2015年10月08日

西尾雄太 / アフターアワーズ1巻 「クラブで始まるガール・ミーツ・ガール」

西尾雄太 アフターアワーズ 西尾雄太氏のコミックス「アフターアワーズ」第1巻【AA】が7日に発売になった。オビ謳い文句は『ケイちゃんといると、新しいセカイが開けてく――』で、コミックナタリーの紹介は『ケイと出会ったことをきっかけに、エミは新しい世界への扉が開き始める』・『クラブで始まるガール・ミーツ・ガール』になってる。
-

西尾雄太氏のコミックス「アフターアワーズ」第1巻【AA】
「クラブの楽しみってそれだけじゃないよ」

「エミーー着いたー!!?」「……うん」

「よし!じゃ行こっか。……えーと、」 「あたし、エミ。朝比奈エミです!」

「(あたしだったら――)」
「(あたしだったらこんな画を合わせる)」
ゲーマーズ本店
特典:ブロマイド
COMIC ZIN秋葉原店
特典:リーフレット
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード

西尾雄太氏ヒバナで連載されているコミックス「アフターアワーズ」第1巻【AA】が7日に発売になった。

オビ謳い文句は『ケイちゃんといると、新しいセカイが開けてく――「クラブの楽しみってそれだけじゃないよ」』で、コミックナタリーの紹介は『友人に誘われ気乗りしないまま渋谷のクラブに訪れた朝日奈エミは、カッコいい大人の女性・ケイと知り合う。ケイと出会ったことをきっかけに、エミはVJやケイの仲間とのイベントなど、新しい世界への扉が開き始める』、『クラブで始まるガール・ミーツ・ガール』。

また、コミックス「アフターアワーズ」第1巻【AA】の裏表紙は『気乗りしないままやって来た渋谷のクラブで、不思議なおねえさん・ケイと出会ったエミ。ミラーボールの下でしゃべって、飲んで、気づけばケイのベッドで一緒に寝ていて……ってあれっ??しかも「VJをやってもらいます」なんて。待って待って!VJって何!?』で、とらAのPOPは『流れ着いた渋谷のクラブで新たな刺激の世界の門が開く、2人の女子のトキメキ輝く大人の青春物語!!』、 ZIN秋葉原店のPOPは『格好いいお姉さんとの出会いは長い夜のはじまり』だった。

偶然の出会いが二人を引き合わせ、かけがえのない二人にしていくボーイではなくガールミーツガールがスタートしました。 エミ視点でケイの凄さや自然さが描かれていくため、エミが惹かれていくのがわかりますし、二人がすぐ必要なパートナーとして受け入れている姿も伝わってきます。 百合作品なのに百合っぽくない二人が一つのことに向かっていく姿を楽しめる新作 まんが王通販

なお、コミックス「アフターアワーズ」第1巻【AA】の感想には、おーらんどーのユリイロセカイさん『恋愛とも、友情とも、憧憬とも、連帯とも不分明で、特別なものではないナチュラルさがとても魅力的であり、「百合」の普遍性(大げさ?)と可能性ががさりげなく示されていたように感じられましたね』、true「」さん『1話は衝撃の朝チュンエンドでしたが、その後はまったり銭湯に行ったり同棲』、Cironさん『クラブで偶然知り合って意気投合した2人の女性が普段の生活の殆ども共有して関係を深めていく物語。異なる性格が向き合った時の化学変化が見ていて意外にも楽しい』などがある。

「アフターアワーズ」第1巻コミックス情報 / 作品情報(試し読みあり)

たとえるなら、日が沈み、
再び、朝日が昇るまでの話
「居心地のいい場所だって
きっと見つかるよ」
「ケイちゃんがレコード
集めだすきっかけって?」
「いや〜実はあんまり
クラブとかなれてなくて」
「(もっといろんな
話ができるんだろうな)」
「(あたしの
やりたいこと―…)」



【関連記事】
少女失格1巻 「JKだけのデスゲーム、ついに開幕!!」
くずしろ百合短編集 龍崎さんと虎生さん 「ビッチに下衆にNTR!?ひと味ちがう短編集!」
鹿嵐 / シュガールーム 「揺れ動く恋心を甘く、ビターに描き出した作品集」

とんかつDJアゲ太郎1巻 「グルメ修行漫画とDJ漫画が見事に融合するなんてすごい」

【関連リンク】
小学館
「ヒバナ」公式サイト / ヒバナブログ / Twitter
「アフターアワーズ」第1巻コミックス情報 / 作品情報(試し読みあり)
【1話まるごと試し読み】新感覚!クラブから始まるガールミーツガール青春譜 - コミスン
西尾雄太氏のtumblr.「TURNTHATSHITUP!」 / Twitter / pixiv

西尾雄太が描くクラブで始まるガール・ミーツ・ガール1巻
VJとしてクラブイベントへ参加していくガールミーツガールの青春譜
文化を混ぜ合わせて届けるということ──イラストレーター・STAGインタビュー

ビデオジョッキー - Wikipedia
第1回 VJを始めてみませんか?

【感想リンク】
「百合」の普遍性と可能性がさりげなく示されていた
大人百合を楽しめる一方で修羅場な展開も少し臭わせております
異なる性格が向き合った時の化学変化が見ていて意外にも楽しい
様々な気になる要素が満載の物語なのです!!
描写がリアル過ぎてそこだけでなんか泣けてくる
しばらくクラブ行ってないから行きたくなった...


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51507888