2015年10月25日

君死ニタマフ事ナカレ1巻 「のっけからバタバタ人がエグい死に方していく」

君死ニタマフ事ナカレコミックス「君死ニタマフ事ナカレ」1巻【AA】が24日に発売になった。とらAのPOPが『原作は超電波シナリオで全ゲーマーを恐怖と驚愕させた「ドラッグ・オン・ドラグーン」シリーズのヨコオタロウ氏』、『絶望だけのダークファンタジー』で、腕さんの感想は『のっけからバタバタ人がエグい死に方していく』などなど。
-

原作:ヨコオタロウ氏、作画:森山大輔氏のコミックス「君死ニタマフ事ナカレ」1巻【AA】
「最強タッグ登場!!少年少女ダーク戦場ロマン、開戦」

「鉄砲を持たない兵士 特殊能力者」

「とまどっちゃダメだ マシロ」 ビュッビュッ

「私は!もう!誰も!死んで欲しくない! 全員で日本に帰るの分かった!?
わかったら永遠に忘れるな!!」
ゲーマーズ本店
特典:ブックカバー
メロンブックス秋葉原1号店
特典:クリアファイル
とらのあな秋葉原店A
特典:16P設定資料集

原作:ヨコオタロウ氏&作画:森山大輔氏&制服デザイン原案:倉花千夏氏が、ビッグガンガンで連載されているコミックス「君死ニタマフ事ナカレ」1巻【AA】が、24日に発売になった。

『君死ニタマフ事ナカレ』は、コミックナタリーによると『特殊能力で戦う少年少女の生と死を描くダークアクション』で、今回発売になった1巻のオビ謳い文句は『最強タッグ登場!!少年少女ダーク戦場ロマン、開戦』、オビ裏面は『狂乱に濡れる戦場で、少年は、少女を――』になってた。

とらのあな秋葉原店Aではポスター劇中のコマを展開し、『原作は超電波シナリオで全ゲーマーを恐怖と驚愕させた「ドラッグ・オン・ドラグーン」シリーズ ディレクターのヨコオタロウ氏』、『貴方も、絶望だけのダークファンタジー味わいませんか?』POPが付いていた

超能力が科学によって解明された日本。その力を軍事利用すべく「特殊能力高等学校」が設立され、戦う意味も知らぬまま戦場へと駆り出される生徒達。飛び交う銃弾、希望の見えない敗走、友人達の死。生と死が邂逅する戦場で、少女の手を取った一人の少年。その先にあるのは希望か、それとも──―。少年少女ダーク戦場ロマン、開戦。 裏表紙

なお、「君死ニタマフ事ナカレ」1巻【AA】の感想には、感想温泉はてな亭さん『紛争地域に放り込まれた少年少女超能力者部隊、のお話なこともありまして、人が死にまくります。頭を狙撃、ですとか、刀でばっさり、などという表現がそこらにあり、しかも、キッチリ描かれている』、夜ノ雨鳥さん『超能力をもった学生たちが戦場で戦うといったものですが、想像以上にぶっとんでます』、腕(カイナ)さん『のっけからバタバタ人がエグい死に方していくので、何も知らずにジャケ買いする方は要注意作品』などがある。

「君死ニタマフ事ナカレ」1巻コミックス情報 / 原作:ヨコオタロウ氏のブログ

「さよなら、■■■■■■ ■■■■■■」 ドチャ

地雷を踏んで胴体真っ二つでモツ 「俺は…」

「いやああああ いやっ ァァアアアアッ いやだいやだッ」

「せめてみんなの、
盾に!!」
「おかしいでしょ、
どうして笑えるの?」
「あなた…一体なんなの?
クロイ君!」
「僕は興味があるんだ、
人間に」
「無理、私、もう、無理」
「あーあ、死んじゃった」



【関連記事】
森山大輔/妄想奇行 「妄想具現化で自身が書いたラノベの魔法少女に変身」
[画像]:森山大輔「妄想奇行」
電撃大王GENESIS創刊号 「大王汁100%な雑誌できました」
[画像]季刊GELATIN(ゼラチン)創刊号 森山大輔 「調律師」

【関連リンク】
スクエアエニックス
ビッグガンガン / Twitter
「君死ニタマフ事ナカレ」1巻コミックス情報 / 作品情報(試し読みあり)
森山大輔先生 サイン会開催!(大阪)
原作:ヨコオタロウ氏のブログ / Twitter
横尾太郎 - Wikipedia
森山大輔 - Wikipedia
制服デザイン原案:倉花千夏氏のホームページ「Chroma.cc*」 / スタッフさんTwitter
倉花千夏 - Wikipedia

「君死二タマフ事ナカレ」発売記念、ヨコオタロウ&森山大輔が新宿でサイン会
森山大輔、大阪でサイン会!「君死二タマフ事ナカレ」2巻&短編集刊行で
「銀河ロケットにお葉書ください」「君死二タマフ事ナカレ」太田垣康男×ヨコオタロウ対談

【感想リンク】
超能力を「持たされた」少年少女たちが、覚悟も持たないままに突然戦場へ
サクッと主戦級の人物が退場したりもしそうで、油断? のならない展開
キャラ達がカワイイのに、必要異常にグロいw
グロ平気な人ほんと読んで欲しい
のっけからバタバタ人がエグい死に方していく
とりあえず、グロい描写が多すぎて、けっこうくるものがあります
人の死を嘲笑う、男子生徒の存在が不気味
「君死ニタマフ事ナカレ」1巻 - 読書メーター


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51509083