2015年08月20日

ゴールデンカムイ4巻 「ヒリ付く殺し合いに北海道の大自然と知恵」

野田サトル ゴールデンカムイ4巻明治後期の北海道を舞台にした金塊探しコミックス「ゴールデンカムイ」4巻【AA】が19日に発売になった。編集部告知は『伝説の猟師VS最後の狼!幕末の英雄VS最強陸軍第七師団、大鷲&狸狩り♪』で、シデンナガミツさんの感想では『シンプルなヒリ付く殺し合いに北海道の大自然と知恵』とのこと。
-

野田サトル氏のコミックス「ゴールデンカムイ」4巻【AA】発売
「私はお前の死神だ!北の最強“北鎮舞台”大日本帝国陸軍第七師団・鶴見中尉」

「離れろッ!! 来るなッ!!」

ガバア バキバキッ 「おおおおッ」

「まずは生きねば」
K-BOOKS秋葉原新館
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A

野田サトル氏が週刊ヤングジャンプで連載中の、明治後期の北海道を舞台にした金塊探しコミックス「ゴールデンカムイ」4巻【AA】が19日に発売になった。

『ゴールデンカムイ』は、作品情報によると『雄大で圧倒的な大自然! VS凶悪な死刑囚!! そして、純真無垢なアイヌの美少女との出逢い!!! 莫大な黄金を巡る生存競争サバイバルが幕を開けるッ!!!!』で、北海道グルメやアイヌの文化なども描かれ、今回発売になった4巻オビによると累計50万部突破みたい。

コミックス「ゴールデンカムイ」4巻【AA】の編集部告知では『伝説の猟師VS最後の狼!幕末の英雄・土方VS最強陸軍第七師団・鶴見中尉 大鷲&狸狩り♪』とかで、とら秋葉原店AのPOPは『北の大地の生存戦略劇、狩りも金塊巡る争いも、強者続々登場でさらに激化!』になってた。

冬眠中の羆もうなされる、悪夢の熊撃ちと異名を持つ漢二瓶鉄造が挑む獲物は、最後のエゾ狼レタ!アイヌの少女・アシパはレタを守る為、不死身と呼ばれた元軍人・杉元は、二瓶の背中に入る金塊の在り処を示す刺青を手に入れる為、伝説の羆撃ちと戦闘に入る!一方、金塊を巡り…死刑囚集団と第七師団が小樽で激突!唐突にかつ劇的に!奪い奪われ奪い合う!北の大地の生存戦略ッ第4巻!! 裏表紙

コミックス「ゴールデンカムイ」4巻【AA】の感想には、シデンナガミツさんの感想『シンプルなヒリ付く殺し合いに北海道の大自然と知恵。絶妙なブレンドだよな』、ギョニーさん『やっぱり面白い!飯テロ、ギャグ、飯テロ、熱い展開!飯テロ!白石!きゃわいい北の生き物!早く次を!!次を!!次を!!』、弾丸さん『超老人・二瓶鉄造の激闘だったり、同じく超老人・土方歳三が和泉守兼定を取り戻したり、今、日本で一番熱いシルバーカラーが読める漫画じゃなかろうか。クソ面白い』などがある。

「ゴールデンカムイ」4巻コミックス情報(試し読みあり) / 作品情報

「鹿肉の鍋“ユオハウだ”」

「アイヌの娘が山で鹿の新しい死骸を見つけた。村の男たちはその鹿を見て
娘がヒグマの獲物を持ってきてしまったことに気がついた。
その夜、村人は一晩中鹿を取り戻しに来たヒグマと戦うはめになった」

「トリカブトの症状は強烈な
シビレ感、刺すような痛み」
「ここで待っていろ。
必ず白い狼を獲ってくる」
「だがほんとうは
運び切れない金塊があった」
「地図…なのか?やっぱ」
「どうかなぁ」
「永倉…牛山を呼んでこい
街へ行こう」
「不安だから相手の気持を
確かめ合うんじゃないか?」


【関連記事】
ゴールデンカムイ3巻 「北の大地で黄金を巡る生存競争!一攫千金サバイバル!」
ゴールデンカムイ2巻 「北海道グルメと動物達、アイヌ文化にグロ描写と盛り沢山」
ゴールデンカムイ1巻「莫大な埋蔵金、圧倒的な大自然、死刑囚、そしてアイヌの美少女」
画像:ヤングジャンプ増刊アオハル0.99号 野田サトル氏「巨神兵ちゃんの恋」

【関連リンク】
集英社 / 週刊ヤングジャンプ / Twitter
「ゴールデンカムイ」4巻コミックス情報(試し読みあり) / 作品情報
野田サトル氏のブログ / Twitter
野田サトル - Wikipedia
ゴールデンカムイ - Wikipedia
伝説の猟師VS最後の狼!幕末の英雄・土方VS最強陸軍第七師団・鶴見中尉 大鷲&狸狩り♪

【感想リンク】
一気にラストまで読み進めてしまいました。凄い面白いよ!
第7師団と土方歳三一派ってヤバイ連中すぎるよ!(8月18日更新分)
シリアスな殺し合いの最中に白石のボケがいい具合に水を差してますね(笑)
今回は狩猟が主でしたね。あの、オオワシをとる技術に感心しました
チョー面白い。ヒンナヒンナ
囚人をがんばって探すでもなく、まったりと北海道観光してる
うおおおお脳汁ううううかっこいいぞ脳汁!!!
なんだかあれやらこれやらぶっこまれてる感
杉元&アシリパ&白石トリオの安定のかわいさ
シンプルなヒリ付く殺し合いに北海道の大自然と知恵。絶妙なブレンド
キャラ立ちが凄過ぎ。群像劇的客観表現も見事
余韻を全てぶち壊す白石である
安定して面白い。そして動物の描写が上手い。たぶん犬好きなんやな
やっぱり面白い! 飯テロ、ギャグ、飯テロ、熱い展開! 飯テロ!
今、日本で一番熱いシルバーカラーが読める漫画じゃなかろうか
いろいろな要素が絡み合って 面白いなあと感じる。 アイヌ料理もおいしそう
二瓶も谷垣も、土方も牛山も、白石も佐一もかっこよすぎるよー笑
やっぱ面白いわー。相変わらず、死にまくりだけど! 杉元の影薄いけど!
ゴールデンカムイ 4巻 - 読書メーター


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51503811