2016年01月31日

林トモアキ×マニャ子 ヒマワリ1巻 「なんでもアリのバトルゲーム"聖魔杯"開幕!」

ヒマワリ:unUtopial World スニーカー文庫2月新刊、著:林トモアキ氏&イラスト:マニャ子氏のライトノベル「ヒマワリ:unUtopial World」1巻【AA】が1月30日に発売になった。裏表紙は『無差別のバトルゲーム"ルール・オブ・ルーラー"。世界を統べる権利をかけて―』などで、販促ポスターは『なんでもアリのバトルゲーム"聖魔杯"開幕!』。
-

林トモアキ氏のライトノベル「ヒマワリ:unUtopial World」1巻【AA】
「新たなバトルゲーム聖魔杯(ルール・オブ・ルーラー)開幕!!」

不登校女子高生の日向葵(ひゅうが あおい)と、同級生の桐原士郎
「俺はこの世界を変える男、ブラックオーロライトの桐原士郎だ!」

「第三回HDC、"ルール・オブ・ルーラー"開催中!
優勝して世界を支配するのは、キミだっ!!」

「軍治君とは勝負をしたいんです。何か、見付かるかもしれないんです」
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
メロンブックス秋葉原1号店
特典:ブックカバー
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード

スニーカー文庫2月新刊・著:林トモアキ氏&イラスト:マニャ子氏のライトノベル「ヒマワリ:unUtopial World」1巻【AA】が、アキバでは30日に発売になった(公式発売日は2月1日)。

ラノベ「ヒマワリ」1巻【AA】は、書籍情報によると『4年前のテロ事件以降、やる気と前向きさを失ったヒマワリこと日向葵。最悪な日常を送るヒマワリだったが、カラードギャングの抗争に遭遇したことから世界の支配権をかけた"ゲーム"に巻き込まれてしまい…!?』で、新刊折込は『林トモアキ新境地!新たなバトルゲーム"聖魔杯"開幕!』、裏表紙は『人工島"新ほたる市"でなんでもアリのバトルスタート!』になってた。

また、販促ポスターは『その拳は魔法をも砕く――!?なんでもアリのバトルゲーム"聖魔杯"開幕!!』で、 ZIN秋葉原店のPOPは『ミスマルカ興国物語やレイセンなどを手がけた林トモアキ先生と、ストライク・ザ・ブラッドなどのイラストを手がけるマニャ子先生による新作!』だった。

「私はこの世界は間違っていると思います」。四年前のある事件をきっかけに、やる気と前向きさを失ったヒマワリこと日向葵(ひゅうがあおい)。
学校に行かず罪悪感を覚えつつも最悪な日常を送るヒマワリだったが、高校の生徒会長・桐原士郎と"ジャッジ"を名乗るハイテンションな女性に巻き込まれ、無差別のバトルゲーム"ルール・オブ・ルーラー"に参加することになり!? 世界を統べる権利をかけて――咲き方のわからないヒマワリが勝負に挑む! 裏表紙

ライトノベル「ヒマワリ」1巻【AA】の感想には、usokeyさん『ヒマワリさん、過去の林トモアキ作品の主人公において最もぶっちぎりでイカれてる主人公なんじゃないかな……』、くろうさん『ヒマワリが今後どんなバトルをして行くのか、四年前に何があったのか、士郎が描く世界とはどんなんなのか。続きが楽しみ』、このしらいさンゴ世界に祝福を!さん『ヒデオ主人公作をずっと読んできた私には驚きの連続でした。強すぎィ!』などがある。

なお、著者の林トモアキ氏はあとがきで『実は以前からスニーカー文庫では愛や勇気といったテーマで、勇者や魔王の登場するようなファンタジー作品を書かせていただいていたのですが、この度は現代を舞台に新作を書かせていただける運びとなりました!よろしくお願い致します!』などを書かれている。

「ヒマワリ:unUtopial World」1巻書籍情報 / 冒頭試し読み

「四年前、ここで
ある事件が起きた」
「全身に、先ほどの炎の
揺らめきがまとわりつく」
「ここには神も魔物も魔法も
精霊もあるんですよ!」
「マジで出てきちゃったン
ですかヒマワリちゃん〜?」
「彼らはこの街にとっての
必要悪、なんですよ」
「良かったでしょう軍治君。
私が死んでなくて」



【関連記事】
戦闘城塞マスラヲ1巻 「最恐ひきこもりが、世界を救うリア充に!?」

マニャ子画集 ストライク・ザ・ブラッド 「描き下ろしイラストも収めた約240点」
女子寮の寮長になった俺は、ご当地女子と青春できるだろうか 「方言って可愛いよねっ!」
アルジャン・カレール上下巻 「野村美月先生の新作は、魅惑の菓子が彩る架空歴史モノ」
ストライク・ザ・ブラッド 「今月の注目の新作!学園アクションファンタジー」

【関連リンク】
KADOKAWA
スニーカー文庫公式サイト「ザ・スニーカーWEB」 / Twitter
「ヒマワリ:unUtopial World」1巻書籍情報 / 冒頭試し読み
「ヒマワリ:unUtopial World」作品特設ページ
林トモアキ - Wikipedia
イラスト:マニャ子氏のホームページ / Twitter / pixiv

【感想リンク】
ひきこもりだった女の子が世界を支配する力をかけて、なんでもありのバトルゲームに挑む!?
地味で可愛げのないヒロインの、エロも恋愛要素もなしのバトル・アクション
これはまたぶっ壊れてしまってるなあ、ヒマワリちゃん
異能バトルに異能を使わないで男どもをフルボッコにする主人公がカッコいい
めちゃくちゃおもしろいっ。痛快&爽快っっっ!!
カラーギャングが精霊をつかってバトル。ゲーム。女の子が主人公
女子高生のフトモモにテンション上がらざるを得ない!(お約束w)
ヒデオ主人公作をずっと読んできた私には驚きの連続でした。強すぎィ!
林トモアキ作品の主人公において最もぶっちぎりでイカれてる主人公
レイセンのキャラも出ます。4年前の事件がキーに成っているようだ
ヒマワリが今後どんなバトルをして行くのか、四年前に何があったのか


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51516494