2016年03月02日

谷口ジロー画集 jiro taniguchi 「“芸術品”として語られる画を収録」 全世界同時発売

谷口ジロー画集 jiro taniguchi 谷口ジロー氏の画集「谷口ジロー画集 jiro taniguchi」【AA】が3月1日に発売になった。解説は英語・フランス語・日本語の三カ国語で、書籍情報は『“芸術品"として語られる谷口ジローの画を全256ページの大ボリュームで収録。世界に誇る画の数々を愛蔵する歓びを貴方に───』になってる。価格は6000円。
-

谷口ジロー氏の画集「谷口ジロー画集 jiro taniguchi」【AA】発売
「全世界同時発売!!英語、仏語、日本語、三ヶ国語解説付き」

神々の山嶺 (2003年)

孤独のグルメ(2008年)

「坊ちゃん」の時代(2014年)
メロンブックス秋葉原1号店
K-BOOKS秋葉原新館
COMIC ZIN秋葉原店

谷口ジロー氏の画集「谷口ジロー画集 jiro taniguchi」【AA】が3月1日に発売になった(価格は6000円)。

谷口ジロー氏は、漫画「孤独のグルメ」(原作:久住昌之氏)、「犬を飼う」や、フランスのルーヴル美術館の企画「千年の翼、百年の夢」などで知られ、イタリアのマンガとゲームの祭典で最高栄誉賞フランスでは芸術文化勲章・シュバリエ章などを受賞されている漫画家さん。

今回出た「谷口ジロー画集 jiro taniguchi」【AA】は世界同時発売みたいで、英語・フランス語・日本語の三カ国語の解説文があり、書籍情報では『谷口ジローは、ヨーロッパで絶大な人気を誇り、欧州で数々の漫画賞を受賞、2011年フランス政府から芸術文化勲章シュヴァリエを受章しています。“芸術品"として語られる谷口ジローの画を全256ページの大ボリュームで収録。世界に誇る画の数々を愛蔵する歓びを貴方に───』になってた。

谷口ジローの作品は、さまざまな言語に翻訳され、ここ10年にわたって、世界中のあらゆる世代、あらゆるスタイルの人々を誘惑し、感動させてきた。彼らの多くが、それまで一度もマンガを読んだことなどなかったにもかかわらず。その点だけをとっても、彼の洗練されたアートは、これまで以上に賞賛されるに値するのである。 裏表紙オビ(ブノワ・ペータース氏による解説の抜粋)

なお、「谷口ジロー画集 jiro taniguchi」【AA】の巻頭には、フランスの作家・批評家 ブノワ・ペータース氏の解説と、作家・評論家で、谷口ジロー氏の漫画原作もされた関川夏央氏の解説があり、谷口ジロー氏はあとがきで『気がつけば、漫画に職を得てもう40年以上もの歳月が過ぎ去っていたことに動揺する。正直、漫画をここまで続けてこられるとは考えもしなかった。ほんとうに幸運に思う』、『“なんでもやってみよう”――この画集には私のそんな想いが込められている。年代によって題材も異なっているが、私が強く興味を惹かれたものから影響を受けた絵になっている。そのような変化を楽しく見てもらえたなら嬉しく思う』などを書かれている。

「谷口ジロー画集 jiro taniguchi」書籍情報

「冬の動物園」
(2008年)
「父の暦」
(1994年)
「オリエント急行の殺人」
(2011年)
「イカル」
(1997年)
「地球氷解事紀」
(1988年)
「1997年の暗殺者」
(1985年)
「Live!オデッセイ」
(1983年)
「THE BACK OF BEYOND」
(1986年)
「マンハッタン・オプ」
(1981〜1985年)



【収録作品】(書籍情報より)
冬の動物園 / 遙かな町へ / 父の暦 / 孤独のグルメ / セイセイの鞄 / 凍土の旅人ブランカ / 神の犬 / 荒野より / 西風は白い / 大いなる野性 / シートン / 欅の木 歩くひと / 犬を飼う / イカル / 地球氷解事記 / 原獣事典 / 天の鷹 / 神々の山嶺 / K / 猟犬探偵 / 事件屋稼業 / ENEMIGO / サムライ・ノングラータ / リンド3! / LIVE!オデッセイ / 飢狼伝 / ナックルウォーズ / 海景酒店 / 『坊っちゃん』の時代 など

この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51518685