2015年08月31日

銀河漂流バイファム同人誌 「OP曲“HELLO, VIFAM”で、通信をしている彼らを漫画化」

サークルG小隊の銀河漂流バイファム同人誌 Round Vernian VIFAM Opening film COMIC サークルG小隊の銀河漂流バイファム同人誌『Round Vernian VIFAM Opening film COMIC』がZIN秋葉原店に30日?に入荷した。バイファム(1983年)のOP曲「HELLO, VIFAM」の曲中に挿入される通信を元にした"オープニング漫画"で、サークルさんのコメントは『OP曲で通信をしている彼らを漫画化』とのこと。
-

サークルG小隊(権太茂氏)の、銀河漂流バイファム同人誌
「Round Vernian VIFAM Opening film COMIC」

銀河漂流バイファム(1983年)のOP曲「HELLO, VIFAM」の曲中の通信を漫画化
「Examine data link(データリンクの試験をする)」
「Main trans engine No.1,2 ON No.3,4 OFF(主推進エンジンNo.1,2オン No.3,4オフ)」

「Patrol mission SS-1062,Go to the waypoint 1a. Estimated time of arrival 2240
(哨戒ミッションSS-1062 ウェイポイント1aへ移動 到着予定時刻2240)」

サークルG小隊(権太茂氏)の、銀河漂流バイファム同人誌『Round Vernian VIFAM Opening film COMIC』が、COMIC ZIN秋葉原店に30日?に入荷した。

『銀河漂流バイファム』は、バンダイチャンネルの解説によると『SF版「15少年漂流記」である。異星人の襲撃により親とはぐれてしまった13名の子どもたち。地球軍の練習艦ジェイナスに乗り込んだ子どもたちは、みんなで協力しながら艦を操縦して地球を目指す』という、1983年〜1984年に放送されたサンライズのアニメ作品。

同人誌『Round Vernian VIFAM Opening film COMIC』は、サークルさんのコメントによると『オープニング曲にて、「OK.VIFAM your number is 7」。あの通信をしている彼らを漫画化』、まえがきでは『オープニング曲の中で通信している部分を漫画化したものです。よろしければ、オープニング曲に合わせてご覧ください』という、「銀河漂流バイファム」のOP曲中に挿入される通信を元にした"バイファムのオープニング漫画"

感想には、たかぴさん『オープニングが格好良かった記憶が思い出されるな』、amamotoさん『良いね!w なにせ、バイファムはサンライズで唯一、初期から最後までリアル表現嗜好(リアル表現とは言い切れない)を貫いた作品なので、このやり取りだけでもニヤリとさせられて情景が浮かぶのよね。これは良作ですわぁ』などがある。

なお、サークルG小隊権太茂氏はあとがきで、『読んでいただいたわかりますように、これはバイファムのオープニング曲の後ろで会話されている通信を漫画にしたものです。もしフルコーラスを聞いたことがない方がいらっしゃいましたら、これを機会にぜひ。前から曲の通信かっこいいなぁと思っていたのですが、あるブログを書いていらっしゃる方が和訳と解説を載せてくださっていて、気持ちが高まってしまって漫画に致しました』などを書かれている。

【追記】COMIC ZINの通販、ZIN秋葉原店、ZIN新宿店いずれも初回入荷分は完売。サークルさんのアナウンスでは、再販分が早ければ9/7(月)・9/8(火)あたりに再入荷見込みみたい→【さらに追記】9/7(月)に再入荷

サークルG小隊 / COMIC ZIN通販「Round Vernian VIFAM Opening film COMIC」

「Hello,I am VIFAM」
「Permission granted
GOOD LUCK,VIFAM7」
「No.2 Javelin 3・2・1 fire!」
「VIFAM8 full acceleration 3seconds ago」
「it was hit」
「This is VIFAM7,
read you five five」

まえがきでは、オープニング曲を再生しなら読むのをおすすめされている
itune 「HELLO, VIFAM」






この記事は同人誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51505022