2016年01月08日

余命1年 終活女子高生1巻 「人生のカウントダウンが始まったJK、大暴走!?」

終活女子高生 津々巳あや氏のコミックス「終活女子高生」1巻【AA】が7日に発売になった。コミックス情報は『自称"余命いくばく"の不思議系美少女・律に振り回されっぱなしの見た目ヤンキー、中身ガチ乙女の沙羅。二人は歪ながらも友情を育んでいく』で、販促POPは『人生のカウントダウンが始まったJK、大暴走…!?』。
-

津々巳あや氏のコミックス「終活女子高生」1巻【AA】発売
「私、あなたとの思い出が欲しいんです…」

自称余命1年の少女・律
「ヤンキーの藤沢沙羅さん、お友達になってください!」

「私、余命一年なんです」 「(冗談…だと思うけど、もしかして本当に――)」

「"エンディングノート"です!"死ぬまでにやりたい事"を書いてあるんです」
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
ゲーマーズ本店
特典:ブロマイド
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード

津々巳あや氏がまんがタイムジャンボで連載されている4コマ漫画「終活女子高生」1巻【AA】が、7日に発売になった。

「終活女子高生」1巻【AA】は、コミックス情報によると『自称"余命いくばく"の不思議系美少女・律に振り回されっぱなしの見た目"ヤンキー"、中身"ガチ乙女"の沙羅。ギャグみたいな毎日を過ごす二人は歪ながらも友情を育んでいく』というお話。販促ポスターは『私、あなたとの思い出が欲しいんです…』、『この時間があともう少しだなんてウソだよね…?』で、販促POPは『残された時間はあとわずか…私にあなたとの思い出をください!人生のカウントダウンが始まったJK、大暴走…!?』になってた。

発売日のアキバでは、とら秋葉原店AのPOP『イマドキJKが"終活"するとエンディングノート(遺書)も超カワイイ!?』、『不思議ちゃん(?)JK×ヤンキー乙女のカプに萌えろ!あと猫カワイイ!!』や、『人生の終了が近い(?)美少女JKが計画する、あんなコトこんなコト実行暴走コメディ!!』POPが付いてた。

自称"余命いくばく"の不思議系美少女・律に振り回されっぱなしの見た目"ヤンキー"中身は"乙女"の沙羅。二人で過ごす時間があと少しだなんてウソだよね…? 折込チラシ

4コマ漫画「終活女子高生」1巻【AA】の感想には、ぼっちーさん『これが(死の)覚悟完了の力なのか律ちゃんの行動力が凄まじくもコミカルで面白い なのになぜ俺は沙羅にクリスマスプレゼントもらったコマで涙ぐんでるのだろうか』、ささみしさん『優しいヤンキーが変な娘にからまれる百合っぽい。お題が若干シリアスなので今後どうなるか…』、チリ助さん『津々巳先生の作風は好きだから今作品も十分に楽しめた♪』などがある。

なお、作者の津々巳あや氏は、ブログでの新刊告知で『この連載を始めた頃は編集部内でも連載化を反対されたり(テーマ的に)、終活にまつわるワードがことごとくNGで頭を抱えたり、〜我ながらめんどくさいテーマを選んだなーと思いつつもこのテーマにして良かったなーとも思ってます』などを、コミックス「終活女子高生」1巻【AA】のあとがきで『今回の「終活」というテーマは担当さんから提案して頂きました。良いテーマを頂いたと思ってます。「ヤンキーと優等生」の組み合わせは鉄板で好きです』などを書かれている。

「終活女子高生」1巻コミックス情報

「もう就職すんの!?」
「"終活"です」
「沙羅と選びたいです。最期
のお願いかもしれないし」
「私もこんな感じの
立派な祭壇を」
「あなた方も遺影を
撮るんですか」
「本命は"散骨の下見"
なので…」
「みよっちいつも"悲しい
葬式にしたくない"って…」



【関連記事】
あくまでモテる×××2巻 「悪魔の力で、美少女たちが脱ぎ乱れ!」
あくまでモテる×××1巻 「悪魔化して異性をメロメロにする…それ、なんてエ●ゲ」
12C -Twelve Crysis-1巻 「オタヒキニートのラブコメ漫画はじまるよ〜」

けいさつのおにーさん 「母性たっぷりな手塚さんと真面目でがんばりやさんの穂苅くん」
ビール専門店4コマ びあ充 「ノド越し爽快、ビールコメディ!」
きつねとパンケーキ1巻 「悶える程に超キュートっ!ふわモフ可愛い獣娘達!」

【関連リンク】
芳文社 / まんがタイムジャンボ
「終活女子高生」1巻コミックス情報
津々巳あや氏のホームページ「Ayairo」 / ブログ / Twitter / pixiv
「終活女子高生」単行本1/7発売決定&ダイジェスト作品紹介
書店特典と、サイン本情報をまとめました〜
津々巳あや - Wikipedia
手始めに目をつけられたギャルヤンキー風の運命や如何に!?

終活 - Wikipedia
暮らしづくり 終活
エンディングノート - Wikipedia
エンディングノートの正しい選び方・書き方

【感想リンク】
余命一年で終活をする高校生 という設定はユニーク
これが(死の)覚悟完了の力なのか律ちゃんの行動力が凄まじくもコミカルで面白い
優しいヤンキーが変な娘にからまれる百合っぽい
津々巳先生の作風は好きだから今作品も十分に楽しめた
これは…取り憑かれてハッピーエンド?的なフラグ?
やはり面白かったです!沙羅の母とか良いキャラしてて好きです


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51514767