2015年11月22日

アサウラの新作ラノベ 英雄都市のバカども 「Welcome!バカだけしかいない街へ!」

アサウラ  英雄都市のバカどもファンタジア文庫新刊、アサウラ氏のライトノベル「英雄都市のバカども」【AA】が20日に出てる。しぇんさんの感想が『英雄の子孫の馬鹿達が繰り広げる痛快劇。バカだけど身内や女子供は助ける、筋は通すなど気持ちよいバカ達』があり、オビ謳い文句は『Welcome!“バカだけしかいない街”へ!』だった。
-

アサウラ氏の新作「英雄都市のバカども 〜王女と封鎖された英雄都市〜」【AA】
「Welcome! “バカだけしかいない街”へ!」

「ひょっとして、この街は初めてかな?……だと思った。君の顔に書いてある。
よかったら私が軽く案内でもしよう。ようこそ、リキュールへ」

辺境都市リキュールに暮らす人々
巨乳の花屋、シスコンの自警団長、酒場の看板娘や、豪腕のパン屋など

主人公の何でも屋・モルト 「家賃滞納しまくってる分際で寝腐ってるなぁ!!」
メロンブックス秋葉原1号店
とらのあな秋葉原店A
特典:8Pリーフレット
ゲーマーズ本店
特典:イラストカード

ファンタジア文庫の11月新刊、アサウラ氏のライトノベル「英雄都市のバカども 〜王女と封鎖された英雄都市〜」【AA】(イラスト:だぶ竜氏)が20日に出ている。

新刊折込によると『精鋭帝国軍から悲劇の王女を守るため、一般市民(バカ)が立つ!ファンタジアBeyondにて連載中の「英雄都市のバカども〜アルコ・ホール三番街の何でも屋〜」と同じ舞台で、同じキャラクターたちが登場する、待望の書き下ろし長編!』で、販促POPは『帝国精鋭800名VS英雄の血を引くバカ!?』で、オビ謳い文句は『「ベン・トー」のアサウラが贈る街ぐるみ沸血のファンタジー開幕!Welcome! “バカだけしかいない街”へ!』だった。

英雄の末裔が住む辺境都市リキュール。そこに国を追われし王女が逃げ込んできた。彼女を追い、圧倒的な数で街を包囲する帝国軍。王女を匿う何でも屋モルト&市民たちは、規格外のパワーと非常識さで帝国精鋭に挑む!書籍情報

ライトノベル「英雄都市のバカども」【AA】の感想には、しぇんさん『英雄の子孫の馬鹿達が繰り広げる痛快劇。バカだけど身内や女子供は助ける、筋は通すなど気持ちよいバカ達でした。それでもバカで変態だけど。アサウラ先生の作品らしく食べ物を美味しそうに食べる描写も優秀でした』、川原太一さん『超面白かったわ!!』、nawadeさん『内容はオーソドックスなファンタジーなんだけど街の風景がアサウラ、というか住民が英雄達の子孫でお馬鹿で騒々しいな奴等ばかりでどうしようもない(褒め言葉)』、Yobataさん『ノリが良すぎでバカ騒ぎが日常茶飯事という本当に馬鹿な漢ばかりw 頭の悪いエロネタに全裸プレイとアサウラワールドが炸裂してたねw』などがある。

なおm著者:アサウラ氏あとがきで『本作は「ファンタジアBeyond」というWEBサイトにて連載させていただいております「アルコ・ホール三番街の何でも屋」(現在タイトルは変更されております)という作品の書き下ろし長編となっております』、『のんびり書けるぞ!と余裕ぶっこいていたんですが、気が付くと「やっぱり毎月更新します」と言われ、果てには「ではそろそろ本に。えぇ、書き下ろしので」と極めて滑らかかつ怒涛の展開を経た結果、本作は生まれました』などを書かれている。

「英雄都市のバカども 〜王女と封鎖された英雄都市〜」書籍情報 / 特設ページ

「驚愕する痩せ男の腹には
女の蹴りが入った」
「これでいい。
お嬢さんもう大丈夫ですよ」
「セクハラにだけ注意すればね、さぁ、頑張って!」
「なぁ、リッツ。……部屋、掃除してくれたんだよな」
「いいワ!男を落とす気持ちも入ってた!最高ヨ!」
「行け!モルト!
矢は私が受け持つ!」



【関連記事】
恋愛生活保護ラノベ 生ポアニキ 「ハイテンション・マッスル・ラブコメここに交付!!」
デスニードラウンド最終3巻 「夢と希望の国、DNRへようこそ!」 敵は狂気のネズミ
デスニードラウンド2巻 「今度の敵は警察だ!」 ピーポくんじゃなくてP君
オーバーラップ文庫創刊 デスニードラウンド1巻「血と硝煙とゲロにまみれたアサウラ」
ベン・トー(8) 超大盛りスタミナ弁当クリスマス特別版 「毎回、本当にネタ盛りだくさん」 
ベン・トーzero 「原作と同じ絵師さんなので期待してたけど、思った以上に良い漫画化」 
ベン・トー 7.5 箸休め 「露天風呂と水着とロリロリな温泉旅行編!?」 
半額弁当争奪戦 ベン・トー(7) 「TVアニメ化決定!」 
半額弁当争奪バトル ベン・トー6巻 「旨い!売れそうで売れてない少し売れてきた本」

【関連リンク】
KADOKAWA 富士見書房
富士見ファンタジア文庫 / Twitter
「英雄都市のバカども 〜王女と封鎖された英雄都市〜」書籍情報 / 特設ページ
富士見書房の無料Web小説サイト:ファンタジアBeyond
「英雄都市のバカども 〜アルコ・ホール三番街の何でも屋〜」
アサウラ氏のブログ「アサウラの生存観察室」 / Twitter
アサウラ - Wikipedia
イラスト:だぶ竜氏のpixiv / Twitter

【感想リンク】
バカ騒ぎ大好きな街に逃げ込んできた王女を、おバカな住人たちがおバカに救う
めっちゃ面白かった!どこか初期のドラゴンマガジンの香り
凄いなあ、このバカが敷き詰められたかのようなバカの密集感
バカだバカしかいない・・・・・「こいつら本当にバカだったわ!!」
アサウラの手がけた作品。 街の住人のおバカの度合いがちょっとおかしい
馬鹿っぽいコメディなノリを捨てずに最後まで走りきるのはとても良いなぁ
開幕三行で笑わせてくれるラノベ アサウラ先生は天才です
超面白かったわ!! なんと言っても漢たちのかっこよさが半端じゃない
「英雄都市のバカども」読了。二巻目も楽しみ。・・・出るよね?
次巻は出てほしい、是非出てほしい!!
自由奔放で馬鹿な住人達も面白かったです!
男性キャラはどいつもこいつも鬱陶しいけど憎めないし、女性キャラは可愛くて
初アサウラ作品だったが、この作者ベントーの人だったんだね
アサウラ先生の作品らしく食べ物を美味しそうに食べる描写も優秀でした
総じて言えばバカが本気で暴走するととんでもない事にしかならない
ノリが良すぎでバカ騒ぎが日常茶飯事という本当に馬鹿な漢ばかりw
英雄都市のバカども 〜王女と封鎖された英雄都市〜 - 読書メーター


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51511202