2015年11月11日

ともだちをつくろう。1巻 「変態男子×ぼっち女子で、ともだちをつくろう!」

ショウマケイト ともだちをつくろう ショウマケイト氏のコミックス「ともだちをつくろう。」1巻【AA】が10日に発売になった。作品情報は『ぼっちの女子高生・美鈴が、変態男子・正太郎の協力(妨害)のもと、ともだちづくりに挑む!』で、オビ謳い文句は『変態男子×ぼっち女子でともだちをつくろう。青春攻略凸凹スクールコメディ開幕!』。
-

ショウマケイト氏のコミックス「ともだちをつくろう。」1巻【AA】発売
「変態男子×ぼっち女子で ともだちをつくろう!」

「わたし 音無美鈴 15歳!今日からついに高校生!
新しい友だちと学んで…遊んで…夢にまで見た憧れのJKライフがすぐそこに…」

「この俺 杉崎正太郎も今日からこのクラスの一員だからだ。これからよろしくな」

「男ってのは 性的な趣味を暴露しあうと友情が深まるんだ」
ゲーマーズ本店
特典:4コマペーパー
メロンブックス秋葉原1号店
特典:イラストカード
アニメイト秋葉原

ショウマケイト氏が最前線のツイッター連載4コマ・ツイ4で連載されているコミックス「ともだちをつくろう。」1巻【AA】が10日に発売になった。

『ともだちをつくろう。』は、作品情報が『ぼっちの女子高生・美鈴が、変態男子・正太郎の協力(妨害)のもと、ともだちづくりに挑む!!』で、高校入学直後に友達を作ることに失敗したぼっち女子高生と、その唯一の友達になった変態男子のお話で、オビ謳い文句は『変態男子×ぼっち女子でともだちをつくろう。青春攻略凸凹スクールコメディ開幕!!』。

高校生になったら、新しいともだちと新しい学園生活が待っている!……はずだった!?入学直後から変態男子生徒の杉崎正太郎と縁を持ったことにより、音無美鈴が夢に描いていたあこがれのJKライフは全崩壊。気づいたときには正真正銘の"ぼっち"になっていた……。責任を(少し)感じた正太郎の協力のもと、美鈴は"ともだちづくり"に全力で挑む!青春攻略凸凹(でこぼこ)スクールコメディ、開幕!!裏表紙

コミックス「ともだちをつくろう。」1巻【AA】の感想には、さんびぃさん『ちょくちょく加筆入ってるのかな?おまけがかなり良い雰囲気でしたよー』があり、あとがきで作者のショウマケイト氏は『萌え4コマに憧れ4コマを描き始めた私ですが、デビュー作がこのような内容になるとは想像すらしておりませんでした。なんで…?しかしパワーのある彼(杉崎正太郎)を主人公に置いたことで作品に自由でなんでもアリな空気が生まれたので正太郎には感謝感謝であります』などを書かれている。

「ともだちをつくろう。」1巻コミックス情報 / 連載ページ

「友達を作って…孤立だけは何としても避けなければ!」
「何もかもおしまいだわ…友達がアンタ一人だけじゃ…」
「“友達” “作り方」”、“話のきっかけ” “ネタ”…」
「お前まさかいきなりエロトークをおっぱじめる気じゃないだろうな…?」
「半分わけてくれない?朝ごはん食べ損ねちゃって…」
「コートを広げたらアウト!
そうだよ…広げなければ合法なんだよ!」


【関連記事】
トモちゃんは女の子! 「ボーイッシュ少女と鈍感男子。殴り殴られラブコメ4コマ!」
敏感!ビビットさん 「美少女は地球を救う超兵器!?でも露出は高いしショタ趣味」
女の友情と筋肉2巻 「頑張るあなたを応援するキュートでファイトな4コマまんが」
海兵隊マンガ まりんこゆみ4巻 「世界最強の海兵隊は平時のお仕事も超ハード!」
コミック版JKアイドル右翼 大日本サムライガール1巻 「日本を変える…日毬が変える!」
すくみズ! 「プールはないけどスク水満載っ!」「紺色スクールライフ!」
コミック版 空の境界 the Garden of sinners3巻 「痛覚残留編クライマックス!」
コミックス版 月の珊瑚1巻 「かぐや姫をモチーフに紡がれるとても綺麗なおとぎ話」

ぼっちJCの友達作りマンガ ひとりぼっちの◯◯生活1巻 「あ〜、いやされるわ〜」
クール教信者/おじょじょじょ2巻 「初々しくもあり絶妙な距離感が素晴らしい!」
今村朝希/ぼっち日和1巻 「ぼっち女子高生の、ともだちづくりコメディ」

【関連リンク】
講談社
星海社 / Twitter
最前線 / 編集部ブログ / Twitter
ツイ4 / Twitter
「ともだちをつくろう。」1巻コミックス情報 / 連載ページ
変態男子×ぼっち女子で ともだちをつくろう!(特典情報)
ショウマケイト氏のTwitter / pixiv
単行本が描き下ろしを加えて11月11日に発売でございます…!(pixiv)
初連載のお知らせ(pixiv)

【感想リンク】
ちょくちょく加筆入ってるのかな? おまけがかなり良い雰囲気でしたよー
かなり好きです。なんというか、日常系のギャグ漫画だなって感じがする(Web版感想)


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit