2015年09月05日

ハイスクール亜人コメディ 亜人ちゃんは語りたい2巻 「ちょっとだけ違う。とっても可愛い」

亜人ちゃんは語りたい ペトス氏のハイスクール亜人コメディ「亜人ちゃんは語りたい」2巻【AA】が4日に発売になった。販促POPは『も〜すぐ累計25万部大ヒット感激!!!!』で、COMIC ZIN秋葉原店は平積み展開+棚展開し、POPは『ちょっとだけ違う。とっても可愛い微笑ましい。大人気の亜人ちゃん待望の第2巻刊行!!』になってた。
-

ペトス氏のコミックス「亜人ちゃんは語りたい」2巻【AA】発売
「町京子、デュラハン。不自由なのは…"恋心"」

デュラハンJK"町京子" 頭が胴体と離れてる
「おそろいみたいで良いじゃないか…と言ってくれて…」

雪女JK"日下部雪"
「お前は、他人を傷つけるような、そういう亜人じゃないよ?」

バンパイアJK"小鳥遊ひかり"
「血を吸うってセッ◯スみたいなもの?(めちゃくちゃ照れている…)」
ゲーマーズ本店
特典:ブロマイド
メロンブックス秋葉原1号店
特典:ブックカバー

ペトス氏がヤングマガジンサードで連載されているコミックス「亜人(デミ)ちゃんは語りたい」2巻【AA】が4日に発売になった。

『亜人ちゃんは語りたい』は、コミックナタリーによると『バンパイアやサキュバス、デュラハン、雪女など、普通の人間とは少し違った性質を持つ亜人(デミ)の日常を描くコメディ』で、バンパイアJK「小鳥遊ひかり」、デュラハンJK「町京子」、雪女JK「日下部雪」と、サキュバス数学教師「佐藤早紀絵」などの亜人たちが登場するお話(登場人物)。

今回発売になった「亜人ちゃんは語りたい」2巻【AA】の販促POPは『も〜すぐ累計25万部大ヒット感激!!!!2015最注目亜人コメディ』で、第10話「サキュバスさんはいい大人」から第16話「少年はクルツ」までの計7話+番外編「小鳥遊ひかりはバンパイア」を収録(目次)。裏表紙は『人間とは少しだけ違う存在「亜人」。デミとも呼ばれる彼女たちの学園生活は始まったばかり』、『待望のハイスクール亜人コメディ第2巻!』になってた。

発売日のアキバでは、COMIC ZIN秋葉原店で平積み展開+棚展開し『ちょっとだけ違う。とっても可愛い微笑ましい。大人気の亜人ちゃん待望の第2巻刊行!!POPが付いてたほか、ゲーマーズ本店のひと言POP『バンパイアのひかりちゃんにがじがじされたい』、メロン秋葉原1号店のPOPが『デュラハン、バンパイア、雪女…人間とちょっと違うけど、悩みが多いのはきっと人間らしい証――』、とらAのPOPは『恋や体質で悩めるデミ女子の笑いと涙の素晴らしき青春!』だった。

バンパイア、デユラハン、サキュバス、雪女。僕ら人間とちょっとだけ違う、それが「亜人」。最近じゃ「デミ」と呼ばれる彼女たちと、亜人の生態に興味を持つ高校生物教師・高橋鉄男との学園生活は、ますますハチャメチャで、ときどきは真剣な悩みにも直面して…、とにかく目が離せないのです!大型新人ペトスが描く最注目の学園亜人コメディ第2巻!
コミックス情報

なお、コミックス「亜人ちゃんは語りたい」2巻【AA】の感想には、sskitto0504さん『安定していいですね。先生がもてまくりですが、ちゃんと大人として先生してる部分がいいんだろうなぁ…』、アーリオ オーリオさん『生首少女デュラハンちゃん、インパクト凄いよね』、あばうとさん『ニヤニヤできる話もありつつ、かなり踏み込んだ話も混じってて作品のテーマがよく表れた1冊だった』 や、無駄話さん『可愛い!それでいて面白い!』などがある。

「亜人ちゃんは語りたい」2巻コミックス情報(試し読みあり) / 作品情報

サキュバス・佐藤先生
「(まさに大人の女性
って感じ…)」
「"亜人の性質"だけ
見ていると個性を見失う」
「冷や汗って本当に
かくんですか……?
漫画的表現だとばかり…」
「じゃあ失礼しますっ!」
「!!?うひゃ!!??」
「どうしてひかりだけ
名前呼びなんですか?」
「血を吸うよりも
キスのほうが簡単…っと」





【関連記事】
亜人ちゃんは語りたい1巻 「新感覚の、萌えるデミ女子ハイテンションコメディー!」

【関連リンク】
講談社
ヤングマガジン The 3rd / Twitter
「亜人ちゃんは語りたい」 - ニコニコ静画
「亜人ちゃんは語りたい」2巻コミックス情報 / 作品情報(試し読みあり)
ペトス氏のTwitter
新亜人の番外編をWebで公開

ヴァンパイア(吸血鬼) - Wikipedia
サキュバス(夢魔) - Wikipedia
デュラハン - Wikipedia
雪女 - Wikipedia

【感想リンク】
可愛い!それでいて面白い!
『亜人ちゃんは語りたい』性質と「らしさ」の話
生首少女デュラハンちゃん、インパクト凄いよね
男の子らしさ、女の子らしさ、そういうレベルでの、亜人らしさ
悩みは尽きない、でも笑顔も絶えない、そんな亜人達
そこまで一巻と変わり映えはしませんでしたが安定していいですね
激しいカタルシスはないけどきちんと読ませるのは作者の力量だろう
膝とかクッションの上にちょこんと置かれた町ちゃん(頭部)かわいい
思春期っぽいお悩みばかりで大変ラブリー。センセーも合理的で素敵
雪ちゃんは今回出番が多い
佐藤先生すっかりネタキャラに
これでメインキャラ出揃ったかなぁという第2巻
かなり踏み込んだ話も混じってて作品のテーマがよく表れた1冊
亜人ちゃんは語りたい 2巻 - 読書メーター


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51505461