2016年03月29日

コミックス 勇者様にいきなり求婚されたのですが1巻 「…私、モブキャラなんですけど!」

勇者様にいきなり求婚されたのですが 富樫聖夜氏のライトノベルを渡辺うな氏がコミカライズされた「勇者様にいきなり求婚されたのですが」1巻【AA】が28日に発売になった。作品情報は『勇者様は言いました。「貴方を愛しています」と。姫の侍女である、私の手を取りながら』で、オビ謳い文句は『…わ、私モブキャラなんですけど!?』になってた。
-

富樫聖夜氏の同名のライトノベルを、渡辺うな氏がコミカライズ
「勇者様にいきなり求婚されたのですが」1巻【AA】発売

「勇者は"貴女を愛しています。どうか私の妻になって下さい" そう告げたのでした。
――侍女Aの手を取りながら」

王国を救った勇者に求婚された侍女A 「皆さんこんにちは、アーリアと申します。
王道や定番、そして何より平凡を愛するごくごく普通のモブキャラ」

「勇者様は最後の希望で、魔族の脅威から私達を救ってくれる女神に選ばれた方
なのにどうしてこんな寒々しい思いを」
K-BOOKS秋葉原新館
とらのあな秋葉原店A
COMIC ZIN秋葉原店

著:富樫聖夜氏&イラスト:鹿澄ハル氏の同名のライトノベルを、渡辺うな氏がコミカライズされた「勇者様にいきなり求婚されたのですが」1巻【AA】が、アキバでは28日に発売になった(公式発売日は29日)。

原作ラノベ『勇者様にいきなり求婚されたのですが』は、富樫聖夜氏がWEB小説サイト「小説家になろう」に投稿されていた作品を商業書籍化したもので、文庫版1巻の書籍情報が『ツッコミ体質の侍女と史上最強勇者様による、お約束無視の新感覚ラブコメファンタジー!』というお話。

今回発売になったコミックス「勇者様にいきなり求婚されたのですが」1巻【AA】は、第1話〜第7話を収録し、裏表紙は『ある日突然、勇者様に求婚されてしまったモブキャラ侍女の運命は…!?』、オビ謳い文句は『ツッコミ体質の侍女×史上最強勇者のラブコメファンタジー、待望のコミカライズ!』、『…わ、私モブキャラなんですけど!?』になってた。

魔王に攫われた麗しの姫を救い出し、帰還した勇者様ご一行。そんな勇者様に王様は、何でも褒美をとらせるとおっしゃいました。勇者様はきっと、姫様を妻に、と望まれるに違いありません。
人々の期待通り、勇者様は言いました。「貴方を愛しています」と。姫の侍女である、私の手を取りながら 作品情報

作画:渡辺うな氏は、あとがきで『お約束破りな展開に、一読者としてワクワクドキドキさせていただいた気持ちをマンガという形でお届けできてたら、この上ない幸せです!少しでも…できれば…たくさん…!!〜アーリア大スキ♥原作のキャラデザが大スキすぎて♥♥コスプレとか見てみたい…!!』などを書かれている。

ちなみに、原作ラノベ『勇者様にいきなり求婚されたのですが』の感想には、ぐっちさん『王子様が来てほしい…と望む女子は多いものの、実際にスペックの低い自分のところに来たら大変だった!という…身もフタもない話』、おさるだんごさん『コメディの皮をかぶったシリアスかもしれないが、アーリアが冷静で突っ込み体質なので気楽に読める』などがあった。

「勇者様にいきなり求婚されたのですが」連載ページ / 作画:渡辺うな氏のTwitter

「貴女を愛しいと思う気持ち
に嘘偽りはありません」
「(確かに言いましたとも!
お約束のセリフを)」
「返事はもう少し知り合って
からにしたいと…」
「とんでもありません!
名乗ってすらいませんよ!?」
「あいつは歩く天災…いや
最終兵器のようなものだ」
「(主役のオーラに耐えられ
るわけありませんからね)」


【関連記事】
廃墟サークル1巻 「廃墟を舞台に繰り広げられる反逆の物語」

月が導く異世界道中1巻 「とことん不運。されどチート!薄幸系異世界放浪記!」
コミック版ゲート8巻 「ようやく始まる日本と帝国の和平交渉。しかしクーデター!」
GATE スターリーヘヴンズ1巻 「三人娘がアイドルデビュー☆日常ほのぼのスピンオフ」
THE NEW GATE1巻 「デスゲームから500年後のゲーム異世界へ絶対覇者降臨」
オンラインゲーム内に閉じ込められた剣技バトルファンタジー「EDEN」1巻
コミックス勇者互助組合 交流型掲示板1巻 「今日もまたスレが立つ!」
賞金1億円の心理デスゲーム「THE QUIZ」 ホラーミステリー小説の漫画化

【関連リンク】
アルファポリス / Twitter
「勇者様にいきなり求婚されたのですが」連載ページ
「勇者様にいきなり求婚されたのですが」1巻特典情報
原作:富樫聖夜氏のホームページ「風姿花伝」 / Twitter / Twitter(富樫聖名義)
富樫聖夜氏の「小説家になろう」投稿ページ
アーリア可愛いです♥
作画:渡辺うな氏のTwitter / pixiv

【原作感想リンク】
王子様が来てほしい…と望む女子は多いものの、実際に来たら大変だった!
アーリアが冷静で突っ込み体質なので気楽に読める
終始コメディ調で書かれているのでそんなに重く考えずに読めました
これのどこがモブなんだ!って突っ込みたい
ヒロインを求めるヒーローの狂喜?!にゾクゾクしました
ファンタジーというか、RPGな世界観ですが、ラブメインでかなり少女小説っぽい
勇者様にいきなり求婚されたのですが〈1〉 感想 - 読書メーター


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51520599