2016年03月16日

マージナル・オペレーション 空白の一年[下] 「空白の一年は終わり、新たな扉が開く!」

マージナル・オペレーション 空白の一年[下]芝村裕吏氏の小説「マージナル・オペレーション 空白の一年[下]」【AA】が15日に発売になった。裏表紙は『“新田の血”が時空を繋ぐ番外編、完結!』で、 オビは『赤い日本(シベリア・ラーダ)の追跡をかわしつつ、一行はペルシャを目指す――。空白の一年は終わり、新たな扉が開く!』だった。
-

芝村裕吏氏の小説「マージナル・オペレーション 空白の一年[下]」【AA】発売
「空白の一年(ミッシング・リンク)は終わり、新たな扉が開く!」

「着替えは、西洋風のスカートとブラウスが用意されていた」

アラタとバイク2人乗りで、MP5をぶっぱすジブリール
アニメイト秋葉原
メロンブックス秋葉原1号店
とらのあな秋葉原店A

芝村裕吏氏の小説「マージナル・オペレーション 空白の一年[下]」【AA】(イラスト:しずまよしのり氏)が15日に発売になった。

小説『マージナル・オペレーション』は、作品情報によると『30歳のニート、アラタが選んだ新しい仕事、それは民間軍事会社──つまり、傭兵だった』という、近未来の戦場を舞台に少年少女兵を指揮する元ニートの傭兵アラタのお話で、シリーズは5巻で完結コミックス版がアフタヌーンで連載中の作品で、『マージナル・オペレーション 空白の一年』はヒロイン・ジブリール視点で本編シリーズ1巻と2巻の間のお話。

今回出た「マージナル・オペレーション 空白の一年[下]」【AA】は、第1章〜第8章の「熱」・「アンドフポイ」・「無人の戦場」・「軍と警察」・「二度目のヘラート」・「ハキムと武器」・「テスト」・「遺跡での戦い」という構成で、オビ謳い文句は『赤い日本(シベリア・ラーダ)の追跡をかわしつつ、一行はペルシャを目指す――。空白の一年は終わり、新たな扉が開く!』で、『“マジオペ”シーズン2 今冬開幕!』とかも書いてあった。

国境を越え、アフガニスタンに入った一行が見たのは、無人機が遊弋する荒廃した戦場だった──。 補給もままならぬ過酷な旅路に、子供たちは次々と病に倒れ、どこに行ってもシベリアによる監視の目が光る。果たして、砂漠の果てに安息の地はあるのか。そして、シベリアはなぜアラタに固執するのか……。 芝村裕吏×しずまよしのりのタッグが贈る大ヒットシリーズ、“新田の血”が時空を繋ぐ番外編、ここに完結──! 裏表紙

「マージナル・オペレーション 空白の一年[下]」【AA】の感想には、シュワさん『マジオペとはるカナを繋ぐ内容で、両作品を読んでいる人には格別の読後感を味わえると思います』、りぃさん『読み終わって、うわああああ!てなってる。具体的には、本編の2巻と3巻を読み直さなくては!てなってる』などがある。

また、著者の芝村裕吏氏あとがきで『前々から予告していたとおり、「マージナル・オペレーション」のシーズン2が始まります。これだけ人気作品になると、適当なものが書けないので割とびびってますが、がんばります。冬頃かな』、『と、その前に、これまた人気の「遙か凍土のカナン」の最終巻もあるので、こっちもきちんと有終の美を飾りたいと思っています』などを書かれている。

「マージナル・オペレーション 空白の一年[下]」 / 芝村裕吏氏のTwitter

「イヌワシ、
空にアメリカがいる」
「空白の一年[下]」
もくじ
「武器も持たずに車を降りると、手を降って近寄った」
「私は大人です。大人として扱われることを望みます」
「捕虜です」「初めまして、
ハキムと言います」
「そいつは血統的に
金髪幼女好きの変態だ」


【関連記事】
マージナル・オペレーション 空白の一年[上]「大ヒットシリーズ、再び砂漠の地へ!」
マージナル・オペレーション最終5巻 「人民解放軍14万人 VS 3000人の子供たち」
マージナル・オペレーション4巻 「元ニート、スーツ姿の傭兵。今度の敵は人民解放軍!」
アキバブログが存在する2020年代(?)の元ニート傭兵「マージナル・オペレーション」3巻

芝村裕吏 遙か凍土のカナン4巻 「舞台はシベリアへ―。建國篇 此処に開幕!」
芝村裕吏 遥か凍土のカナン1巻 「公女に協力し、極東にコサック国家を建設せよ」
コミックス版 マージナルオペレーション2巻 「30歳のニート、戦場で軍事的才能が開花」
コミックス版「マージナルオペレーション」1巻 ゲームだと思ったら傭兵の実戦オペレーター
ガンパレード・マーチ アナザー・プリンセス1巻 「熊本要塞戦の真実の物語――」

【関連リンク】
星海社 / 最前線
「マージナル・オペレーション 空白の一年[下]」 / 作品情報
芝村裕吏氏のTwitter
イラスト:しずまよしのり氏のTwitter / pixiv
芝村裕吏 - Wikipedia
しずまよしのり - Wikipedia
マージナル・オペレーション - Wikipedia

【感想リンク】
アフガニスタンからイランを目指してひたすら西へ向かう、このファンタジー感
マジオペとはるカナを繋ぐ内容で、両作品を読んでいる人には格別の読後感
読み終わって本編の2巻と3巻を読み直さなくては!てなってる
2016年冬に第2シーズンが始まるそうです


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51519652