2016年02月24日

MF文庫J ラブと貪食の黒戮呪剣 「チビ盗賊×腹ペコ女騎士のドタバタ魔剣ジャーニー」

ラブと貪食の黒戮呪剣 MF文庫J2月新刊、宮澤伊織氏のライトノベル「ラブと貪食の黒戮呪剣〈コルドリクス〉」【AA】(イラスト:人米氏)がアキバでは23日に発売になった。とらAのPOPは『ドタバタとモグモグな魔剣冒険ファンタジー!』が付いていて、オビ謳い文句は『チビ盗賊×腹ペコ女騎士、ドタバタ魔剣ジャーニー』だった。
-

ライトノベル「ラブと貪食の黒戮呪剣〈コルドリクス〉」【AA】
「チビ盗賊×腹ペコ女騎士、ドタバタ魔剣ジャーニー、ここに始ま"ぐぅ〜"」

盗賊"ジント"と、女騎士"ティラニア"
「苦しい?離れた方がいい?」「いい。このままで……大丈夫だ」

「変じゃない?」「へ、変じゃない。むしろ――」「むしろ?」

「しばらく食事をしていなかったから、なんでも美味く感じる」
メロンブックス秋葉原1号店
とらのあな秋葉原店A
特典:4Pリーフレット
ゲーマーズ本店

MF文庫J2月新刊、著:宮澤伊織氏&イラスト:人米氏のライトノベル「ラブと貪食の黒戮呪剣〈コルドリクス〉」【AA】が、アキバでは23日に発売になった(公式発売日は25日)。

「ラブと貪食の黒戮呪剣」【AA】の新刊折込は『汚れ仕事で生計を立てていた盗賊のジントは、なりゆきで大剣を背負った女剣士を拾うことに。少女の大剣は人の魂を贄にする魔剣…なのだけど』で、オビ謳い文句は『チビ盗賊×腹ペコ女騎士、ドタバタ魔剣ジャーニー、ここに始ま「ぐぅ〜」』になってた。

また、書籍情報は『吸魂力の変わらない、ただ一つの魔剣です』で、とら秋葉原店AのPOPは『少女の持つ大剣にある部分を食われた盗賊との、ドタバタとモグモグな魔剣冒険ファンタジー!』が付いてた。

幼い妹弟のために汚れ仕事をすることで日々の生計を立てていた盗賊のジント。その日も外れの旧い街道で仲間のゴロツキたちと共に獲物を待ち構えていたのだが、そこに現れたのは大剣を背負った少女だった。彼女の背負う禍々しい大剣。それはなんと、人の魂を贄にする呪われた魔剣だった……
「うう、ジント、おなかすいたぁ」「今は我慢しろ!」……のだが「おなかすいた。もーだめ」「あとちょっとだから黙ってろ」……なのだけど「ねぇ、何か食べ物〜」「頼むからあらすじだけでも真面目にやれ!」 裏表紙

ライトノベル「ラブと貪食の黒戮呪剣」【AA】の感想には、しぇんさん『薄味に感じるけど何か妙に癖になる宮澤先生の新作。呪われた魔剣をもつ腹ペコ系ヒロインと弟たちを養うために仕方なく盗賊を続けてた少年のぼーい・みーつ・がーる な逃避行もの』、百合妄想電波発信塔さん『文体もかっちりとして気持ちよい。これはいいな!』などがある。

.なお、著者の宮澤伊織氏あとがきで『MF文庫Jでは初めてのお目見えになる今回の小説は、盗賊の少年と魔剣遣いの少女が主人公のファンタジーです』、『この二人が、危険に満ちた世界を飄々と旅する、あんまり深刻にならない感じのダークファンタジーを心がけました。楽しんでいただければ幸いです。ついでに六億円ぐらいくれても幸いです』などを書かれている。

「ラブと貪食の黒戮呪剣〈コルドリクス〉」書籍情報(試し読みあり)

「吸われているのだ。
何が?生気?命?」
「ジントぉ」「なんだよ」
「買ってぇ」
「スナガラのジント。
かけてください」
「ティラニアも
幸せそうに食べている」
「初めてなんだよ、君が」
「四肢を固定されて、ぐったりとうなだれていた」

ラブと貪食の黒戮呪剣〈コルドリクス〉 (MF文庫J)
宮澤 伊織
KADOKAWA/メディアファクトリー
2016-02-25



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51518195