2016年02月12日

食材は主人公 ヴァルハラの晩ご飯 「神々の台所を舞台、やわらか神話ファンタジー!」

ヴァルハラの晩ご飯 〜イノシシとドラゴンの串料理〜電撃小説大賞<金賞>の、三鏡一敏氏のライトノベル「ヴァルハラの晩ご飯 〜イノシシとドラゴンの串料理〜」【AA】が10日に出てる。オビの川原礫氏のコメントは『読んでいて主人公を食べたくなったのは初めてです(笑)』などで、販促POPは『神々の台所を舞台に贈る“やわらか神話”ファンタジー!』
-

三鏡一敏氏のライトノベル「ヴァルハラの晩ご飯 〜イノシシとドラゴンの串料理〜」
川原礫氏のコメント「このイノシシ、なんという《美味しい》ポジション……」

温和で可憐な戦乙女の長女“ブリュンヒルデ”
料理長“アンド”と、その肩に乗っているイノシシが主人公の“セイ”

神界のナンバー2 “ロキ”と、戦乙女の次女“ゲルヒルデ”

「神々の台所を舞台に贈る“やわらか神話”ファンタジー!」
主人公セイは、神々の台所で食材にされることになった“イノシシ”
とらのあな秋葉原店A
特典:4Pリーフレット
メロンブックス秋葉原1号店
特典:4Pリーフレット

電撃文庫2月新刊で、第22回電撃小説大賞の<金賞>を受賞された三鏡一敏氏のライトノベル「ヴァルハラの晩ご飯 〜イノシシとドラゴンの串料理〜」【AA】(イラスト:ファルまろ氏)が、10日に出てる。

主人公は、一日に一回生き返れる能力を持ち、毎日調理されるイノシシ(特設ページ)で、担当編集のコメントは『キャラクターの魅力と、そのシーンをバッチリ想像させる愉快なコメディ描写できちっと“料理”されております。硬い題材をじっくり煮込んだ“やわらか神話”な晩ご飯の物語』になっている。

また、オビの川原礫氏のコメントは『このイノシシ、なんという《美味しい》ポジション…』、裏表紙『この一冊で、北欧神話のフルコースがたっぷり味わえます。読んでいて主人公を食べたくなったのは初めてです(笑)』などで、とら秋葉原店AのPOP『この物語の主人公は…、まさかのイノシシ!?神に喰われし主人公の、神々の食卓奉仕ファンタジー!!』、公式販促POPは『神々の台所を舞台に贈る“やわらか神話”ファンタジー!』。

神の国の台所“ヴァルハラキッチン”の夕飯時はいつも大忙し! ボク、喋れるイノシシのセイ(本名:セーフリームニル)はそのお手伝いとして、なんと主神オーディンさま直々の指名を受けてここにやってきたんだ。 ――『料理される側』としてね!
いや、確かにボクは「一日一回生き返る」っていう不思議な能力を持ってるし、自慢じゃないけど肉質にも自信があるよ? でもだからって「毎日死んでご飯になれ」ってひどすぎない!? 新刊折込

なお、ライトノベル「ヴァルハラの晩ご飯」【AA】の感想には、bluets8さん『調子に乗りやすい、乗せられやすい、相手を乗せるのも上手いの三拍子揃ったお調子者のイノシシ・セイを中心にした軽快でおバカなギャグ漫画テイストの作品』、エクウスさん『こいつ猪の癖に煩悩にまみれすぎだろw エロの為なら神すら騙す主人公とロキの思春期コンビはよかった』、石束鳳碩さん『主人公が食材な点で残酷な描写あるのかな?と思っていたけど、基本コミカルに仕上がっていたので杞憂だった』などがある。

「ヴァルハラの晩ご飯」書籍情報 / 特設ページ(試し読みあり)

「彼女、いわゆる
ロリ巨乳なんだよ」
「な、何だか、
凄く恥ずかしくて……」
「何で、セイちゃん
ぐったりしてるよ!?」
「ドラゴン化を披露したのは
失敗だったのかな?」
「さ、セイ。早速ヴィズガに会いに行きましょうか」
「ブリュンヒルデさまが…蛇どもに蹂躙されている」

ヴァルハラの晩ご飯 ~イノシシとドラゴンの串料理~ (電撃文庫)
三鏡一敏
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2016-02-10


【関連記事】
電撃小説大賞 ただ、それだけでよかったんです 「衝撃の学園物語。凄まじい」
ラノベ 俺を好きなのはお前だけかよ 「一癖も二癖もあるキャラが織りなす物語」

おひとりさまでした。〜アラサー男は、悪魔娘と飯を食う〜 「人間と悪魔!?食ラノベ!」
迎える客は異世界の人々 異世界食堂2巻 「食ラノベの大本命!読むだけで腹ペコ」
異世界食堂1巻 「飯テロラノベの本命。読めば外食したくなる事うけあい」
彼女たちのメシがマズい100の理由3巻 「節足動物もレシピ次第で美味しく!」
ニャル子の逢空万太新作 ヴァルキリーワークス発売「可愛い彼女は――駄ルキリー!」

【関連リンク】
アスキー・メディアワークス
電撃文庫 / Twitter
「ヴァルハラの晩ご飯 〜イノシシとドラゴンの串料理〜」書籍情報
第22回電撃小説大賞受賞作特集サイト / 金賞 | ヴァルハラの晩ご飯(試し読みあり)
第22回電撃小説大賞《金賞》受賞の三鏡一敏先生にインタビュー!!
イラスト:ファルまろ氏のTwitter / pixiv
主人公は食材としてヴァルハラに招かれた一日一回復活可能な猪

【感想リンク】
イノシシが主人公か。しかも晩餐のメイン料理とか、斬新すぎる(笑)
不死のイノシシでエルドフリームニルという鍋とセットの存在
事シーンよりもいちゃいちゃシーン多めの王道ラブコメ
セイの可愛さと健気さとスケベさで突っ走った作品、脇役達も魅力的
主人公はイノシシ君なのに美女たちから愛されまくっててずるい!羨ましいんじゃ!
オープニングから主人公が自ら煮え立つ鍋に身を投げる
北欧神話のドタバタコメディ?みたいな感じ。意外とおもしろかったよ
三拍子揃ったお調子者のイノシシ・セイを中心にした軽快でおバカなギャグ漫画テイスト
エロの為なら神すら騙す主人公とロキの思春期コンビはよかった
ちょっとエッチな思春期少年的なバかわいい一人称な語りもおもしろい
ヴァルハラの晩ご飯 〜イノシシとドラゴンの串料理〜 - 読書メーター
愛のムチレビュー企画


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51517376