2016年01月30日

20XX年、中国が尖閣侵攻 空母いぶき3巻 「自衛隊vs中国軍!現代最新鋭空中戦!」

かわぐちかいじ 空母いぶき かわぐちかいじ氏のコミックス「空母いぶき」3巻【AA】が29日に発売になった。20XX年に中国軍が尖閣&先島諸島を侵攻し、自衛隊が応戦する仮想戦記モノで、対艦ミサイル攻撃、ステルス機同士の戦闘などがあり、オビ謳い文句は『自衛隊vs.中国軍!!洋上で展開する現代最新鋭空中戦!!』になってた。
-

かわぐちかいじ氏のコミックス「空母いぶき」3巻【AA】発売
「自衛隊vs.中国軍!!洋上で展開する現代最新鋭空中戦!!」

「旗艦"いぶき"より全艦に達す!!対空戦闘準備!!」

「彼らは、接近するわが"いぶき"第5艦隊を最大の脅威と感じている。
この戦闘は現代海軍未経験の、空母同士の対決となる可能性が大きい」

空母いぶきの戦闘機 F35JB 「1番機発艦スタンバイ!!」
COMIC ZIN秋葉原店
とらのあな秋葉原店A
K-BOOKS秋葉原新館

『沈黙の艦隊』・『ジパング』・『太陽の黙示録』などで知られる、かわぐちかいじ氏がビッグコミックで連載されている、コミックス「空母いぶき」3巻【AA】が29日に発売になった。

『空母いぶき』は、20XX年に中国軍が尖閣&先島諸島を侵攻し、自衛隊が「空母いぶき」で応戦する仮想戦記モノ、コミックス1巻・2巻では中国軍が尖閣&先島諸島を攻撃し占領し、今回発売になった「空母いぶき」3巻【AA】のオビ謳い文句は『自衛隊vs.中国軍!!洋上で展開する現代最新鋭空中戦!!新軍事エンターテインメント!!』。

3巻では実在する中国のステルス機"殲20"と、空母いぶき搭載のステルス戦闘機F35JBとの空中戦や、対艦ミサイル攻撃への応射などがあり、裏表紙は『撃墜されるか、撃墜するか!!?現代最新鋭機空中戦の行方は!!?』になってた。

現代最新鋭機の空中戦とは!? 中国軍に占領された尖閣・先島諸島に接近する「いぶき」第5護衛隊群!垂水首相を筆頭に内閣が国内外に必死の対応を行う中、中国軍空母「広東」から最新鋭機「殲20」が発艦――「いぶき」艦隊を襲う!対応するは、イージスミサイル護衛艦、そして空自最新鋭機「F35JB」!!! コミックス情報

なお、コミックス「空母いぶき」3巻【AA】の感想には、梧彰さん『前巻までの緊迫感が更に増し、あまりにもリアルな展開に恐ろしくなりました。と同時に、張り詰めた中でのギリギリの駆け引きに興奮もし終始「うは?!!(◎▽◎;)」←こんな顔で読んでおりました』、ミルクティーさん『いぶし銀なストーリー展開だったなー』、ツッキーのメガネさん『戦争が好きなわけではないが、かわぐちかいじの話は好きだ。日本ははたして有事に「国防」ができるのか、考えてしまう』などがある。

「空母いぶき」3巻コミックス情報 / 作品情報

中国のステルス戦闘機"殲20"
「目標機、ミサイル発射!!輝点8!!ミサイル8基向かってきます!!」

「アルバトロス1より全機へ!!
敵はすでにミサイルを射った!!飛んで来るぞ、警戒を!!」

「目的は新鋭機F35JBとの戦闘!!これを叩くことです!!」
「それほどF35JBの、能力を知りたいか…!!」

「中国海軍空母
"広東"に動き!!」
「対空ミサイルSM2、
発射準備!!」
「早期警戒管制機より
アルバトロス隊へ!!」
「日本は釣魚島を中国領土と認めるべき」
与那国島は中国軍が占領
自衛隊の奪還作戦
「これは交渉に臨む
態度ではありません!!」


【関連記事】
中国が尖閣&先島諸島を侵略 かわぐちかいじ最新作「空母いぶき」1巻・2巻
ヒーローズ・カムバック 「大震災の復興支援の輪を広げるためにヒーローが復活!」

島風艦長が島風を見つけました 「ジパングの島風艦長・立石が島風と戯れる本」
海自イージス艦が太平洋戦争にタイムスリップするジパング×艦これ同人誌

【関連リンク】
小学館
ビッグコミック / Twitter
「空母いぶき」3巻コミックス情報
「空母いぶき」作品情報 / 試し読み
かわぐちかいじ - Wikipedia
空母いぶき - Wikipedia
J-20 (戦闘機) - Wikipedia

「中国は潜在的侵略者」、米太平洋軍トップが異例の発言
米軍司令官「中国に攻撃されれば尖閣守る」中国ネット民「自国領だから攻撃しないよ」
米軍パイロットにとって「恐怖の空」になるであろう=中国メディア豪語
台湾次期総統のFacebookに中国大陸から書き込み殺到
AIIB裏切り者の韓国を取り込み「中国孤立化」をはかる米国の本気度
中国、軍の大規模改革――即戦力向上と効率化
なぜ中国の経済危機が起こったのか
中国があえて「武装船」で尖閣を領海侵犯しなければならない国内事情
【島が危ない!】着々と整備進む中国軍の着上陸侵攻能力
【中国軍事情勢】空母2隻目を建造と中国国防省が公式発表 国産の艦載機を搭載
ゴールは5年後、中国軍がいよいよ大規模改革に着手
BBC記者、南沙諸島の人工島に上空から接近 中国海軍は警告を
中国軍の近代化と精鋭化に舵を切った習政権の意図

【感想リンク】
いぶし銀なストーリー展開だったなー
戦争が好きなわけではないが、かわぐちかいじの話は好きだ
前巻までの緊迫感が更に増し、あまりにもリアルな展開


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51516432