2015年12月06日

脳みそ炙り&脳みそ天ぷら 食人衛生法〜脳食編〜 「話題の同人グロ作家が飯テロ!」

サークルムカデ島 食人衛生法〜脳食編〜 サークルムカデ島の人脳食同人誌『食人衛生法 脳食編』が、メロン秋葉原1号店&2号店ZIN秋葉原店に入荷してる。主人公が馴染みの飲食店で脳みその炙りや天ぷらを美味しく食べてるお話で、メロン秋葉原1号店のPOPは『話題の同人グロ作家が飯テロかましたらこうなりました!』が付いてた。
-

サークルムカデ島(窓氏)の人脳食同人誌 「食人衛生法 脳食編」
メロン秋葉原1号店 「話題の同人グロ作家が飯テロかましたらこうなりました!」

人脳の炙りと天ぷら
「きたきたーっ!あーっもう匂いだけで香ばしくて美味しそう」

「炙った表面は香ばしく外の層は軽く茹だってふわっと中はとろっとろ!そしてこっって〜りしつつ穏やかな風味!あぁ〜っあ〜っ身体に悪いわ〜絶対コレステロールとりすぎだわ〜!でもんんまぁ〜い!!天ぷらの方も外はアツアツサクサク中はとろ〜り。はぁ〜っ」
メロンブックス秋葉原2号店
メロンブックス秋葉原1号店
COMIC ZIN秋葉原店

サークルムカデ島(窓氏)のコミティア114新刊・人脳食同人誌『食人衛生法 脳食編』が、メロン秋葉原1号店&2号店COMIC ZIN秋葉原店に入荷してる。

サークルムカデ島は、世界が滅亡に向かう中で女の子を解体した肉を売ってる同人誌「世紀末肉屋」、女の子を皮を剥いでバラして家具の材料にする「とったあの子の皮算用」、女子高生を爪剥ぎや関節ドリルで拷問する「生を乞いて叫を得る」、女子高生の人肉解体・食人体験「注文の多い厨房バイト」、女子小学生が女子高生を飼育・解体・食人してる「Kidza贄(キッザニエ)」などの、人肉解体・拷問同人誌などを出されているサークルさん。

今回入荷してた人脳食同人誌『食人衛生法 脳食編』は、法改正で飲食店での人脳の提供が禁止されることになったため、主人公が馴染みの飲食店で脳みその炙りや天ぷらを食べてたりするお話で、サークルさんのコメントは『「法律の改正で人脳を食用に提供するのがNGになるらしいからその前に馴染みのお店で食べ納めしよう!」という内容の食事漫画です』とのこと。

メロン秋葉原1号店のPOPは『話題の同人グロ作家が飯テロかましたらこうなりました!!微グロちゅうい!』が付いていて、、“脳みそ”の炙りは『炙った表面は香ばしく外の層は軽く茹だってふわっと中はとろっとろ!そしてこっって〜りしつつ穏やかな風味』、“脳みそ”の天ぷらは『外はアツアツサクサク中はとろ〜り』みたい。

次月で人脳の食用販売と提供が法律上で禁止になるため、マスターに急いで電話を掛けます!目的である脳みそがあるかを尋ねまず手始めに少女とビールで乾杯し、おいしく食べる準備♪今回は人の部位の中でも中枢となる脳を食べるお話、読み応え抜群の1冊を是非ご堪能下さい メロンブックス通販

同人誌『食人衛生法 脳食編』の感想には、果傘さん『今回の女の子、本当に美味しそうに顔とろけて食べてる。前も幸せそうだったんだけど、今回幸せしかない。テーマが何かを一瞬忘れかけてまずいw』、茜雪さん『よくある平和な日常と、(我々にとっては)常軌を逸した非日常がお互いをまったく意識せずに同じ場に滑らかに共存している不思議な感じ』、猫ウルフさん『居酒屋で脳を食べるという「異常さ」と、「日常」の同居が非常に面白い』などがある。

サークルムカデ島・窓氏のTwitter / pixiv

「(どうしよう、マスターの
とこまだ脳やってるかな)」
頭をトントン
「あります?」「あるよ」
「くぁ〜っ!もう今日の
おすすめ全部出して!」
「海外じゃ脳は茹でたり揚げ
たり以外にもあるらしいよ」
「そうかぁー海外行かなきゃ
食えないのかなぁ、あー」
「顔の好みか〜
やっぱこの子かな〜!」

図説 食人全書
マルタン モネスティエ
原書房
2001-03


【関連記事】
女子高生を飼育・解体・食人する同人誌 「無邪気で狂気に猟奇な屠殺!」
女子高生の初めての人肉解体・食人体験同人誌 「注文の多い厨房バイト」
女子高生を爪剥ぎや関節ドリルで拷問する同人誌 「生を乞いて叫を得る」
女の子を皮を剥いでバラして家具の材料にする同人誌「人間解体グロちゅうい」
世界が滅亡に向かう中、女の子を解体した肉を売ってる同人誌「世紀末肉屋」

【関連リンク】
サークルムカデ島・窓氏のTwitter / tumblr. / pixiv
COMITIA114新刊 「食人衛生法 脳食編」 サンプル
いつもよりかなりほんわかした短編になっております!よろしくお願いします
メロンブックス通販「食人衛生法 脳食編」
COMIC ZIN通販「食人衛生法 脳食編」
アリスブックス通販「食人衛生法 脳食編」
現実世界とこの物語の世界にある1mm程のズレが素晴らしく妖しく世界観も含め引き込まれる

脳 (食用) - Wikipedia

【感想リンク】
弁頭屋を思い起こしたりしたが、あれよりはシステム的なところがしっかり語られている
一緒に食べる女の子が可愛くて良い。 違う世界を垣間見る感じの作品
「異常さ」と「日常」の同居が非常に面白い
仲良く食べてる姿が微笑ましくて、テーマが何かを一瞬忘れかけてまずいw
白子とか食べたくなってしまった 美味しそうに食べるのを描くの上手だよなー
やっぱりかなりエグい わりと好きだけどなんとも言えない気分になる
日常と、常軌を逸した非日常が同じ場に滑らかに共存している不思議な感じ


この記事は同人誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51512196