2015年12月03日

グラブル公式百科事典 「グランブルーファンタジー・クロニクル」創刊

グラブル公式百科事典 グランブルーファンタジー・クロニクル 「グランブルーファンタジー・クロニクル vol.00」【AA】がアキバでは2日に発売になり、メロン秋葉原1号店とら秋葉原店Aで見かけた。シリーズガイドによると全12号を刊行予定みたいで、表紙アオリ文句は『「グランブルーファンタジー」のすべてを網羅した大百科事典がついに創刊!!』だった。
-

「グランブルーファンタジー・クロニクル vol.00」【AA】
「"グランブルーファンタジー"のすべてを網羅した大百科事典がついに創刊!!」

「果てだ。ここは空の果てだ。遂にたどり着いた」

シリーズガイド「"グランブルーファンタジー・クロニクル"は、
"グランブルーファンタジー"にまつわる全てを網羅した大百科事典です」

ストーリーキャラクター 主人公
メロンブックス秋葉原1号店
特典:特製クリアしおり
とらのあな秋葉原店A
特典:特製クリアしおり
とらのあな秋葉原店A
別の場所にもあった

「グランブルーファンタジー・クロニクル vol.00」【AA】がアキバでは2日に発売になり、メロンブックス秋葉原1号店、とらのあな秋葉原店Aで見かけた(公式発売日は4日)。

『グランブルーファンタジー・クロニクル』は、シリーズガイドによると全12号が刊行予定の「グランブルーファンタジー」公式百科事典みたいで、掲載内容は、ストーリーキャラクター&バトルキャラクター『美麗なイラストと共に、データはもちろん人物像を掘り下げて知ることができるフェイトエピソードの一部も紹介』、メインシナリオ&イベント『不思議な少女・ルリアとの出会いから、世界の行く末を占う大いなる戦いに至るまでの壮大なストーリーを、1号につき4章ずつ収録』、ワールド『主人公達が訪れる島をメインシナリオになぞらえながら、1号につき1島ずつ紹介』とのこと。

今回発売になった「グランブルーファンタジー・クロニクル vol.00」【AA】の収録内容は、主人公・ルリア・カタリナなどのストーリー・キャラクター紹介や、「ザンクティンゼル」の紹介、メインシナリオ紹介のほか、プロデューサー・春田康一氏インタビューや、4コマ漫画「ぐらぶるっ!」の描き下ろし新作などを収録し、特典ではキャラクターのアビリティや奥義などを掲載した小冊子「アビリティブック」や、毎号付く特典で「エリクシール(2個)」・「ソウルパウダー(2個)」・「クロニクルレジェンドガチャチケット(1枚)」などがもらえる特典シリアルコードが付き、全12号購入特典でオリジナルスキンがもらえるみたい。

表紙アオリ文句は『「グランブルーファンタジー」のすべてを網羅した大百科事典がついに創刊!!』で、とら秋葉原店AのPOPは『ストーリーに関わるキャラクターやガチャ・イベント入手のキャラクターのデータ、イラストを紹介!』、『プレイしていない人、まだまだ間に合うからコイツで準備しよう♪』が付いてた。

「グランブルーファンタジー・クロニクル」は、「グランブルーファンタジー」にまつわる全てを網羅した大百科事典です。ストーリーやキャラクター、星晶獣や騎空艇などの世界観を知る上で欠かせない事柄から、クエスト情報やアビリティなどのゲームに役立つデータベースまで、様々な視点で「グラブル」を紐解きます。ここでしか読めない制作スタッフ陣からのコメントなども満載の、全12号で構成される大百科事典をお届けします
シリーズガイド

なお、「グランブルーファンタジー・クロニクル vol.00」【AA】のインタビューの中で、プロデューサー・春田康一氏は「グランブルーファンタジー」の企画のスタートについて『最初に皆葉英夫と弊社の代表(Cygames代表取締役)渡邊耕一が、ファンタジーRPGの世界を描こうとスタートしたのが2012年の秋頃です。僕らがプロジェクトとして立ち上げたのが2013年の1月26日でした。主人公(グラン)が登場したのはその年の3月10日くらいですね。まず主人公だけがいて、最初は色々な設定を出しあいました。現在のストーリーの目標となっている父に会いにいくという設定ができあがるまでに紆余曲折ありましたね』などを語られている

月刊「GRANBLUE FANTASY Chronicle」創刊号発売のお知らせ

ルリア「星晶獣を従える能力を持つ少女。その特異な力の研究のためにエルステ帝国に囚われていたが、護衛と監視役を兼ねていたカタリナと共に脱走する」

カタリナ「ルリアのことを大切に思っており、実の姉のように世話を焼いている」

ワールド ザンクティンゼル
「神秘を奉る、緑豊かな出会いとはじまりの島」

ストーリーキャラクター
&バトルキャラクター
メインシナリオ
&イベント
召喚石
メインシナリオ
「旅立ち」
「操舵士の決意」
「決戦、嵐の守護神」
[ルインエクスプローラー]
マリー
[優婉の決闘者]
テレーズ
「騎空艇」




この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51511986