2016年02月28日

【コラム】青木兼元が公開中!白亜右月氏が描く「大包平」キャラクターデザインも明日発表!!天華百剣コラム「巫剣名物帳アキバ版」第6回

天華百剣 巫剣名物帳アキバ版 「天華百剣」Pのコアラです。さて、先日公式HPで発表された青木兼元のイラストからスタートしました、本日の「巫剣名物帳アキバ版」。青木兼元の全身をご覧になりたい方は、公式HPをチェックしてくださいね。今日は明日発売の電撃G'sマガジンに掲載予定の最新情報をお知らせします!
-

"刀剣×美少女"企画「天華百剣」公式HP

青木兼元(イラスト/refeia) 全身をご覧になりたい方はこちらから!

明日、2月29日発売の電撃G'sマガジン4月号で新公開される巫剣ですが、ついにコレを発表することができます!現存する日本刀の中で、最高傑作とも言われているコチラ、

大包平です!!

今日のところはシルエットだけですが、それでも伝わるこのオーラ!もうこれは絶対強いです!間違いない!! そしてイラストを担当されるのは、白亜右月先生!!早くみんなに見てもらいたい!そして感想を聞いてみたい!!

この大包平、なぜ日本一の日本刀と言われているかというと、その理由の1つは作刀技術の高さです。大包平は太刀の中でも長い、約90cmの刃長があります。にも関わらず、重ね(厚みのこと)が薄く、軽いんです。薄いものを長くするわけですから、当然技術が必要、ということですね。

さて、大包平と言われれば、刀に詳しい方ならもうひと振り、頭に浮かぶ刀があると思います。それがこちら、童子切安綱です。

童子切安綱(イラスト/清水栄一×下口智裕

大包平と並んで、日本刀の両横綱と言われる名刀で、天下五剣にも数えられています。巫剣名物帳にも掲載していますので、そちらもぜひチェックしてください。

並べるとこんな感じ

童子切安綱と大包平。『天華百剣』の世界観の中で、日本最高と言われるふた振りの巫剣が、どのように描かれていくのか、ぜひ御期待ください!

さらに、電撃G'sマガジン4月号では、先月号で発表された、千代金丸治金丸北谷菜切の琉球三宝刀によるショートストーリーも掲載されます。

左/千代金丸、真ん中/治金丸、右/北谷菜切(イラスト/池澤真

琉球から本州に渡る途中で船が難破してしまい、なんとか岸にたどり着いたものの……というところからお話が始まるんですが、

千代金丸「やー……ちー、なきー? くまー、まーやいびーが?」
って、さっそく何言っているのか、わかりませんけど!?

ということで、最新情報満載の電撃G'sマガジン4月号、ぜひお楽しみに!以上、巫剣名物帳アキバ版第6回でした。次回は3月13日にお会いしましょう!!

(C)天華百剣プロジェクト
(C)KADOKAWA CORPORATION 2015


この記事はコラム カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51518442