2015年10月20日

女子高生殺し屋バトル デストロ246第6巻 「終わりなき復讐とカネの匂いで横浜ヤバい」

高橋慶太郎 デストロ246第6巻高橋慶太郎氏の女子高生殺し屋バトル漫画「デストロ246」6巻【AA】が19日に発売になった。裏表紙は『翠と藍の首に、遂に賞金がかけられた。任務を越えた思惑が、殺し屋たちの均衡を崩し始める』とかで、オビ謳い文句は『終わりなき復讐とカネの匂いで横浜ヤバい』になってた。
-

高橋慶太郎氏の女子高生殺し屋バトル漫画「デストロ246」6巻【AA】発売
「終わりなき復讐とカネの匂いで横浜ヤバい」

編集者コメント「凶悪女子たちの宴は、後戻りできない局面に突入」

「翠と藍が横浜に入りました」 「ふざけるな 帰ってもらえ!!」

「拷問は任せなよ」 「得意分野ですので」
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
メロンブックス秋葉原1号店
とらのあな秋葉原店A
特典:クリアファイル

高橋慶太郎氏がサンデーGXで連載されている、女子高生殺し屋バトル漫画「デストロ246」6巻【AA】が19日に発売になった。

『デストロ246』は、Wikipediaによると『現代日本を舞台に、女子高生の殺し屋同士の戦いを描くガンアクション漫画』で、今回発売になった「デストロ246」6巻【AA】のオビ謳い文句は『累計100万部突破!!終わりなき復讐とカネの匂いで横浜ヤバい』で、第35話〜42話の「猛禽二人」・「vector B」・「呪いの考察」・「ドッグファイト(Phase1〜4)」・「梟の止まり木(Phase1)」の8話を収録

とら秋葉原店AのPOP『横浜が次第にドロ沼と化す!!』が付いていて、コミックス情報での編集者のコメントは『伊万里と紅雪、超絶スキルのバトルで幕を開ける第6集。手綱を失った翠・藍は暴走し、「ある決意」をした伊万里にも、気になる異状が発生。凶悪女子たちの宴は、後戻りできない局面に突入してしまいました。マチェット両手に乱舞する蓮華も必見です!』になってる。

主人を失っても復讐を続ける翠と藍の首に、遂に賞金がかけられた。二人への刺客を排除する沙紀を紅雪が襲い、更に伊万里がそれを妨害。任務を越えた思惑が、殺し屋たちの均衡を崩し始める。一方、手柄を求める蓮華は翠・藍に遺された金に目を付けるが、同じ狙いを持った何者かが横浜に現れた! 裏表紙オビ

コミックス「デストロ246」6巻【AA】の感想には、みっちゃんさん『安定の狂気とエロスで面白いデストロ246。美少女のガチメンチ、見せ付ける胸の谷間、弛緩する一服シーン、ただただ死ぬ野郎共w』、+ENOKORO+さん『翠と藍に残された主人の金を狙い何者かに襲われるって話だったのに、ほとんど顔も出ずセリフも無く処理されていっていつもに増して不憫だ。ほんと「何者か」で終わった人が数名おられるよ!』、true「」さん『一番読めないヒロインだった伊万里の心情と変化が描写される巻。伊万里と葉子の関係がいいですわー。37話では翠と藍のレア表情も見れます』などがある。

また、高橋慶太郎氏カバー折り返しコメントで『大きな駐車場を見るとついつい銃撃戦の舞台にピッタリだな!って思ってしまいます』と書かれ、新刊告知は『蓮華が表紙ですね。ロゴや帯もマジ銀でシブいですのよ。オマケ漫画「ビストロ246」も6ページも描いちゃいました。水着見開きとか、あります』などを書かれている。

「デストロ246」6巻コミックス情報 / 作品情報

「実に893らしい屍虫のごときあさましい輩です…」
「半年そこら五角を
狩れてねぇだろお前ら」
「我々は必ず沙紀を仕留め
五角を殲滅する」
「500億ほっとけるほど
無欲じゃねぇ!!」
「“会社を守れ”とは
申しつけられておりません」
「私があなたに試練を
与えてあげる、洲央」


【関連記事】
女子高生殺し屋バトル デストロ246第5巻 「もっと最悪の事態へと突き進んでいく」
女子高生殺し屋たち デストロ246(4) 「巻を増すごとにヤバさが増してくわ〜」 
高橋慶太郎 デストロ246(3)限定版 「テンション上がるわ〜イラストブックもスゲ〜」
高橋慶太郎/デストロ246 2巻 「女子高生の殺し屋×殺し屋×殺し屋!!」 
女子高生型の殺し屋3組 デストロ246(1) 「ホントに物騒な女子しか出てこねーw」 
ヨルムンガンドBD1巻発売 「目標:世界平和」

【関連リンク】
小学館
サンデーGENE-X / Twitter
「デストロ246」6巻コミックス情報 / 作品情報
高橋慶太郎氏のブログ「1CL-M」 / Twitter
高橋慶太郎 - Wikipedia
デストロ246 - Wikipedia
「デストロ246」伊万里&紅雪のクリアファイルがGXに、単行本6巻も本日発売
【漫画】【デストロ246】累計100万部突発!6巻が発売!(秋葉原)

【感想リンク】
翠と藍にかけられた賞金、危うくも奇妙なバランスを保つ殺し屋たち
紅雪と沙紀の間に銃撃戦が勃発。それに伊万里が割って入る!
主人である遠野を失っても彼の復讐を続ける藍と翠
九二枝氏 :戦う女の子はいいね!読んだ勢いでらくがき。らぶりぃ伊万里
今回ドンパチが少なかった気がする(気のせい)。五角を巡る共闘のような様相
美少女のガチメンチ、見せ付ける胸の谷間、弛緩する一服シーン、ただただ死ぬ野郎共w
万両組長は判断の割り切りスピードが速いというかテキパキしててカッコイイな
ストーリーの落としどころが見えなくなってきていると感じてしまった
デストロ246 6巻 - 読書メーター


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51508746