2015年10月16日

初回瞬殺だった、ARIAの「月刊ウンディーネ コンプリート・セレモニーBOX」再入荷

月刊ウンディーネ コンプリートセレモニーBOX 2006年と2008年に出た、アニメ「ARIA」シリーズの『月刊ウンディーネ』6冊を復刻した、『月刊ウンディーネ コンプリート・セレモニーBOX』が15日に再入荷した(アニメイト&ゲーマーズ限定)。劇場アニメ「ARIA The AVVENIRE」の公開日の9月26日に出たのが、アキバでは瞬殺していたもの。
-

「月刊ウンディーネ コンプリート・セレモニーBOX」再入荷(メイト・ゲマ限定)
「あの伝説の書籍6冊をスリーブBOX収納で完全復刻!!」

パッケージ裏面 「読み応え満載」

2006年に出た月刊ウンディーネ
「1巻 姫屋特集号」、「2巻 ARIAカンパニー特集号」、「3巻 オレンジぷらねっと特集号」

2008年に出た月刊ウンディーネ
「4巻 アリス・キャロル特集号」、「5巻 藍華・S・グランチェスタ特集号」、
「6巻 水無灯里特集号」
アニメイト秋葉原
ゲーマーズ本店
再販ポスター
ゲーマーズ本店

2006年と2008年に刊行したアニメ「ARIA」シリーズの書籍『月刊ウンディーネ』計6冊を復刻した、『月刊ウンディーネ コンプリート・セレモニーBOX』が15日に再入荷した(アニメイト&ゲーマーズ限定。今回のBOXは冊子のみ)

『月刊ウンディーネ』は、、「ARIA」の世界に実在する水先案内人(ウンディーネ)専門誌風の本で、今回復刻した、『月刊ウンディーネ コンプリート・セレモニーBOX』には、 2006年に出た「1巻 姫屋特集号」、「2巻 ARIAカンパニー特集号」、「3巻 オレンジぷらねっと特集号」と、2008年に出た月刊ウンディーネ 「4巻 アリス・キャロル特集号」、「5巻 藍華・S・グランチェスタ特集号」、 「6巻 水無灯里特集号」の6冊セットで、天野こずえ氏描き下ろしのスリーブボックス付き。

キャラクターの特集&インタビュー、水先案内店紹介、制服図鑑、水先案内人への道、ゴンドラ協会報、架空の広告などを収録していて、オビ謳い文句は『あの伝説の書籍6冊をスリーブBOX収納で完全復刻!!』になっていて、コミックナタリーによると『当時話題となったスピンオフマンガ「プリマをねらえ!」や、インタビュー記事、水先案内店制服図鑑など、読み応えたっぷりな書籍。当時手に入れられなかったファンにはうれしい知らせだ』などのこと。

ちなみに、『月刊ウンディーネ コンプリート・セレモニーBOX』は、アキバではアニメイト秋葉原・ゲーマーズ本店で取り扱いがあり、劇場アニメ「ARIA The AVVENIRE」の公開日9月26日に出たものの、その日の夜までに完売していた。

アニメに登場した水先案内人(ウンディーネ)専門誌を遊び心タップリに再現、天野こずえ先生による特別描き下ろしイラスト寄稿に加えて全ページの企画&記事内容を完全監修したこだわりのA5冊子。発売当時話題となったスピンオフ漫画「プリマをねらえ!」を始め、インタビュー記事や水先案内店制服図鑑、グランマの部屋など、実に多種多様な誌面構成でファン必携の読み応え満点な書籍です。 月刊ウンディーネとは

『月刊ウンディーネ コンプリート・セレモニーBOX』の感想には、みーくんさん『イラストももちろん素晴らしいんだけど表紙の装丁とかも最高 あと中身も良い、ネオヴェネツィア行きてぇ…』、、フェミルナの部屋さん見た時の感動はやばかったです。本当に買えて嬉しかったです(涙)、』依澄さん『内容量盛りだくさんで キャラインタビューをとりあえず全部読んだけどもう凄い。これは凄い』などがある。

ちなみに、9月26日に公開になった完全新作の劇場アニメ「ARIA The AVVENIRE」の感想には、虹色サーチさん『もうね、灯里が出て、アイちゃんが出て、牧野さんの「ウンディーネ」が流れた時点で涙腺ぶっ壊れたよ。ARIAの風が吹き抜けた』、私的UrawaReds&SubCulさん『アテナの登場するシーンで…「ARIA The ORIGINATION」第9話でアリスが歌っていたシーンとシンクロした時に涙で映像が見えなくなるくらい感動しました…やっぱり構成が上手いです』、本屋さん戒厳令さん『あーARIAだ。この作品は間違いなくARIAだ。ここは間違いなくネオ・ヴェネツィアだ。三代目の3人娘のキャラクターも、違和感ゼロ。アイちゃん、成長したなぁ…』などがあった。

アニメイト通販「月刊ウンディーネ コンプリート・セレモニーBOX」 / ゲーマーズ通販

月刊ウンディーネ マンホーム版 2301年8月号
(1巻 姫屋特集号)

「先駆の誇り 姫屋。水先案内業界の黎明期に誕生し、
これまで数多の名水先案内人たちを排出してきた業界屈指の名門」

晃・E・フェラーリ 「真紅の薔薇の肖像」

晃さんインタビュー 「そもそも最初にこの業界に入ると言い出したのは私なんだ。
なのに、遅れて業界入りしたアイツの方が先に一人前に昇格してしまってさ」

姫屋 「水先案内業界の歴史を支える"起源店"としての誇りと自信」

水先案内人への道 「水先案内人になる方法は? どんなルールがあるの?
さまざまな疑問にお答えします」

イタリア・グルメナビ ピッツァ編


月刊ウンディーネ マンホーム版 2302年13月号
(2巻 ARIAカンパニー特集号)

「伝説の系譜 
ARIAカンパニー。新たに集った妖精たちは天恵の継承者たりえるのか」

アリシアさんインタビュー 「スタッフの灯里ちゃんや、アリア社長とお料理を作ったり、
おしゃべりをしたりして、のんびり過ごすことが多いかしら?」

ARIAカンパニー 「伝説の大妖精の意思を受け継ぐ海辺の小さな水先案内店」

第37回グランマの部屋 今月のテーマ:水の都の女性たち

ゴンドラ協会報 「"年間で最大の観光シーズン到来"
"旅行客の事故多し、プロの自覚を忘れずに"」


月刊ウンディーネ マンホーム版 2302年18月号
(3巻 オレンジぷらねっと特集号)

「舟上の革新 オレンジぷらねっと。この突如現れた風雲児は既存の枠を超えた
独自のサービスを打ち出し、水先案内業界に旋風を巻き起こす」

アテナさんインタビュー 「大好きな謳については養成学校の時代から
それなりの評価をもらってはいたけれど、それ以外はてんでダメで…」

オレンジぷらねっと 「業界の勢力図を塗り替えた史上最大の新興水先案内店」

"プチ"ゴンドラクルーズ・ガイド

ゴンドラ協会報 「"水先案内人のゴンドラで新たな門出を"
"冬が始まる前にゴンドラの衣替えを"」


月刊ウンディーネ マンホーム版 A.C.0076 14月号
(4巻 アリス・キャロル特集号)

「黄昏の姫君 水先案内業界の発足以来、百余年。
幾百幾千の妖精たちにも達し得なかった偉業が、ついに果たされた」

アリス・キャロル 「業界入り当初より衆目を集め続けてきた逸材が、
ペアからの飛び級昇格という業界史上初の偉業とともにプリマへのデビューを飾った」

〜新プリマと巡る想い出の地〜

新プリマ データ&意識調査

水の妖精、フェニーチェの舞台に立つ


月刊ウンディーネ マンホーム版 A.C.0076 15月号
(5巻 藍華・S・グランチェスタ特集号)

「薔薇の女王 偉大なる血族の勲を背負い、気高き薔薇の護りし玉座を継ぐ者」

藍華・S・グランチェスタ 「老舗、姫屋の跡取り娘として常に周囲からの注目を集めてきた彼女。さらなる大成が期待される彼女が見据える未来とは?」

藍華インタビュー 「両親から業界入りを強要されたことはないですね。
というより、最初はそのつもりもなかったみたいですし」

〜新プリマと巡る想い出の地〜

水の三大妖精座談会

月刊ウンディーネ マンホーム版 A.C.0076 16月号
(6巻 水無灯里特集号)

「遙かなる蒼 ネオ・アドリアの悠久の海に選ばれし者――。彼女と出逢い、
その天衣無縫な微笑みに触れた人々はみな、口を揃えてそう語る」

水無灯里 「その無垢な笑顔に宿るのは無限に広がる可能性。
伝説の継承を担う彼女の胸中に去来する想いとは?」

灯里インタビュー 「仕事を通じて見たもの、聞いたこと、触れたもの、
すべてを楽しみたいと思っているんです」

〜新プリマと巡る想い出の地〜

白き妖精、新境地への旅立ち


ARIA The ANIMATION Blu-ray BOX
葉月絵理乃
松竹
2015-12-24


ARIA The ORIGINATION Blu-ray BOX
葉月絵理乃
KADOKAWA メディアファクトリー
2016-06-24


ARIA The NATURAL Blu-ray BOX
葉月絵理乃
KADOKAWA メディアファクトリー
2016-03-23


【関連記事】
画像:初回瞬殺だった、ARIAの「月刊ウンディーネ コンプリートBOX」再入荷
2008年:空と海と風と癒しの物語 ARIA最終巻 「心からありがとう」
2008年:「ARIA最終回です!3度鳥肌がたちました」
2008年:「月刊ウンディーネ」 アリス・キャロル特集号 もう出てた
2008年:小説ARIA 四季の風の贈り物 「この作品を読んで心にAQUAを・・・」
2006年:キュアメイドカフェで、DVD「ARIA The ANIMATION 2巻」発売記念イベント

あまんちゅ!7巻 「紅葉、ハロウィン、秋祭り、みんなで揃えたマイ・ドライスーツ!」
あまんちゅ!6巻 「夏休みが終わって2学期スタート!」  限定版にはラバーコースター
あまんちゅ!4巻 「世界で一番"素敵"なダイバー達の夏の始まり!!!」
あまんちゅ!3巻 「やっぱり天野さんの描く海の美しさは絶品」
天野こずえ/あまんちゅ!2巻 「ガチで良作。是非お手元に」
天野こずえ/あまんちゅ!1巻 「読んだ貴方を癒しますよ〜」

「ARIA最終回です!3度鳥肌がたちました」

【関連リンク】
アニメイト通販「月刊ウンディーネ コンプリート・セレモニーBOX」
ゲーマーズ通販「月刊ウンディーネ コンプリート・セレモニーBOX」

劇場アニメ「ARIA The AVVENIRE」公式サイト / Twitter
TVアニメ「ARIA The ANIMATION」公式ページ(1期シリーズ)
ARIA 蒼のカーテンコール
ARIA (漫画) - Wikipedia
天野こず氏のTwitter
天野こずえ - Wikipedia
「ARIA」月刊ウンディーネが復刻!天野こずえ描き下ろし収納BOXも
天野こずえ「ARIA」約7年ぶりの新作マンガ、アニメ劇場パンフレットに
「ARIA The AVVENIRE」舞台挨拶 8年ぶりの集結に感涙のキャスト陣
『ARIA』 10周年記念プロジェクト「The AVVENIRE」特報公開
あまんちゅ!:「ARIA」作者のマンガが16年夏にテレビアニメ化

【感想リンク】
インタビュー記事や、アクア(火星)或いはネオ・ヴェネツィアの観光案内等
箱の中からこの6冊を見た時の感動はやばかったです
表紙の装丁とかも最高 あと中身も良い
キャラインタビューをとりあえず全部読んだけどもう凄い
ヴェネツィアのガチ名所がいっぱい出てきて、イタリア行きたくなった
プリマをねらえ!がぶっ飛び過ぎてて意味わかんないww
多分だけど昔のよりサイズちっさくなってますよね?

【劇場版感想リンク】
本編見る前にすでに涙目になってました
間違いなくARIAだ。ここは間違いなくネオ・ヴェネツィアだ
やっぱり構成が上手いです…


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51508430