2015年07月31日

百合アンソロジー キマシ! 「女のコいっぱい☆ HなイチャLOVEアンソロジー」

百合アンソロジー キマシ!一迅社の百合アンソロジー「キマシ!」【AA】が30日に発売になった。GirlsLove Blogさんの感想『エッチな百合が読みたい人はもちろん、純粋にシンプルな短編が読みたいという人にもおすすめ』などがあり、表紙謳い文句は『女のコいっぱい☆ HなイチャLOVEアンソロジー』になってた。
-

百合エロアンソロジー「キマシ!」【AA】発売
「女のコいっぱい☆HなイチャLOVEアンソロジー」

広瀬まどか 二人の時間
「リリィはいつもこうやって笑顔で許して全てを受け入れてくれる」

かるは ないしょの週末 「んんーーー〜♥」

秋月伊槻 飴と無知 「若ちゃんすごく甘いよ♥」「はっ あうっ」
アニメイト秋葉原
メロンブックス秋葉原1号店
とらのあな秋葉原店A

一迅社の百合コミックアンソロジー「キマシ!」【AA】が、30日に発売になった。

百合アンソロジー「キマシ!」【AA】の表紙イラストはこるり氏で、総扉カラーイラスト:広瀬まどか氏のほか、漫画は広瀬まどか氏、ぴかち氏、かるは氏、コダマナオコ氏、春日沙生氏、秋月伊槻氏、めの氏、ねこ太氏、YUI_7氏、みくた氏、南崎いく氏の11作品を収録

表紙謳い文句は『女のコいっぱい☆HなイチャLOVEアンソロジー』で、一迅社のツイートによると 『甘くて、蕩けそうな少女たちのイチャラブHが満載!総勢12名によるオール描き下ろしの百合アンソロジー!!』で、とら秋葉原店AのPOP『全編通して愛で咲き溢れる芽生える思春期乙女たちの濃厚イチャエロ百合♥だった。

JKのラブラブHからアイドル二人のナイショの舞台裏、保健体育の実践学習、イチャイチャコスプレHまで! 甘くて、蕩けそうな少女たちのイチャラブHが満載!
コミック百合姫本誌でもご活躍中のこるり先生やコダマナオコ先生をはじめ、広瀬まどか先生やめの先生などなど新進気鋭の作家さんを含む、12名によるオール描き下ろしの百合アンソロジーです!! 雑誌情報

「キマシ!」【AA】の感想には、GirlsLove Blogさん『どの話も短いなりにきちんと起承転結があります。エッチな百合が読みたい人はもちろん、純粋にシンプルな短編が読みたいという人にもおすすめ』、マサロウさん『Wildroseの頃よりエロ重視というか肉感的な描写のあるエロが増えたなという印象』、ぼっちさん『読みたいものが読めて超満足。全体的に甘いのが多い』などがある。

「キマシ!」雑誌情報

春日沙生 「くびわをつけて、しっぽをふって。」
ぴかち
「GaOh☆クロスチェンジ」
コダマナオコ
「フリー&スプラッシュ!」
YUI_7
「ラブスティール」
めの
「サマーランデブー」
ねこ太 「保体は試験に含まれません!」
みくた
「2人だけの朝学活」
南崎いく
「告白展望室」
「キマシ!」もくじ



【関連記事】
男性向け百合アンソロジー メバエvol.2 「恋する乙女、濡れまくり!!!」
メバエVol.1「最強百合本 芽吹く!」 男性向けエロ漫画家も多数参加の百合アンソロ
百合アンソロジー つぼみ休刊のVol.21 「さいごのつぼみがはじまるよ」

2008年:濡れてる百合アンソロジー 「百合姫Wildrose2」発売
2007年:ガールズラブコミック:百合姫Wildrose発売 「全編セッ◯ス有り」

【関連リンク】
一迅社 / Twitter
「キマシ!」雑誌情報
甘くて、蕩けそうな少女たちのイチャラブHが満載!総勢12名によるオール描き下ろし
キマシとは - 意味/元ネタ/使い方
キマシタワーとは - ニコニコ大百科 / ピクシブ百科事典

【参加作家リンク】
表紙イラスト・こるり氏のホームページ「こるり屋」 / Twitter / pixiv
こるり氏:タイトル後から聞いてたまげました
広瀬まどか氏:漫画16Pに加えて扉のカラーイラストも描かせて頂きました
ぴかち氏:ちょいハレンチなアイドル百合漫画16ページ描きました!
かるは氏:10p描かせて頂きました。お見かけの際はどうぞよろしくお願い致します
コダマナオコ氏:競泳水着えっち描きました!! ※画像ちょいエロ注意
春日沙生氏:女の子×女の子のHなアンソロジー / ほんと趣味嗜好だだ漏れで…
秋月伊槻氏:キマシ!の感想待ってます(暗黒微笑
めの氏:16p描かせていただいておりますよろしくお願いします!一応一般向け
ねこ太氏:画像ちょいエロなので開くとき背後注意です!!
YUI_7氏:よろしくです! ゴリッと来る感じのお話です
みくた氏:優等生と幼馴染の保健室な漫画を16P描かせていただきました
南崎いく氏:告白展望室(はてなキーワード)

【感想リンク】
全てのお話に一線を越える描写が含まれています
エッチシーンとは言っても、基本、着衣エロです。ほぼ、全作
ストレートでラブラブな雰囲気の作品が多い印象を受けました
いずれも読み切りの短編です。非常にテンポよくいっきに楽しめました
倉田嘘氏:キマシ!凄かった・・!いや、素でキマシタワー!でした
Wildroseの頃よりエロ重視というか肉感的な描写のあるエロが増えたなという印象
これ凄いよすばらすぃよ。なんで一般向けの本なのかってくらい
読みたいものが読めて超満足。全体的に甘いのが多い
そうそうこういうの読みたかったんだよこのやろう!ってなってる
キマシ!読んでるけど、普通に指入れちゃってるんですが
これはキマシぃっていうかレズぃって言うかえっちぃ・・・(つやつや)
社会人カップルが高校の制服とスーツでなさるお話が一番萌えました
エロカワイイ系作風と絵柄で揃えてきてる感じです。好きです
キマシ最高すぎました
キマシ裏表紙もすごかった


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51501495