2015年12月23日

げんしけん二代目の十 「斑目を襲う神のイタズラ?運命が導く波乱のくじびきゲーム!」

げんしけん二代目 木尾士目氏のコミックス「げんしけん 二代目の十」(19巻)【AA】が22日に発売になった。オビ謳い文句は『恋の行方は神様の言うとおり!!』、『くじびきで決まる、アンバランスなカップル!?』で、とらAのPOPは『運命が導く波乱のくじびきゲーム!』いて、斑目ハーレムが続いてる。
-

木尾士目氏のコミックス「げんしけん 二代目の十」(19巻)【AA】
とら秋葉原店A「斑目を襲う神のイタズラ?運命が導く波乱のくじびきゲーム!」

「では私自ら率先して!!」

「じゃあそろそろ本気出そうかしら」

「今決めちまえよ。そしたらこんなくじびきとか、もういんねーだろ?」
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
K-BOOKS秋葉原新館
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード

木尾士目氏がアフタヌーンで連載されているコミックス「げんしけん 二代目の十」(19巻)【AA】が、22日に発売になった。

「げんしけん 二代目の十」(19巻)【AA】は、第110話〜第115話の「らき☆すけ」、「男の器」、「くじびきアンバランス1〜4」の計6話とおまけ漫画を収録し、オビ謳い文句は『恋の行方は、神様の言うとおり!!』、『卒業旅行ではドキドキのハプニングの連続!くじびきで決まる、アンバランスなカップル!?』で、とらAのPOPは『斑目を襲う神のイタズラ!?な、運命が導く波乱のくじびきゲーム!』だった。

朽木の卒業旅行に出かけた現視研ご一行。そこで斑目と波戸にドキドキのハプニングが発生!それぞれの気持ちが揺れ動く中、みんなで向かった日光東照宮では、くじびきでカップリングを決めて行動することになった。斑目のことが気になっているメンバーが順番に二人きりになると、本音のぶつけ合いが始まる!? コミックス情報

なお、コミックス「げんしけん 二代目の十」(19巻)【AA】の感想には、何かよくわからん気まぐれBlogさん『あぁ〜、これは崩壊が近いわ〜』、KASUKAさん『すごくおもしろいかたちで着々とルートを潰していっている感があってすばらしい』、846号さん『「なるほど、そう来るのか!」と「ぐわあああっそうきちゃうの!?」って感じで目が離せない』、惰眠日記さん『まあ、とりあえず斑目もげろ(笑)』などがある。

「げんしけん 二代目の十」(19巻)コミックス情報(試し読みあり)

「(全ての妄想は
僕の中で渦巻いている…)」
「どんなに頑張っても、僕
おっぱいありませんから…」
「(うわああああ
何だ 今の 俺はー!)」
「昨日ホテルで先輩に― ベッドに押し倒されました」
「あのボディにあの積極性! 雄ならたまらんでしょう!」
「嫌ってると思いますよ?」
「口ではそうみてーだな」


【関連記事】
げんしけん二代目の九 「斑目を巡る女達(1人は女装男子)の戦いは更に熾烈化」
げんしけん二代目の八 「斑目ハーレムマジすげぇ〜!笹原妹の誘惑が面白かったw」
げんしけん二代目の七 「斑目の見てないトコで争奪戦の火蓋が切って落とされる!」
げんしけん二代目の六(15巻) 「すっげー!完全に斑目中心のハーレムルートじゃん!」
げんしけん二代目の伍(14巻) 斑目の告白「唇をかみしめながら読む事間違いなし!」
げんしけん二代目の四 「波戸の恋愛事情と斑目のモテキ到来が面白くてたまらないw」
げんしけん 二代目の参(12) 「新旧交代はあれど、現視研やっぱ濃いわ〜」
げんしけん 二代目の弐(11) 「カミングアウトがこだまする、オタクな青春物語」
げんしけん 二代目の壱(10)発売 「アキバ系青春物語!新シリーズ開始!」
げんしけん9巻特装版が発売。とら1号店「思いっきり凄い山積み」
げんしけん8巻 「荻上キター 荻上ファンには正に至高の一冊」
げんしけん7巻発売 「でかすぎるぞ大野さん 髪を下ろした荻上もなんかイイかも」
「げんしけん6巻 特装版」アキバは山盛り
げんしけん第5巻特典にみる「くじアン人気キャラ1位」は副会長?
「世間を忘れたとき、そこには素敵な世界が広がるのかもしれません。嘘ですが」

オタク夫と一般人嫁 木尾士目のSpotted Flower1巻 「本当にこれ班目と咲だなー」
ぢごぷり2巻 「木尾士目の子育て漫画、ここに完結!!」
木尾士目の「恐い育児マンガ」 ぢごぷり1巻

【関連リンク】
講談社 / アフタヌーン
「げんしけん 二代目の十」(19巻)コミックス情報(試し読みあり)
TVアニメ「げんしけん二代目」公式サイト / Twitter
げんしけん - Wikipedia
木尾士目 - Wikipedia

【感想リンク】
『げんしけん二代目の十』 19巻 くじびきで決まるカップルに修羅場必至!
斑目を巡るヒロインズによる正妻を巡るバトル
波乱続きの斑目ハーレムにようやく陰りが出てきた巻
ここにきて波戸くんとのフラグがビンビン
混沌の恋愛模様が加速するぅぅー!!
すごくおもしろいかたちで着々とルートを潰していっている感があってすばらしい
木尾士目先生は物語やキャラが動く舞台づくりとそれを崩すタイミングが本当に巧い
恋愛模様が複雑化しすぎて、 読んでいて頭がこんがらがってきています
まあ、とりあえず斑目もげろ(笑)
物語に変化をもたらすのは笹原妹なのね
会話劇をスマートに構築しつつ、キャラたちの感情が炸裂&連鎖しまくってる
駆け引きとも言えないようなやりとり、けれども目まぐるしく変わる関係の変化がにくい
斑目ハーレムが終わりに向かうのかと思いきや…いい加減にしてくれないかしらん
げんしけん 二代目の十 19巻 感想 - 読書メーター


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51513509