2015年07月24日

田丸浩史 ラブやん最終巻 「ロリ・オター・プーで30代の物語」「15年を経て遂に完結!」

田丸浩史 ラブやん最終巻 田丸浩史氏のコミックス「ラブやん」最終22巻【AA】が22日に発売になった。オビ謳い文句は『ロリ・オター・プーで30代、クズっぷり甚だしかった男が愛とは慈しみ育むものだと気づくまでの壮大な物語――』、コミックス情報は『15年の時を経て遂に完結!愛の天使ラブやんが起こした奇跡』になってる。
-

田丸浩史氏のコミックス「ラブやん」最終22巻【AA】発売
「ニート道を極めた男カズフサの長い長い愛の奇跡。これは大いなる人間賛歌だ!」

「発育のいい小学生になんの価値があるというのか!?」

「段々年齢の高い女性の魅力を再認識してもらうわ!!
それでは 今この瞬間からオナ禁開始!!」

「……………………いやー……これからもよろしくね!」
メロンブックス秋葉原1号店
K-BOOKS秋葉原新館
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード

田丸浩史氏がアフタヌーンで連載されていた、30代ニートを主人公にしたコミックス「ラブやん」最終22巻【AA】が22日に発売になった。

『ラブやん』は、Wikipediaによると2000年にアフタヌーン・シーズン増刊で連載開始&2003年から月刊アフタヌーンに移籍して同誌2015年7月号まで連載され、1巻の作品情報は『ロリ・オタ・プーの三拍子そろった大森カズフサ。いかにもティピカルな現代的ダメ男のもとへ、愛の天使・ラブやん見参! 成功率100パーセントを誇った愛の天使の力をもってしても、カズフサのラブ事情はイイ感じにならず、いつの間にかラブやんもカズフサとダメ生活をエンジョイ中!?』とかだった。

「ラブやん」最終22巻【AA】のオビ謳い文句は『ニート道を極めた男カズフサの長い長い愛の奇跡。そう、これは大いなる人間賛歌だ!ロリ・オター・プーで30代、クズっぷり甚だしかった男が愛とは慈しみ育むものだと気づくまでの壮大な物語――。ついに大団円!!』、裏表紙は『15年間、アフタヌーンの“ある意味”代表作として不動の地位を築いてきたダメ人間サーガ!』で、第152話〜最終話までと後日談おまけマンガ収録してる

大森カズフサ、漫画家デビュー!?カズフサといえばロリコン・オタク・無職の3拍子で不動だったはずなのに……。互いに罵り合いながらも同居生活が板に付き、すっかり良いコンビになってしまったカズフサとラブやん。二人の関係に、大きな変化が起ころうとしていた。
ミレニアムイヤーに連載開始の本作も、15年の時を経て遂に完結!愛の天使ラブやんが起こした奇跡を見届けてください コミックス情報

なお、「ラブやん」22巻【AA】の感想には、フラン☆Skinさん『最後までネタまみれな内容でしたね!〜いやはや良い作品でした。田丸浩史作品がここまで長期連載になるとか意外でしたが、予想以上に楽しめたので次回作にも期待したいであります』、翔の人生奮闘中(仮)さん『正直とんでもないオチになるんじゃね?とも思ったけど見事過ぎるハッピーエンドで安心したわ』、谷春慶さん『読めば必ず笑えるという個人的には至高のギャグ漫画だった。今までありがとうございました』などがある。

「ラブやん」22巻コミックス情報 / 作品情報

「オナ禁をしていただきます」
ズン
「(以前オナ禁をした時には私にも反応してた!!)」
「具体的には!!ロリの彼女を作る!!今日!!」
「フサさんが納得するまで付き合うわ…!イクわよ!」
「一人前の男っぷりを見せつけてやるわ〜〜〜ッ!!」
10年後――「ウチの母ちゃん人間じゃないかもしんない」



【関連記事】
ここ10年分のヒロシ 「田丸浩史先生のアレな10年が濃縮されまくり」
スペランカーアンソロジー 「この厚さで死ねる!」 「16人の作家が描く男の死に様!」
三十路ニート・ラブやん10巻
田丸浩史からの挑戦状 乳首ビンビン 「いい相棒Tシャツ」

【関連リンク】
講談社 / アフタヌーン
「ラブやん」22巻コミックス情報 / 作品情報
【ついに完結】田丸浩史『ラブやん』の単行本22巻〔完〕が本日発売!
田丸浩史 - Wikipedia / ピクシブ百科事典
ラブやん - Wikipedia / ピクシブ百科事典
田丸浩史「ラブやん」ついに完結 連載15年、アフタヌーン最長寿作品に幕
『ラブやん』完結インタビュー 田丸浩史、次回作は“妖怪もの”

【感想リンク】
最後までネタまみれな内容でしたね!
正直とんでもないオチになるんじゃね?とも思ったけど見事過ぎるハッピーエンド
祝!完結!田丸先生らしからぬピュアで人間賛歌な終わり方。これはこれでよし
ラブやん綺麗に終わったなぁ。 しかし、寂しいわ
それにしても長かったなあ……とかまあそういう気分になった。15年だもんね
誰だって幸せになる、幸せを見つけるという意味で成長する、という一つの物語
カズフサの告白の言葉はとても素直に胸に染みた
読めば必ず笑えるという個人的には至高のギャグ漫画だった
丁寧に終わりまで書かれていていい感じでした。15年間お疲れ様でした
ラブやん最終巻読了。あーーーっ長かったけれど天晴れ大団円
まさかの大団円!ベタベタの10年後!
ええ話や!仲間たちの友情も素晴らしい!
ラブやん最終巻でした。そして予想以上に綺麗に終わっていてびっくり
ラブやんのラストは読者に対する裏切りだと思うんだよね(連載時)
ラブやん 22巻 感想 - 読書メーター


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51500496