ今、想像したわね?」

「ではいただきます」「なにやってんだろあたし……」
ゲーマーズ本店
特典:ブックカバー
メロンブックス秋葉原1号店
とらのあな秋葉原店A
特典:クリアファイル

ガガガ文庫の7月新刊、著:平坂読氏xイラスト:カントク氏のライトノベル「妹さえいればいい。」2巻【AA】が17日に発売になった。

『妹さえいればいい。』は、妹モノばかり書いている小説家の主人公「羽島伊月」や、その義理の弟「千尋」、伊月の友人たちなどが登場し、1巻書籍情報が『平坂読が放つ、日常ラブコメの到達点にしてライトノベル界の現実を赤裸々に晒す衝撃作』だったもので、今回発売になった2巻の編集部の告知では『1巻が発売して以来、各所で大好評!平坂読先生×カントク先生の奇跡のコラボ』・『全裸の美少女が大好きなあなた。アニメやラノベが大好きなあなた。 日々、歓喜と悲哀にまみれながら必死に戦っているクリエイターたちの姿が見たいという、あなた。全力でオススメします!』とのこと。

「妹さえいればいい。」2巻【AA】のオビ謳い文句は『はやくもアニメ化!!……のエピソードもある!』で、書籍情報では『俺達はアニメの原作を書いてるんじゃない!』とかもあり、本編にはTRPGのキャラクター設定表があったり、おつまみレシピがあったり、アヘ顔ダブルピースもあったりで、とら秋葉原店AのPOPは『妹脳とBBAとチン行為でできた最終巻制作物語w 安定の妹×変態×裸!!』が付いてた。

妹バカの小説家・羽島伊月は、温泉に行ったり花見に行ったりしながら地道に原稿を書く日々を送っていた。そんな中、伊月の親友・不破春斗原作のアニメがついに放送開始となり――。大人気青春ラブコメ、第2弾登場!!  新刊折込

ライトノベル「妹さえいればいい。」2巻【AA】の感想には、何でも雑記板さん『話題性のある旬のネタから定番のネタまで色々をギュッと濃縮させまぜ合わせてあるけど、すんなり読めて楽しめます。第2巻では、第1巻よりもサービスシーンが暴走している!?(いい意味で)』、まりもさん『今回も頭おかしい1文から始まり、えっちなシーンのアイデアの出し方やアニメ化の影の部分を描いたりと色んな意味でスゴい1冊でした。ラノベ作家はバケモノやで』、kurumiさん『「自分の作品がアニメ化した時の作家の心情」を綴るお話はリアリティあるものでした…』などがある。

なお、平坂読氏のあとがきは『これからも心を全裸にして、自分お経験したこと、経験しなかったこと、会った人、会ってない人、考えたこと、想像したこと、楽しかったこと、悲しかったこと、あらゆることを虚実織り交ぜてこねくり回し、リアルなのかフィクションなのか曖昧なヘンテコな物語を作っていけたらと思います』、カントク氏のあとがきは『この作品は基本的に全裸至上主義のようですが、絵を描く側としては非常に助かります。ビバ全裸!』とも書かれている。

「妹さえいればいい。」2巻書籍情報 / 特設ページ

白川京の体操着ブルマ
「ずりねたって色んな種類があるの?」
「今おっぱいを揉むシーンを書いているのですが」
「本を出すため犯罪すら厭わない――それが編集者だ」
「千尋が微笑んでこちらを振り返り、またも頬を赤らめる」
「ズボンがずり下がり、飾り気のない白い下着が露わに」


【関連記事】
平坂読×カントクの新作ラノベ 妹さえいればいい 「超残念ヒロイン×変態×青春!」

僕は友達が少ない10巻 「夜空復活。残念系も最加速―!? 待望のクリスマス!?」
僕は友達が少ない9巻 「夜空さんマジで残念過ぎるw 堕ちる所まで堕ちた!」 
僕は友達が少ないCONNECT 「露出度が凄い挿絵満載でワロタw」 
僕は友達が少ない8巻 「隣人部として、色々な意味でターニングポイント」
僕は友達が少ない7巻 特装版 「美少女が台無しすぎる」DVD付き
僕は友達が少ない(はがない)6巻特装版 「再入荷 ブヒィィー!」
僕は友達が少ない(6)特装版発売 「肉ゥゥゥゥーーー!!ブヒィイイイイイイ!」
僕は友達が少ない5巻 「残念系ラブコメディ、二学期編突入!」
僕は友達が少ない(はがない)4巻 「ゼロの使い魔を超えちゃったよ」
平坂読 ラノベ部2 「かーずSP・アキバblogも、うっかり中に出しちゃいました」

【関連リンク】
小学館
ガガガ文庫 / ガガガ文庫編集部ログ / Twitter
「妹さえいればいい。」2巻書籍情報 / 特設ページ
やっぱ平坂センセーパねえ!
平坂読氏のTwitter
カントク氏のホームページ「5年目の放課後」 / pixiv
平坂読 - Wikipedia
カントク - Wikipedia

【感想リンク】
流石としか言いようがない圧倒的な肌色率
このシリーズで私が一番共感できて、等身大に感じるのが春斗というキャラ
安定感抜群の面白さを発揮してくれているラノベ作家の日常コメディ第2弾
経験が活きてるっぽい内容ですね。所々がリアルなんですよね
ここまで赤裸々に執筆活動のアレコレを聞くと、 どうしても実際のアレコレを想起
今回も面白かった、表紙にいるだけあって春斗の出番多めでした
1巻にもましてガガガ文庫版はがないって感じです
作家の交友の暴露でも、性体験の告白でもない、微妙にヌルくてリッチな作家の日常
相変わらずぶっ飛んだ生活をしていて楽しそう
フラグ。ビンビンに立ちましたね
第2巻では、第1巻よりもサービスシーンが暴走している!?
妹さえいればいい。2巻やばいわ(*≧ω≦)
色んな意味でスゴい1冊でした。 ラノベ作家はバケモノやで
話ごとに時系列的な連続性があって人間関係の醸造と推移が見えるのもまた良し
はやく3巻まってます!!!!!!!!!!!!!!
今回はガイスターがちょっと紹介されてキャット&チョコレートの学園編
さがら総氏:後半の展開にいろいろ考えさせられてしまった
妹さえいればいい。2 - 読書メーター


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51499755