2015年07月22日

生理の重い女子高生×生理好きの変態養護教諭マンガ りべるむ「三十路とレディ」

りべるむ「三十路とレディ」りべるむ氏の生理痛女子高生xイケメン養護教師マンガ「三十路とレディ」【AA】がアキバでは21日に発売になり、オビ謳い文句は『「…こ、この変態野郎!」。それでも、わたしの好きな人』、『始まりは、いつも"アノ日"から。恋シリーズのりべるむが送る、女子高生×教師の新感覚ラブストーリー!』になってた。
-

りべるむ氏の生理痛女子高生xイケメン養護教師マンガ「三十路とレディ」【AA】
「始まりは、いつも"アノ日"から」

「俺が一番知ってる レディの生理痛がひどいのも レディが俺のこと好きなのも」

「付き合うの?付き合わないの? 俺のことは嫌いですか?」 「…好き」

「下着の血 舐めていいか」 「ダメに決まってんでしょ」
ゲーマーズ本店
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
メロンブックス秋葉原1号店

りべるむ氏の生理痛女子高生xイケメン養護教師マンガ「三十路とレディ」【AA】が、アキバでは21日に発売になった。

『三十路とレディ』は、りべるむ氏自身のTwitterpixivで描かれていた漫画を描き直し&描き下しを追加された商業版で、生理の重い女子高生・椿井硝華(レディ)と、イケメン三十路の養護教諭・喜多川理雄のお話(登場人物)。

「三十路とレディ」【AA】の オビ謳い文句は『「…こ、この変態野郎!」。それでも、わたしの好きな人』、『始まりは、いつも"アノ日"から。恋シリーズのりべるむが送る、女子高生×教師の新感覚ラブストーリー!』、裏表紙は『わたしの生理を知り尽くした、ただ一人の変態イケメンせんせい――』になってた。

人よりも重い生理痛が悩みの椿井硝華は、生理が近づくと保健室で休むのが日課の女子高生。そんな硝華の向かう保健室には、大好きな三十路の養護教諭・喜多川理雄がいつも待っている。だが、理雄は女の子の生理大好きな真性の変態。
硝華を"レディ"と呼び、性癖を隠すことなく可愛がる。絵に描いたような恋愛とはちょっと違うけど、いつか終わるモラトリアムは、かけがえのないふたりだけの時間――。 裏表紙

なお、「三十路とレディ」【AA】のあとがきで、著者のりべるむ氏は『今回「三十路とレディ」書籍化が決定したとき、しばらくは狂ったように喜んでおりました。でも次第に「あれ…?こんな気持ちの悪いダイレクト生理ネタ大丈夫か…?」と、表紙にナプキン散らかってるし多分大丈夫だと思います。知らずに買った人すみません。あとがきから読んで下さい』などを書かれている。

「三十路とレディ」コミックス情報 / りべるむ氏のホームページ「米粒」

「今日は
情緒不安定なんだね」
「嗅がないでよ」
「鉄と女のにおいがする」
「ほら見て、レディの下着に
ついてた血」
「においは甘いのにやっぱり苦いわ」「もうやだああ」
「生理のとき脱がしたがるし、血の量確認してくるし」
「でも私、
先生がいちばん好きだよ」



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51500270