2015年10月09日

ゼロから始める魔法の書2巻 「前半イチャコラ、後半シリアス」 肉奴隷・貧乳全裸あり

いわさきたかし ゼロから始める魔法の書虎走かける氏のライトノベルを、いわさきたかし氏がコミカライズされた「ゼロから始める魔法の書」2巻【AA】が8日に発売になった。徒然なる一日さんの感想は『前半がイチャコラ、後半がシリアス。前半部分のサービスシーン満載・・・萌え転がりましたわw』などで、扉絵が肉奴隷だったり、貧乳全裸があったり。
-

コミックス「ゼロから始める魔法の書」2巻【AA】
「【ゼロの書】を追い、辿り着いたのは魔女に滅ぼされた町」

「肉奴隷だ」  「ご主人様のお世話をさせていただいてます。もちろん夜も♥」

魔女・ゼロの貧乳全裸 「女の裸がそんなに珍しいか?」

「ならば試すか十三番 我輩 少しばかり不愉快だ」
アニメイト秋葉原
特典:ミニ色紙
メロンブックス秋葉原1号店
特典:イラストカード
ゲーマーズ本店
特典:ブックカバー

著:虎走かける氏&イラスト:しずまよしのり氏のライトノベルを、いわさきたかし氏がコミカライズされ電撃マオウで連載中のコミックス「ゼロから始める魔法の書」2巻【AA】が、アキバでは8日に発売になった(正式発売日は10日)。

コミックス『ゼロから始める魔法の書』は、1巻コミックス情報では『「魔術」が普及し、しかしまだ「魔法」を知らなかった時代。"獣堕ち"と蔑まれる半獣半人の傭兵は日々、魔女にその首を狙われていた。人間になることを夢見る彼はある日、森で美しき魔女と出会い――』という、半獣半人の"傭兵"である主人公と、魔女・ゼロを描いたお話。

今回発売になった「ゼロから始める魔法の書」2巻【AA】には第5話から第9話とおまけを収録し(もくじ)、オビの謳い文句は『【ゼロの書】を追い、辿り着いたのは魔女に滅ぼされた町――』、オビ裏面では『イチャコラサービスシーン満載!』になっていて、第5話扉絵が肉奴隷だったり、貧乳全裸があったり。

世界には魔女がいて「魔術」が普及していた。そして、世界はまだ「魔法」を知らなかった。半獣半人の「傭兵」は、人間の姿に戻すことを報酬として稀代の魔女・ゼロの護衛をしつつ、【ゼロの書】を探していた。書の在り処を知るという魔術師・アルバスと出会いその町へと向かう一行だが、到着した時には何者かの襲撃を受け、町は滅ぼされていた。そしてゼロと傭兵も何者かに襲われて――!? 裏表紙

「ゼロから始める魔法の書」2巻【AA】の、徒然なる一日さんの感想は『第2巻のゼロは何というかイチャイチャモードが凄かったですねw キスに興味津々になったり、傭兵が選んでくれた服をギュッとして、男殺しのセリフを言ったり、全裸状態だった傭兵の下半身を見て目がハートマークになったりと・・・何というか、可愛いなんてレベルじゃないですわwww』、『前半がイチャコラ、後半がシリアスと・・・特に前半部分のサービスシーン満載な所・・・もう萌え転がりましたわw』とのこと。

なお、あとがきで原作:虎走かける氏は『ついに十三番が登場しましたね!目玉ギョロリのシーンをすごくかっこよく描いていただけてとても嬉しいです。続きも楽しみ!』、原作イラスト:しずまよしのり氏は『登場キャラが増えて賑やかになってきました。ゼロの新しいコスチュームがややっこしいデザインで、いわさき先生に申し訳ないと思いつつ、ゼロと傭兵の旅はまだまだ続いていきます。コミカライズとノベルともどもよろしくお願いします!』などを書かれている。

「ゼロから始める魔法の書」2巻コミックス情報

「いいのだ、吾輩これが
気に入った」
「遅かったな、肉、うまいぞ
傭兵、食べるといい」
「傭兵、気づいているか?」
「ああ」
「ずいぶんな労力だ、
相変わらずだな十三番」
「おまえたちはゼロの名を
かたり、貶め、穢している」
「これは私の傭兵だと、
言ったはずだぞ十三番」

ゼロから始める魔法の書 (2) (電撃コミックスNEXT)
いわさきたかし
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2015-10-09


ゼロから始める魔法の書 (1) (電撃コミックスNEXT)
いわさきたかし
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2015-05-08



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51507980