2015年11月07日

鈴木小波 / ホクサイと飯さえあれば2巻 「今回もブンさんは食欲旺盛で自炊欲旺」

鈴木小波 / ホクサイと飯さえあれば2巻 「今回もブンさんは食欲旺盛で自炊欲旺」鈴木小波氏のコミックス「ホクサイと飯さえあれば」2巻【AA】が6日に発売になった。2巻オビは『心も満腹!家庭料理のようにほっこり優しいマンガ』、裏表紙は『ごはんも、夢も、思い出も。ぜ〜〜んぶ作っちゃお!』で、オタわむれさんの感想では『今回もブンさんは食欲旺盛で自炊欲旺盛』などを書かれている。
-

鈴木小波氏のコミックス「ホクサイと飯さえあれば」2巻【AA】発売
「心も満腹!家庭料理のようにほっこり優しいマンガ」

「ナス 肉 炭水化物!! 夏の三種の神器ですよ!!!」

「山田流 洗いながら料理!!!」

「朝ごはんが美味しいと一日中楽しくなるでしょ」
K-BOOKS秋葉原新館
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード

鈴木小波氏がヤングマガジンサードで連載されているコミックス「ホクサイと飯さえあれば」2巻【AA】が6日に発売になった。

『ホクサイと飯さえあれば』は、東京・北千住を舞台にし、作品情報によると『かつて掲載誌の休刊に伴い惜しまれつつ終了した「ホクサイと飯」の8年前のお話。大学進学のため上京した山田ブンが、愛するぬいぐるみ(?)ホクサイと共に、東京・北千住の町でアイディア満載のビンボーレシピで美味しいご馳走作ります!』で、女子大生・山田文子(ブン)がいろいろ料理を作ってたり、食べてるお話。

今回発売になった「ホクサイと飯さえあれば」2巻【AA】のオビ謳い文句は『心も満腹!家庭料理のようにほっこり優しいマンガ』、裏表紙は『ごはんも、夢も、思い出も。ぜ〜〜んぶ作っちゃお!東京の下町、北千住での出会いが ブンをオトナに変えていく』で、第7話〜12話+番外編2つを収録し、アキバではイラストPOPや、とら秋葉原店AのPOPが『夏でも衰えないお腹と食欲!』とかだった。

ページをめくるごとにお腹が鳴っちゃう!待望の第2巻は「梅酒・梅干し・梅酢」、「世界一のクッキー」、「ガパオライス」、「ナスば成る夏野菜ラーメン」、「ちゃんとめんつゆ」、「屋台のタコ焼き」、「ホワイトソース野菜シチュー」、「舟盛りホクサイ丸・全部漬け丼」のレシピと、くすっと面白くって、ほっこりあったかい物語を収録。ヤングマガジン本誌に出張掲載した特別読み切り2本もお楽しみに! コミックス情報

「ホクサイと飯さえあれば」2巻【AA】の感想には、オタわむれさん『今回もブンさんは食欲旺盛で自炊欲旺盛です。特に特別編での皿を洗いながら使うという手抜きなんだか無駄なんだかのとこは最高に輝いておられました』、徒然なる一日さん『紹介されているメニューも・・・凄く美味しそうで、読めば読むほど腹が減る危険ww』、紡さん『それ!それだよ!みたいな。好きなものがなければ自分で作ればいいじゃんか!って話ですよ!本当に』などがあり、著者の鈴木小波氏Twitterで『今回も腹ペコ顏芸女子をお楽しみ下さい』などをつぶやかれている。

「ホクサイと飯さえあれば」2巻コミックス情報(試し読みあり) / 作品情報

「梅酒・梅干し・梅酢」
「ガパオライス」
「中華三昧は愛されて30年以上 THE中華ですよ」
「大事件ですよ」
「屋台のたこ焼き」
「なんという食い意地」





【関連記事】
ホクサイと飯さえあれば1巻 「笑えて、沁みて、温まる。ほっこり自炊マンガ」
鈴木小波のセルフ同人誌「ホクサイと飯 おかわり」 雑誌休刊の単行本未収録話など
鈴木小波/ホクサイと飯 「食べる事に超ポジティブな漫画家料理漫画!」

妄想を具現化できるマッチ 燐寸少女2巻 「ザワめく、ザワつく、珠玉の妄想」
妄想を具現化するマッチ 燐寸少女 「イケない妄想に火を灯しましょう」
鈴木小波の短編集 出落ちガール「1冊まるごと出落ちだらけ!」
痛みを感じない少女と不死人のオカルトファンタジー 「ヤオツクモ」1巻
「セカイのミカタ」1巻 異世界人とのトラブルに対処する異界管理局

【関連リンク】
講談社
ヤングマガジン サード / Twitter
「ホクサイと飯さえあれば」2巻コミックス情報(試し読みあり) / 作品情報
ホクサイと飯さえあれば - ニコニコ静画 (マンガ)
鈴木小波氏のホームページ「パコキリン」 / Tumblr / Twitter / pixiv
今回も腹ペコ顏芸女子をお楽しみ下さい
鈴木小波 - Wikipedia

「ホクサイと飯さえあれば」ドラマ化決定!監督は「孤独のグルメ」の宝来忠昭
「ホクサイと飯さえあれば」がTVドラマ化!北千住が舞台の自炊マンガ
鈴木小波「ホクサイがね。テレビドラマになります!!! 」(2016/11)
【感想リンク】
今回もブンさんは食欲旺盛で自炊欲旺盛です
凄く美味しそうで、読めば読むほど腹が減る危険ww
今回もすごい絵をぶち込んできてる。見開きの花火なにあれ…
最近の食べ物漫画では一番気に入ってる気がするな
好きなものがなければ自分で作ればいいじゃんか!って話ですよ!本当に
前の作品へと繋がりそうな、そんな予感を感じるが、基本的に飯ですよ
ホクサイと飯さえあれば 2巻 - 読書メーター / ブクログ


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51510092