2016年01月07日

同人誌 ダイオウイカを食べてみた 「ゲテモノ?眷属?美味けりゃ何でも来い!」

サークル海の家うみうし ダイオウイカを食べてみた サークル海の家うみうしの冬コミ新刊『ダイオウイカを食べてみた』がZIN秋葉原店に6日に入荷した。ダイオウイカ料理のレシピと実食レポートを中心に、食べた経緯、生態&イラストも収録し、ZIN秋葉原店のPOPは『ゲテモノ?眷属?美味けりゃ何でも来い!生食厳禁。粋でイカしたヤツを喰らえ!』になってた。
-

サークル海の家うみうし(やませみ氏)の同人誌「ダイオウイカを食べてみた」
ZIN秋葉原店「ゲテモノ?眷属?美味けりゃ何でも来い!」

なぜ「ダイオウイカを食べてみた」のか
「2014年12月9日午前7時50分頃、地元の旅館の女将から一本の電話が 〜」

ダイオウイカの塩焼き
「口に含んだ時にイカ焼きの芳ばしい香りの後に、ほんの少しエグ味がきました」

ダイオウイカの天ぷら 「エグ味の全くない、美味しいイカの天ぷらになってました」

サークル海の家うみうし(やませみ氏)の冬コミ新刊、フルカラー同人誌『ダイオウイカを食べてみた』が、COMIC ZIN秋葉原店に6日に入荷した(ZIN専売)。

サークル「海の家うみうし」は、体長4メートル超えのリュウグウノツカイを実食レポートされた同人誌「リュウグウノツカイを食べてみた」も出されていたサークルさんで、冬コミ新刊の『ダイオウイカを食べてみた』のサークルさんのコメントは『謎多い深海生物ダイオウイカをいろんな料理にして食べちゃいました!家庭でダイオウイカの味を再現できるレシピも収録!32pフルカラー』になってる。

「ダイオウイカの塩焼き」、「ダイオウイカの天ぷら」など、ダイオウイカ料理7品のレシピと実食レポートを中心に、ダイオウイカを食べることになった経緯や、ダイオウイカの生態、ゲストによるダイオウイカイラストなども収録し、ZIN秋葉原店のPOPは『ゲテモノ?眷属?美味けりゃ何でも来い!生食厳禁。粋でイカしたヤツを喰らえ!』が付いてた。

ちなみに、ダイオウイカ料理の味は、ダイオウイカの塩焼き『ほんの少しエグ味がきました。しかし、何度も噛んでいるうちにアカイカの様な旨味がじゅわっと出てきて想像よりも意外と美味しかったです!』、ダイオウイカの天ぷら『香りはとても芳ばしい普通のイカの天ぷらの香り!で、問題の味はどうかというと…エグ味の全くない、美味しいイカの天ぷらになってました』だったみたい。

生食は絶対厳禁!不味いから、という理由ではなく「危険」です。ダイオウイカは寄生虫だらけ。火を通す・一度冷凍する・干物にする等の処理をしないで食べるのは自殺行為です。
ダイオウイカの身は臭くて不味いのが普通です。原因は身に含まれる塩化アンモニウムと塩化マグネシウムなどなど。原因となる水分を大量のクッキングペーパーを使って徹底的に抜くと食べられる味に。しかし、どうしても塩辛さが残る事があるので、味の調整に注意。
ダイオウイカを食べるときの注意点

同人誌『ダイオウイカを食べてみた』の感想には、おしみさんのいる日常さん『アンモニア臭くて食えないって聞いてたけどちゃんとこうすれば食べられるし料理次第では美味しいって書いてあってなるほどすごいためになる』、Lolida(ろりいだ)さん『一発ネタのような題名だけど、中身は打ち上がってからの一連の流れと料理レシピが詳しく書かれた真面目なもの。好奇心を刺激されるいい本だった』、梅酒みりんさん『ダイオウイカは塩漬けにすると保存が効き、また水分を抜くと美味しく食べられるんだそうな。こういうのがあるからコミケはやめられないのよね』などがある。

なお、サークル海の家うみうしやませみ氏はあとがきで『前回「リュウグウノツカイを食べてみた」を入稿した翌日に、ダイオウイカが打ち上がり「コレを食べて同人誌のネタにし」と天命を受けた気がしました』、『自分が食べて味を体験しないと言葉に説得力が欠けます。なので、自分は積極的にいろいろな事に挑戦して体験するように心がけています。是非皆さんも、色々な体験したことのないものに挑戦してみてはいかがでしょう?』などを書かれている。

サークル海の家うみうし / COMIC ZIN通販「ダイオウイカを食べてみた」(専売)

「味を確認しないのは
プロとしてダメだと判断」
ダイオウイカの生態
「今回食べたのここら辺」
ゲスト:山波幸介氏イラスト
ダイオウイカのスモーク
ダイオウイカ大根
炊き込みダイオウいか飯




この記事は同人誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51514694