2015年09月07日

平つくねデレマス同人誌 蒼の荒夜 「凛の性器から零れる白濁液、告げられる真実とは…」

サークルROUTE1(平つくね)のデレマス渋谷凛同人誌『蒼の荒夜』 サークルROUTE1(平つくね氏)のデレマス渋谷凛同人誌『蒼の荒夜』が6日に入荷した。とらAのPOPは『わたしがどんなことされたか、教えてあげる…』で、とら通販の紹介が『渋谷凛は自分が被害者となった性犯罪について供述を求められた』・『凛の性器から零れる白濁液、告げられる真実とは…』などなど。
-

サークルROUTE1(平つくね氏)のデレマス渋谷凛同人誌「蒼の荒夜」
自宅マンションに侵入した男にヤられた渋谷凛

警察の事情聴取のあと、ナカから溢れる白濁液

渋谷凛に白濁液ぶっかけ
「おーおー 豆さんがよぉさんビクついておるわ」はぁはぁ
とらのあな秋葉原店A
メロンブックス秋葉原1号店
とらのあな秋葉原店C

サークルROUTE1(平つくね氏)の夏コミ新刊・アイドルマスターシンデレラガールズ渋谷凛同人誌『蒼の荒夜』が、メロン秋葉原1号店&2号・とらのあな秋葉原店A&Cに6日に入荷した。

平つくね氏は「comicアンスリウム」でも描かれているプロの漫画家さんで、4コマ漫画「ラッキーブレイク」も描かれている。サークルROUTE 1では、よつばと!同人誌「ダンボーとジャンボー」、アイマス真同人誌「パワフルおとめ4」、セーラームーン同人誌「外部家族 子作り計画」などを出されている。

今回入荷したデレマス渋谷凛同人誌『蒼の荒夜』は、とらAのPOPが『わたしがどんなことされたか、教えてあげる…』で、とら通販の紹介は『雨が降りしきる中の警察署、調書の作成は続く。渋谷凛は自分が被害者となった性犯罪について供述を求められた。供述は細部まで掘り下げられ、凛は更に深く傷つけていく。彼女は被害者なのに。ぼろぼろになった凛は、あてつけの様にプロデューサーに事件を語る。凛の性器から零れる白濁液、カラオケルームの一室で告げられる真実とは…ハードエロスが実用度満点』とかになってる。

また、メロン1号店のPOPは『男に襲われてしまったアイドルがプロデューサーと再び…♥フルカラーで愛あるラブラブセッ◯ス♥』で、メロン通販の紹介は『男に襲われ、助けが間に合わなかったPを背後から押さえつけるとチ〇ポを責め立てる凛!◯液にまみれたアソコをPに拭かせていると、いつしか感じ出しエッチをおねだりします♪激しいピストンで愛液が交わる音をマイクが拾い、それを聞き凛は甘い声でヨガリ狂う☆』などなど。

作中では、乱暴された渋谷凛がザ◯メン垂らすのをPが拭いてあげて、そのまま生セクロスし、らむうるさんの感想『平つくねさんのアイマス新刊は2冊ともエロ綺麗だなあ!』、宮本琢磨氏『ニッチな人には需要があるかも知れない』などがある。

サークルROUTE1 / メロン通販 / とら通販

マンションで襲われる渋谷凛
喉ま◯こに突っ込まれる
「前に?後ろに?
何されたの?」
「プロデューサーの
家行っていい?」
「しよ」
(初めて素直になれた)
「ふン"ン"ン"♥」
ビュッビュッドクンドクン



【関連記事】
comicアンスリウムVol.21 「ラブ聖夜♥ハメはずそっ」 平つくね氏、あしもと☆よいか氏ら
平つくね よつばと!同人誌 「大人の階段を駆け上るみうら!」「大胆野外H!」
comicアンスリウムVol.5 「表紙は平つくね先生、うっとりとした表情がSEXY」
サークルROUTE1 フルカラー睡姦同人誌「華麗に外部家族 子作り計画2」
サークルROUTE1 アイマス同人誌「春香さんの痴漢本ですよ!痴漢本!!」
サークルROUTE1 アイマス真フルカラー同人誌 CM出演のため変態男で処女喪失
キャノプリcomic2月号 表紙は平つくね。「質がグッと上がってきた。勝負に出てる」
セーラームーン・フルカラー同人誌 「めちゃくちゃかわいいウラヌスをご堪能あれ!」
平つくね/ラッキーブレイク1巻 「絶頂は、どうぞ職場で」
アイマス同人誌パワフルおとめ3 「大好きなPとホテルへ。ボク、とっても幸せです」
アイドルの瑞々しいカラダが、プロデューサーに犯されるフルカラー同人誌
「フルカラーで檄あま新妻リンコ…」 「前戯がもう密度濃いよーこれ(*´Д`)」

【関連リンク】
サークルROUTE1
平つくね氏のTwitter / pixiv
夏コミ新刊サンプル
メロンブックス通販「蒼の荒夜」
とらのあな通販「蒼の荒夜」
COMIC ZIN通販「蒼の荒夜」
オールカラーで描かれる渋谷凛の恥辱をお見逃しなく。

TVアニメ「アイドルマスターシンデレラガールズ」
アイドルマスター シンデレラガールズ - Wikipedia

【感想リンク】
平つくねさんのアイマス新刊は2冊ともエロ綺麗だなあ!
ニッチな人には需要があるかも知れない


この記事は同人誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51505590