2015年09月14日

ラノベ ダンまち9巻 「新章突入、話の盛り上がり具合が素晴らしい」

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 大森藤ノ氏のライトノベル「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」9巻【AA】が11日に出てる。オビ謳い文句は『一匹の竜の少女を巡り、人と怪物、神々を揺るがす異常事態!』で、まりもさんの感想は『新章突入、初の上下巻構成だけあって話の盛り上がり具合が素晴らしい』などなど。
-

大森藤ノ氏の「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」9巻【AA】
「一匹の竜の少女を巡り、都市に波乱がもたらされる」



「――ひひっ、それが主神にものを頼む態度かよ、生意気な糞ガキめ」
ゲーマーズ本店
特典:リーフレット
メロンブックス秋葉原1号店
特典:ブックカバー
とらのあな秋葉原店A
特典:リーフレット

大森藤ノ氏のライトノベル「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」9巻【AA】が、アキバでは11日に出てる。

オビ謳い文句は『遂にシリーズ累計370万部突破!』、『「ベル…大好き」。一匹の竜の少女を巡り、都市に波乱がもたらされる、人と怪物、神々を揺るがす異常事態――ダンジョンの異変に迫る迷宮譚第九弾!』になっていて、折込チラシは『新たなダンジョン階層域「大樹の迷宮」に進出したベルは、竜の少女ウィーネと出会う。人語を話し、人からも怪物からも襲われる孤独な少女を保護することを決めるのだが……』などなど(登場人物)。

新たなダンジョン階層域『大樹の迷宮』に進出したベルは、竜の少女ウィーネと出会う。人語を話し、人からも怪物からも襲われる孤独な少女を保護することを決めるのだが……。
忍び寄る暴悪の狩猟者達の魔の手、覆すことのできない人と怪物の軋轢、そして動き出すギルドの真の主。一匹の竜の少女を巡り、都市に波乱がもたらされる。人と怪物、神々を揺るがす異常事態──ダンジョンの異変に迫る迷宮譚第九弾!裏表紙

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」9巻【AA】の感想には、わたーさん『面白かった。遂にベル君の魔手がモンスターにまで。内容としては、人語を介し、心を持つ竜の少女ウィーネを中心に、ギルドの策謀、狩猟者の暗躍にヘスティアファミリアの面々が巻き込まれる話』、好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!!さん『ファミリーの人間関係にきちんと厚みが出てる風で、なかなかいい感じ』、まりもさん『新章突入開始という記念すべき巻であり、初の上下巻構成というだけあって話の盛り上がり具合が素晴らしいですね』などがある。

なお、大森藤ノ氏はカバー折り返しコメントで『本巻のプロット作成時点で「一巻に収まる!」と思っていましたが、全然無理でした。半分消化時点で300Pオーバー。何が言いたいのかというと、9巻・10巻の前編後編、上下巻構成となります。とうとう一巻で決着がつきませんでした、本当に申し訳ありません本当に!』、あとがきでは『今回はおそらく新境地です。本編一巻の頃から叶うならやりたいと思っていたエピソードですが、作者にとって「冒険」の要素も含まれているように感じています。いわゆるファンタジー増し増しです』などを書かれている。

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」9巻書籍情報

「始まりは、
とある冒険者依頼だった」
「2章 竜娘のいる日常」
「――ベル君、
何なんだい、それは?」
「体に変化が生じた、
少女の背中が盛り上がる」
「人を襲わないモンスター…しかも意思疎通まで可能か」
「ギルドの"真の王"は、
ヘスティアを見下ろした」



【関連記事】
アニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」BD2巻発売
アニメ"ダンまち"展がスタート 「原作ファン、アニメファン共に楽しめる展示」
【青い紐】 アニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」BD1巻発売
ラノベ ダンまち8巻 「めっちゃ分厚い」「神と子供達が送るささやかな日常編!」
アニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」 OP&EDシングル発売
ラノベ ダンまち7巻発売 「夜の街でハプニング♥妖艶な獣人少女との出会い」
ダンまち4コマ 神様の日常 「ヘスティア様の日常はとってもキュート!」
アニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」OP&EDシングル発売
【ダンまち】 ヘスティア「例の紐」当日完売や無料配布。アキバの「例の紐」いろいろ
「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」通常版/限定版3巻発売
GA文庫大賞初の"大賞"受賞作「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」

ダンまち4コマ 神様の日常 「ヘスティア様の日常はとってもキュート!」
コミックス版 ダンまち5巻 「神様嫉妬(?)、剣姫アイズとのスキルUP成長記!!」
コミックス版 ダンまち4巻 「魔法発現、裏切りと慟哭、そして新たな絆──」
コミックス版ダンまち3巻「ケモ耳娘にアノ子とデート、波瀾万丈なONとOFF♥」
コミックス版 ダンまち2巻 「圧倒的画力でコミカライズ!」
コミックス版 ダンまち1巻 「惚れた女につりあう男になる為に強くなる!」

【関連リンク】
ソフトバンククリエイティブ
GA文庫 / GA文庫ブログ / Twitter
「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」特設ページ / Twitter
TVアニメ「ダンまち」公式サイト / Twitter 
「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」9巻書籍情報
店舗特典情報!
イラスト:ヤスダスズヒト氏のホームページ「suzuhito.com」 / GS4blog / Twitter 
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか - Wikipedia 
大森藤ノ - Wikipedia
ヤスダスズヒト - Wikipedia 

【感想リンク】
話の盛り上がり具合が素晴らしいですね
人型で人語も話すモンスター『異端児(ゼノス)』を中心に話が進む模様
ベルくんがお人好しなのは今更ですが、 まさか怪物にまで
第三部突入!いきなり上下巻構成。 またベルが女の子を拾ってくる
面白かったんですけど、いつもと違う展開に対する、戸惑いも大きかった巻
ダンジョンの階層も20を超えて、ますます広がりを増すシリーズ新章突入
重要な真実が明かされたりと見どころも多く、上下巻構成
ファミリーの人間関係にきちんと厚みが出てる風で、なかなかいい感じ
ダンジョン中層で人語を喋る怪物・ヴィーヴルを保護した主人公・ベル
ベル君がとうとうモンスター娘にまで手を差し伸べる話
遂にベル君の魔手がモンスターにまで
作中の常識が覆るような事実
8巻のラストでちょろっと書かれた伏線があれほど大きい話になろうとは
悪役は久々の胸糞展開ですわ
やべぇよ・・・ 外伝の伏線とかどんどん回収してるよ・・・
やっぱり猛烈に面白い
新展開に興奮して一気に読んでしまった
これまた凄いね。内容バレは書かないけどとにかく凄い!
意外な展開に広がってきたな〜
ウィーネたちの絵をもう少し見たかった感はある
「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」9巻 - 読書メーター


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51506117