2016年02月13日

心が叫びたがってるんだ2巻 「本当の気持ちを歌に乗せて、運命の歯車が動き始める」

阿久井真 心が叫びたがってるんだ 映画「心が叫びたがってるんだ」を、阿久井真氏がコミカライズされた「心が叫びたがってるんだ。」2巻【AA】が12日に発売になった。オビ謳い文句は『「この瞬間がきっと、私の青春」。劇場版の大ヒットに続き、20万部突破!』で、販促POPは『本当の気持ちを歌に乗せて、運命の歯車が動き始める』になってた。
-

同名の映画阿久井真氏がコミカライズ「心が叫びたがってるんだ。」2巻【AA】
「劇場版の大ヒットに続き、勢い止まらず…20万部突破!」

「心のなかを見られた」

「わたーしはー やれーるよー」

「本当に…喋りたいことっ」
アニメイト秋葉原
特典:メッセージシート
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード
ゲーマーズ本店
特典:ブロマイド

映画「心が叫びたがってるんだ。」を、阿久井真氏がコミカライズされ、裏サンデーとマンガワンで連載されている「心が叫びたがってるんだ。」2巻【AA】(原作:超平和バスターズ)が12日に発売になった。

『心が叫びたがってるんだ。』は、アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の制作スタッフによる、埼玉県秩父市を舞台した劇場アニメで、1巻発売時のコミックナタリーの紹介は『幼少時代のある出来事をきっかけにおしゃべりを封印されてしまった女子高生・成瀬順と、そのクラスメイトたちの絆を描く青春群像劇』だった(公式サイトのあらすじ)。

今回発売になったコミックス「心が叫びたがってるんだ。」2巻【AA】のオビ謳い文句は『「この瞬間がきっと、私の青春。」劇場版の大ヒットに続き、勢い止まらず…20万部突破!』で、コミックス2巻には第6話「荒波チョイス」〜第13話「衝突」までとおまけ漫画を収録(もくじ)し、販促POPは『本当の気持ちを歌に乗せて、運命の歯車が動き始める』になってた。

「ふれあい交流会」の実行委員会に任命された成瀬・坂上・仁藤・田崎の4人。面倒な役を押しつけられたと嫌々ながらも引き受けるが、田崎だけは欠席し続ける…そんな中、交流会の出し物をミュージカルにしようと担任から提案があり…? 裏表紙

なお、「心が叫びたがってるんだ。」2巻【AA】の惰眠日記さんの感想では『HRで交流会でミュージカルを行う案が出てくることに。しかし、田崎はこれに反発し成瀬に惨い言葉を発してしまう・・・田崎の心の弱さが表に出てくる場面だな』などを書かれていて、著者の阿久井真氏カバー折り返しで『順、拓実、菜月、大樹…4人の中で私が一番共感するのは拓実です。皆さんは誰に一番共感しますか?』などを書かれている。

「心が叫びたがってるんだ。」2巻コミックス情報 / 連載ページ

「実行委員なんてやるような
タイプに見えるのだろうか」
「ど?成瀬は?
ミュージカル!」
「私の心を覗き見
していますか?」
「んなもん無理に
決まってんだろ!」
「喋りたいことっての…
ちゃんと話にしなよ」
「消えろとかそんな
簡単に言うなっ!!!」






心が叫びたがってるんだ。 [Blu-ray]
水瀬いのり
アニプレックス
2016-03-30



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51517413