2015年12月20日

おとうふ次元1巻 「野蛮な旧世紀人め!未来人の21世紀日本漂着生活」

カミムラ晋作 おとうふ次元 コミックス「おとうふ次元」1巻【AA】がアキバでは19日に発売になった。タイムパトロール中に21世紀の日本に漂着した未来の時空修復官が主人公で、裏表紙は『対応を間違えれば歴史が変わってしまう!?』で、新刊折込は『野蛮な旧世紀人め!未来人の21世紀日本漂着生活』になってた。
-

原作:森繁拓真氏、作画:カミムラ晋作氏のコミックス「おとうふ次元」1巻【AA】
「"となりの関くん"森繁拓真原作"やわらかSF"開幕!!」

21世紀の日本に漂着した未来人の時空修復官"ジン・トライ"
「200年先の科学技術の存在がこの時代に大きな変化をもたらすようだ」

「(ニク・ジャガ!?旧世紀の料理か?)」

「ただの布をせわしなく着替えつづけるしかない、おそらくそれが旧世紀人の生活」
アニメイト秋葉原
連動特典:リーフレット
ゲーマーズ本店
特典:ブロマイド
メロンブックス秋葉原1号店
特典:イラストカード

原作:森繁拓真氏、作画:カミムラ晋作氏がComicWalkerで連載されているコミックス「おとうふ次元」1巻【AA】がアキバでは19日に発売になった(公式発売日は22日)。

『おとうふ次元』は、連載開始時のコミックナタリーによると『200年後の未来で時空修復官をしている男ジン・トライが、任務中の事故で21世紀の日本へ漂着したことから始まるSFコメディ。自分の行動で歴史を変えてしまわないため「なにもしない」を使命として、東京の下町で漂着生活を送る。歴史改変の危険はさまざまな場所に潜んでおり、日常の些細な出来事が未来を脅かすトラブルとしてトライに襲いかかる様を描く』というお話。

今回発売になった「おとうふ次元」1巻【AA】には、第1話から第5話の「時空の漂流者」・「アパートから来た男」・「服よ、服よ!」・「幼年期の気変わり」・「屋敷の長い午後」と特別編を収録し、オビ謳い文句は『「となりの関くん」森繁拓真原作"やわらかSF"開幕!!』で、裏表紙は『食べるか食べないかで歴史が変わる!? パンツ(男物)に懸かる人類の未来!対応を間違えれば歴史が変わってしまう!?』、新刊折込は『野蛮な旧世紀人め!未来人トライの21世紀日本漂着生活』になってた。

21世紀日本に漂着した未来人ジン・トライ。過去の歴史に干渉しないため、ひっそりと暮らそうとするトライに野蛮な旧世紀(=現代)の文化が次々にトライに襲いかかる!新ジャンル「やわらかSF」誕生!!
コミックス情報

なお、「おとうふ次元」1巻【AA】のあとがきで、原作:森繁拓真氏は『愉快と発見とドキドキのパワーをお届けする側に…なれていたら良いのですが…いかがでしたか?楽しんで頂けていたら嬉しいです』、作画:カミムラ晋作氏は同じくあとがきで『トライさんは自分と似た所があるので、描いてて楽しいです。特にいい表情がかけた後は満足してふとんに入れます。これからもおとうふとトライさんをよろしくお願いします〜』などを書かれている。

「おとうふ次元」1巻コミックス情報 / ComicWalker連載ページ

過去でなにかあると、未来が大きく代わってしまう
「一般的にひとり子供が減ればその300人も消える」

未来人のトライが、バタフライエフェクトで未来に影響しないように行動
「(味を絶賛し女性としての自信を損なわせないことで未来改変を止められる!)」

「未来は、守られた」

「"ハシ"旧世紀の映像で
見たことはあるが」
「ニク・ジャガに合う!?」
「俺がパンツを買うと
歴史が変わるだと!?」
「時空大改変が迫っている以上小さな影響は無視」
「迷路!!理解できない
旧世紀文化の集合体だ」
「植物!?草でできている
マットなのかこれは!?」



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51513243