2016年02月09日

川原礫ラノベコミカライズ 絶対ナル孤独者1巻 「孤独を願った少年の新異能バトル!」

絶対ナル孤独者 川原礫氏のライトノベルを、越水ナオキ氏がコミカライズされた「絶対ナル孤独者<アイソレータ>」1巻【AA】が、アキバでは8日に発売になった。オビ謳い文句は『川原礫 第三の名作となる新世代異能バトルコミック版』で、とらAのPOPは『孤独を願った少年の運命の接触で始まる、新異能バトル開幕!』。
-

川原礫氏のライトノベルを、越水ナオキ氏がコミカライズ 「絶対ナル孤独者」1巻【AA】
とらA「孤独を願った少年の運命の接触で始まる、新異能バトル開幕!」

「いっそ誰もいない世界に行ってしまいたい 
たったひとりだけの 絶対なる孤独の世界に」

「行くわよ 《ルビーアイ》は根絶やしにする 大人しくしていなさい 《咀嚼者》」

「僕は体の周りに何も通さない透明な殻を作れるんです 
衝撃も音も――おそらく電気も通さない殻を」
とらのあな秋葉原店A
特典:リーフレット
メロンブックス秋葉原1号店
特典:イラストカード
ゲーマーズ本店
特典:ミニ色紙

川原礫氏のライトノベルを、越水ナオキ氏がコミカライズされ電撃大王で連載されている「絶対ナル孤独者<アイソレータ>1巻【AA】が、アキバでは8日に発売になった(公式発売日は10日)。

コミックス『絶対ナル孤独者』は、作品情報によると『二○一九年八月。地球上のいくつかの都市部に、人類が初めて接触する地球外有機生命体が複数落下した。この球体は、接触した人間たちに現代科学では解明できない《力》を与えた。十七歳の少年・空木ミノルもその中の一人。彼の能力は──絶対ナル孤独。SAOの川原礫最後のWEB小説。新時代異能力バトルが幕を開く!』という、『一家を惨殺された過去があり、絶対的な孤独を望んでいる』空木ミノルらを描いたお話(登場人物)。

コミックス「絶対ナル孤独者」1巻【AA】のオビ謳い文句は『川原礫 第三の名作となる新世代異能バトルコミック版開幕!僕は望む、完璧で絶対なる孤独を』、折込チラシは『ソードアート・オンラインの川原礫による新世代異能力バトル』で、コミックス情報には『宇宙から飛来した球体は接触した人間たちに特殊な力を与えた。17歳の少年・空木ミノルが得たのは、絶対的な《孤独》の力で──』などなど。

アキバでは、10日発売の原作ラノベ最新3巻とコミックス1巻が一緒の販促POPや、とら秋葉原店AのPOP『孤独を願った少年の運命の接触で始まる、新異能バトル開幕!電撃文庫の人気異能作品がコミカライズ!』が付いてた。

二〇一九年八月。地球上に人類が初めて接触する地球外有機生命体が複数落下した。のちに《サードアイ》と呼ばれるその球体は、接触した人間に現代科学では解明できない《力》を与えた。
ある者には音さえ追い越す《速さ》を、ある者には万物を噛み千切る《歯》を。十七歳の少年、空木ミノルもその一人だった。彼がただ一つ望み、そして得た能力。それは、絶対なる《孤独》の力――。 裏表紙

コミックス「絶対ナル孤独者」1巻【AA】は、出版社コラムの告知は『「サードアイ=異能の力を目覚めさせる球体」、「ルビーアイ=その球体の力を悪い方に使っちゃう困った人たち」こんな感じ!!! 中二心をくすぐるキーワードが続出です』、『コミックス第1巻は《咀嚼者》(バイター)と呼ばれるルビーアイを激戦のすえドスンバタンしてアンニャロメなところ(??)までが描かれます』で、コミカライズされた越水ナオキ氏あとがきで『1巻!本当にありがとうございます!初めての単行本です。うれしさと緊張でドキドキしています…楽しんで頂けてたら幸いです』と書かれている。

「絶対ナル孤独者」1巻コミックス情報 / 原作:川原礫氏 / 作画:越水ナオキ氏

「いや…こいつは…人間なのか?」

「なんなんだ…いったい何が起こってるんだ」

「当たったどころか触れた感じもしないなんて」
「あの時思ったんだ、空木くん勇気あるなって」
「僕に入り込んだ《あの球体》のせいとしか思えない」
「〜ッ!」「(ああ…
すぐに齧りつきたい…)」
「僕の身体能力を引き上げ、超常現象を起こしている」
「《ジェットアイ》の
能力者なんだから」

絶対ナル孤独者 (1) (電撃コミックスNEXT)
越水ナオキ
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2016-02-09


絶対ナル孤独者 (3) ―凝結者 The Trancer― (電撃文庫)
川原礫
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2016-02-10


絶対ナル孤独者 (1) ―咀嚼者 The Biter― (電撃文庫)
川原礫
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2014-06-10



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51517169