2016年02月24日

ラノベ ワールド・ティーチャー2巻 「訪れる新たな出逢い。“学園編”スタート!」

ネコ光一 ワールド・ティーチャー オーバーラップ文庫2月新刊、著:ネコ光一氏&イラスト:Nardack氏のライトノベル「ワールド・ティーチャー」2巻【AA】がアキバでは23日に発売になった。新刊折込は『元・最強の工作員が、学園に入学!?』で、オビ謳い文句は『訪れる新たな出逢い――。"学園編"スタート!』になってた。
-


「頼んだぞ。二人とも」 「お任せください!」

「衝撃よ……"インパクト"」「なん……だ、これ?」

「シリウス様には身も心も捧げておりますので、皆様ご了承くださいませ」
K-BOOKS秋葉原新館
ゲーマーズ本店
特典:4Pブックレット

オーバーラップ文庫2月新刊、著:ネコ光一氏&イラスト:Nardack氏のライトノベル「ワールド・ティーチャー 異世界式教育エージェント」2巻【AA】が、アキバでは23日に発売になった(公式発売日は25日)。

『ワールド・ティーチャー 異世界式教育エージェント』は、ネコ光一氏が「小説家になろう」で連載されている同名のWEB小説の商業書籍版で、特設サイトあらすじによると『かつて世界最強のエージェントだったが、仲間のために命を落とし、異世界に転生をしてしまった少年。彼は、前世で果たせなかった「後継者育成」を目標とし、引き継がれた知識と経験をもとに、出逢った人々の生き方に大きな影響を与えていく』というお話。

今回発売になった「ワールド・ティーチャー」2巻【AA】のオビ謳い文句は『最強の工作員(エージェント)だった少年に訪れる新たな出逢い――。"学園編"スタート!!!』で、書籍情報が『舞台を「学園」に移し、シリウスの異世界式育成ミッションは更に加速――!!』、新刊折込は『元・最強の工作員が、学園に入学!?』になってた。

異世界転生をした元・世界最強エージェントのシリウスは「後継者育成」を果たすため、弟子を教育していた。数年が経ち、生家を出て「エリュシオン学園」に向かい旅立つシリウス達。入学試験では、既に常人レベルを超えた彼らの魔法が、大きな注目を集める。だが、異端過ぎる彼らの"存在"は、貴族の生徒や教員から疎まれてしまう。そして彼らと同じく異端すぎるがゆえに、悩みを抱えていた少女・リース――彼女の運命はシリウスとの出逢いにより大きく動き始める! 裏表紙

なお、「ワールド・ティーチャー」2巻【AA】のあとがきで、著者のネコ光一氏は『この度、応援していただいた皆様の御蔭で遂に二巻を出す事が出来ました』、『作者であるネコは歓喜に打ち震えておりますが、シリウスたちの物語はまだ始まったばかり。この調子で三巻、四巻と続けられるように頑張って行きます』などを書かれている。

「ワールド・ティーチャー 異世界式教育エージェント」2巻書籍情報(試し読みあり)

「まさか本物の神父を
やる事になるとは」
「本人の弛まぬ努力と
才能によるものです」
「私は……シリウス様の
お世話をしたいんです」
「ふふ……いいよ。
何だか弟が出来たみたい」
「例えば…不正の証拠が
自然と落ちていたとか」
「砕け……"ランチャー"」






この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51518189