2015年08月19日

ラノベ 七星のスバル 「死んだはずの幼なじみが、6年後にオンラインゲームに現れる」

七星のスバル ガガガ文庫8月新刊、田尾典丈氏のライトノベル「七星のスバル」【AA】が18日に発売になった。編集部ブログは『死んだはずの幼なじみが6年後にオンラインゲームに現れる…』で、とめこさんの感想『バトルも熱いし、ひねくれて無気力気味だった陽翔が本来の姿を取り戻していく姿が良かった』などがある。
-

著:田尾典丈氏、イラスト:ぶーた氏のライトノベル「七星のスバル」【AA】発売
「――また、皆に会いたいよ」

「――センスがすべてを決める。それが、この世界の絶対の理」

「――約束だよ、陽翔」

「どうしたの、陽翔。ぼーっとしちゃって、珍しい」
COMIC ZIN秋葉原店
ゲーマーズ本店
特典:ブロマイド
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード

ガガガ文庫8月新刊、著:田尾典丈氏、イラスト:ぶーた氏のライトノベル「七星のスバル」【AA】が18日に発売になった。

『七星のスバル』は、新刊折込によると『かつてMMORPG《ユニオン》で伝説となったパーティ、スバル。しかし、人死事件をきっかけに《ユニオン》はサービスを終了。メンバーは散り散りになった。――6年後。新生《リユニオン》で、新たな伝説が幕を開ける』で、新刊折込の著者コメントでは『MMORPGの中でもう会えないと思っていた幼なじみと再会する話です』とのこと。

「プロローグ」・「再開と再会」・「六年の重み」・「秘めたる想い」・「あの日の約束」・「エピローグ」という構成(もくじ)で、ガガガ文庫編集部ブログの告知では『本作は、ゲームプレイ中に死んだはずの幼なじみが6年後にオンラインゲームに現れる……というところから物語がはじまります。彼女はなぜゲーム世界に現れたのか――。そして、かつての“スバル”のメンバーは今どうしているのか――。いろいろと予想しながら読んでもらえると嬉しいです!』だった。

今作の舞台はMMORPGとなっております。しかも、丸ごと世界の中に取り込まれるタイプです。遠い未来か近い将来か、そういう技術が確立した時、現実はどういうふうに変遷しているでしょうか。そんな時代になったら、亡くなった人が生きる世界というものが存在することになるのかもしれません。倫理や是非は置くとして、興味深い話ではありますね。
田尾典丈氏のあとがき

なお、ライトノベル「七星のスバル」【AA】の感想には、とめこさん『バトルも熱いし、なにより仲間との戦闘を通じてひねくれて無気力気味だった陽翔が本来の姿を取り戻していく姿が良かった』、masiro yuukiさん『道を違えた幼馴染との行く末は、行方も分からない幼馴染達との再会はどうなるのか。そして、隠された真実とは一体・・・』、リクさん『死んだはずの少女が6年の時を経てゲーム世界に現れた。無気力少年が仲間と共にかつての熱い思いを取り戻すのがよかった』などがある。

「七星のスバル」書籍情報(試し読みあり) / 編集部告知:革新的青春オンライン!

「――やっぱり居心地が悪いな、ここは……」
「上品で、当時のがさつなところが見られない」
「襲撃者たちがなぜ彼女を狙うのか、わかるかい?」
「もう陽翔には関わらないで。あなたが旭姫でも……」
「陽翔、すごく力強くなってて……ビックリしちゃった」
「最強と言わしめた金色の闘気使いの名――」


【関連記事】
ライトノベル 中古でも恋がしたい!2巻 「ゆるふわギャルvs黒髪美少女」
ライトノベル 中古でも恋がしたい!「史上最カワヒロインラブコメ、誕生!」
オーガスト新作「大図書館の羊飼い」の前日譚をノベライズ。イラスト:べっかんこう
ギャルゲヱの世界よ、ようこそ!(1) 「現実世界にギャルゲーのヒロインが現れたら?」

【関連リンク】
小学館 / ガガガ文庫
ガガガ文庫編集部ログ / Twitter
『七星のスバル』発売!! ゲームとリアルが交差する、革新的青春オンライン!
「七星のスバル」書籍情報(試し読みあり)
田尾典丈氏のブログ「サザンウィンド」 / Twitter
ぶーた氏のTumblr「Pe:booota.」 / Twitter
イラストの方も楽しんでいただけるものになるよう精一杯描かせていただきました

七星のスバル:ガガガ文庫のラノベがテレビアニメ化
『七星のスバル』のTVアニメ化が決定(2017/09)

【感想リンク】
序盤から全開にエモくて面白かった……!!
この「旭姫」はゲーム上のバグなのか、それとも本当に生きているのか?
咲月がすごい可愛い。健気で大好き
再始動したチームが一体どんな方向に進むのかが非常に楽しみとなってくる
それにしてもスバルは小学生のクセに恋愛関係がかなり拗れてんな…
センスで全てが決まるというゲームでの設定が面白いですね
七星のスバル - 読書メーター


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit