2016年03月20日

秘境群馬のラノベ2年ぶり続刊 群馬県から来た少女GX 「今度は戦争だ!栃木と!」

群馬県から来た少女GX VG文庫の3月新刊、日下一郎氏のライトノベル「世界最後の魔境 群馬県から来た少女GX」【AA】が19日?に発売になった。2014年に出たライトノベル「群馬県から来た少女」の2年ぶりの続編で、書籍情報は『ごく一部の熱い要望を受けあの名作がGX!今度は戦争だ!何が?群馬と栃木が!再び』。
-

日下一郎氏のライトノベル「世界最後の魔境 群馬県から来た少女GX」【AA】
「群馬県・栃木県非公認! ご当地の賢人、偉人、名産が総進撃?!」

登場人物 羽柴グン、コヨトル、丁さん、なすび、天野先生

「今日からみなさんと一緒にこの学園で学ぶことになった
那須・トチギーナ・ワール・ド・スクウェアさんです」 「よろしくおねがいしまース!」

「いでよ栃木神!」 「群馬神!召喚!」
ゲーマーズ本店
アニメイト秋葉原
メロンブックス秋葉原1号店

VG文庫の3月新刊、日下一郎氏のライトノベル「世界最後の魔境 群馬県から来た少女GX」【AA】(イラスト:新谷真昼氏)が19日?に発売になった。

2014年に出た群馬ラノベ「群馬県から来た少女」の2年ぶりの続編みたいで、オビ謳い文句は『群馬県・栃木県非公認! 挂甲武人VSみーちゃん 新島襄VS那須与一 焼きまんじゅうVS宇都宮餃子 いせさきもんじゃVSしもつかれ 嬬恋キャベツVSとちおとめ…ご当地の賢人、偉人、名産が総進撃?!』などなど。

書籍情報は『群馬をいじり尽くして発刊された「世界最後の魔境 群馬県から来た少女」から2年! ごく一部の熱い要望を受けあの名作がGX!今度は戦争だ!何が?群馬と栃木が!再び』になってる。

邪神「群馬王」の復活を願い、世界支配を夢見る「群馬県から来た少女」コヨトルは「群馬王」の「血を受け継ぐ者」である羽柴グンとキャッキャッうふふな学園生活を送っていた……。まるでライトノベルのような日常に突如、現れたのは「栃木から来た少女」トチギーナだった。群馬と栃木を結ぶ戦いの物語が今、始まる……のか? 裏表紙

なお、日下一郎氏のカバー折り返しで『前巻よりすっかり間が空いてしまいました。「群馬県から来た少女」ようやくの続編をお届けいたします。多分誰も読んだことのない小説になっていると思いますが、お楽しみいただけますと幸いです。ヨロシクね!』とのこと。

また、本書についてでは『 この物語における「群馬県」についてはインターネット等において言われる「ものすごい田舎。田舎を通り越して秘境」というイメージを誇張したものであることをあらかじめお断りしておきます。また「栃木県」に関しても同様の誇張した表現を用いていることをあらかじめお断りしておきます。群馬県&栃木県の人。どうか広い心で…怒らないで!』とも書かれている。

「世界最後の魔境群馬県から来た少女GX」書籍情報 / 日下一氏のTwitter

「群馬に味方する者は
すべて消すのだ!」
「天を怨みず、
人を咎めず(新島襄)」
「那須与一がやられたようだな…」「だが奴は我ら
四天王の中でも最弱」
「まさか生きていたというのか?おまえが」
「赤城山!榛名山!妙義山!上毛三山に囲まれた
聖なる群馬の紋章」
「いざや新たな毛野の子を
もうけようぞ」






この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51519938