2015年12月01日

姉萌え変態マンガ 「姉と修羅」 姉の残り湯を堪能し、姉のパンストを履き、姉で妄想

小野寺浩二の姉萌えマンガ「姉と修羅」 小野寺浩二氏の姉萌え変態コミックス「姉と修羅」【AA】が11月30日に発売になった。オビ謳い文句は『姉の残り湯は飲み物ですか?』で、重度の姉萌えを患う主人公が、義姉の残り湯を堪能したり、義姉のパンストを着用したり、義姉で色々な妄想をしたりするお話。
-

小野寺浩二氏の姉萌えコミックス「姉と修羅」【AA】
「姉の残り湯は飲み物ですか?」

「(父親の再婚により、こんな俺のもとにおねぇちゃんが来ちゃぶぁ〜〜!!)」

姉の残り湯を堪能
「姉成分を含んだお湯の湯気が立ち昇り俺の体をすりぬけてゆくぅ〜♥」

姉ストッキングを穿く
「今こそ姉と!ストッキングと1つになるのだ!!」
メロンブックス秋葉原1号店
特典:メッセージカード
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A

小野寺浩二氏がヤングコミックで連載されていた姉萌え変態コミックス「姉と修羅」【AA】が、11月30日に発売になった。

姉萌えコミックス「姉と修羅」【AA】は、「第1話 夢と現実」から「最終話 春と烏賊」までと、特別収録「サキュバス・ナイト」の計13話を収録し、『重度の姉好きの男に、父の再婚により突如美しい姉ができた。彼のゆがんだ運命の歯車は今ギシギシと回り始める』という重度の姉萌えなお話で、義姉の残り湯を堪能したり、義姉パンストを着用したり、義姉で色々な妄想をしたりしている。

コミックス情報は『夢にまでみた理想の姉と暮らすことになった男子の逮捕寸前妄想日記!』とかでで、オビ謳い文句は『姉の残り湯は飲み物ですか?』、『重度の「姉萌え」に罹患した灰児に、親の再婚で義姉ができた。姉の洗濯物に姉のブーツ…数多の誘惑と戦う灰児の修羅の道が始まった――』になってた。

日夜、姉萌えに胸と股間を熱くし、休日には意味もなく姉ヶ崎(千葉)に通う予備校生・山路灰児に、親の再婚により美しい「義姉」が出来てしまい?自分の薄汚い欲望から、可憐な義姉を守りきれるのか?灰児の戦いが始まった―― 裏表紙

コミックス「姉と修羅」【AA】の感想には、やしたさゆきさん『すべての姉萌え患者が「姉萌え、かくあるべし」と末期症状へ至るための劇薬。あるいは「こうはなるまい」と冷静になれる処方箋。過激な描写と(常識的、客観的な視点の)現実的な見解を織り交ぜた正に小野寺作品な一品』、チェストさん『全話とも、テンションがいきなり限界を振り切ってて、極まったキャラ達に爆笑』、闇野神殿さん『このむせかえるような濃厚さと業の深さに正気を保つのが困難になっておりまするなり』などがある。

なお、著者の小野寺浩二氏は、あとがきで『中学生の時でした。ある日、友人のFがつい口をすべらせたのです。「ねーちゃんといっしょのふとんに入って深夜ラジオを聞いている」。姉のいない私にとって、その言葉は凶器でした。〜気がつくと私は漫画家になっており、「姉と修羅」という作品を描いていました』などを書かれている。

「姉と修羅」コミックス情報 / 小野寺浩二氏のホームページ

「現実世界に足コキイベントは発生しない!!」

「お姉さんがミルクをこぼした姿だ!!しかもこの公衆の面前で!!」

「姉の尻が俺の尻に。これはもう…昆虫でいったら交尾じゃないか!!」

「(てへっっつって
ベロだしてるしー!!)」
「(ド変態の俺はもうキレイ
な水の中には住めない)」
「姉のパンツだ!!」
「それでよし!!」
「(姉のお口に
熱い白濁の液体が…)」
「(俺の知らぬ間に
こんなエロスな展開が…)」
「(ああ…ああああ〜♥)」



【関連記事】
漫画家2人の心霊スポット探訪 ソレミテ2巻 「え、存外怖い漫画になってますがっ!」
ソレミテ それでも霊が見てみたい1巻 「霊よりも笑いの神に取り憑かれているのでは?」
カバディ7 「たぶん史上初!インドの謎スポーツ カバディで熱血漫画!」

たかみち 百万畳ラビリンス上・下巻 「夢か現実か。謎空間に挑むバグ好き不思議娘!」
三十路おとめとモテはたち1巻  「童貞キラーの妹と30代で処女の姉。お相手はどっち!?」
夢で逢いましょう3巻 「甘く妖艶な夢物語、愛溢れた感動の完結♥」
酒癖の悪いぼっちOL 酩酊すみれさん1巻 「のんべぇ残念女子飲酒乱コメディ♥」
ふたりとひとりの恋愛攻略1巻 「愛か金か性か。欲望まみれの家庭内擬似ハーレム!」
十畳二間彼女1巻 「2K、家賃3.5万円、バス・トイレ・彼女付き。楽しい不本意同棲?」

【関連リンク】
少年画報社
ヤングコミック / Twitter
「姉と修羅」コミックス情報
小野寺浩二氏のホームページ「妄想電波るるる堂」 / Twitter
カバー下には特別付録「姉萌えすごろく」をご用意いたしました
小野寺浩二 - Wikipedia

【感想リンク】
姉萌えに狂っている。これが頭おかしくならない訳がありません
テンションがいきなり限界を振り切ってて、極まったキャラ達に爆笑
むせかえるような濃厚さと業の深さに正気を保つのが困難
好きなこのノリが久々に見られてよかった。熱すぎる修羅
すべての姉萌え患者が「姉萌え、かくあるべし」と末期症状へ至るための劇薬
メガネなお姉さんの出番が少ないまま終わってしまったという不具合が
いつも通り業の深い奴らの物語。ちょっとパワー不足かな
小野浩でメガネでは無いとは・・・


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51511846