2016年03月29日

大和田秀樹が名作を女体化 坊っちゃん♥ 「国民的名作を超破天荒にコミカライズ!」

大和田秀樹 坊っちゃん♥ 大和田秀樹氏のコミックス「坊っちゃん♥」【AA】が28日に発売になった。オビ謳い文句は『日本文学史上、最も有名作かつ多く読まれた名作を、漫画界随一の鬼才が漫画訳したらこうなった!』で、ZIN秋葉原店のPOPは『国民的名作を大和田先生が超破天荒にコミカライズ!』だった。
-

大和田秀樹氏のコミックス「坊っちゃん♥」【AA】
「国民的名作を大和田先生が超破天荒にコミカライズ!!」

坊っちゃん(女体化)「親ゆずりの無鉄砲で子供の時から損ばかりしている
なぜなら私は馬鹿と田舎者がキライだから」

「アホかーー!!!
これが解ける奴がたった40円ぽっちでこんなクソ田舎に来るわけないでしょ!!」

「クソボケがァァァ!!」
メロンブックス秋葉原1号店
特典:メッセージカード
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード

夏目漱石の小説「坊っちゃん」を、大和田秀樹氏がコミカライズされ別冊漫画ゴラク→増刊・漫画ゴラクスペシャルで連載されていたコミックス「坊っちゃん♥」【AA】が28日に発売になった。

オビ謳い文句は『日本文学史上、最も有名作かつ多く読まれた名作を漫画界随一の鬼才が漫画訳したらこうなった!』、裏表紙は『原作を知らない貴方、これを読めば10分後には「坊っちゃん」通!原作をお知りの貴方、一応申し上げますがこれは「坊っちゃん」です』になっていて、 「坊っちゃん」の舞台で知られる愛媛県松山市のメロンブックス松山店のツイートは『これを読めば坊っちゃんを語れます!!そうです……これが坊っちゃんです!!えぇけん1回読んどぉみ!!』とのこと。

発売日のアキバでは、メロン秋葉原1号店のPOP『概ね、原作通り』や、とら秋葉原店AのPOP『実は結構忠実な設定の、日本文学の名作を超大胆コミカライズ!』、 ZIN秋葉原店のPOP『本当に「坊っちゃん」なんです。国民的名作を大和田先生が超破天荒にコミカライズ!』が付いてた。
チャキチャキ江戸っ娘・坊っちゃん♡が 四国・松山で大暴れ!日本文学史上最高の有名作を「機動戦士ガンダムさん」・「ムダヅモなき改革」の大和田秀樹が超大胆コミカライズ。まんがで読める「坊っちゃん」、色々(沢山)アレンジしてるけれども、これが絶対の決定版!! コミックス情報

コミックス「坊っちゃん♥」【AA】の感想には、E.M.D.2ndさん『このそれにしてもマドンナのあれはヒデェよなぁって思いましたわ(笑』、あくずさん『主人公たちの性別が違ったりどこかで見たような人たちが登場したりしたけれど、ストーリーはきわめてまっとうな坊ちゃんだった』などなど。

なお、大和田秀樹氏は、カバー折り返しで『田舎にやってきた都会育ちの破天荒先生がまきおこすハチャメチャ青春コメディー…になる予定でした』、新刊告知では『原作者の方が亡くなっているので、続編はありません。1巻で完結となります』などを書かれている。

「坊っちゃん♥」コミックス情報

「さぁ次はお前たちが
飛びなさいよ!!」
「なんにもなーい!!!
何このド田舎…!!?」
「人々は彼をこう呼んだ。“赤いネル製のシャツ”と!!」
「ここの生徒は腐ったミカンばっかりだわ!!!」
「結局あたしたちは
クビとなった」
「二度と来ないわよ!!!」


【関連記事】
ムダヅモ無き改革 最終16巻 「点尖閣を賭けた史上最大の親子対決、決着で完結!」
大和田秀樹 ガンダムを創った男たち上下巻 「伝説の作品を創った男達!燃える!」
放射脳と戦う、風評破壊天使ラブキュリ 「我らが大和田秀樹の社会派(?)コミック!」
ムダヅモ・ガンダムさんの大和田秀樹最新作 「戦国ヤンキー」
メロンブックス秋葉原店 「大和田秀樹」コーナー 極めて異例
元ヤンキーCAギャグ漫画 大和田秀樹「ぶっちぎりCA3巻」発売
超・超・超・大魔法峠 「表紙が違いすぎる・・・あ、ウラはいつも通りだー」
ドスペラード発売 「西洋ファンタジー+任侠モノ+萌え+童貞」なギャグ漫画
OVA大魔法峠1巻 「シリーズ恒例の毒電波主題歌 実装!」

「触手で太宰治。恥の多い人生をマンガにすると、こうなりました」
源氏物語の同人エロゲー 「夢の浮橋 〜新釈源氏物語〜」

【関連リンク】
日本文芸社 / 漫画ゴラクスペシャル / Twitter
「坊っちゃん♥」コミックス情報
Webゴラクエッグ(試し読みあり)
大和田秀樹氏のホームページ「釘バットドットコム」 / ブログ / Twitter
メロンブックス松山店:そうです……これが坊っちゃんです!!えぇけん1回読んどぉみ!!

夏目漱石 - Wikipedia
坊つちやん - Wikipedia
図書カード:坊っちゃん
観光めぐり(坊っちゃんコース) 松山市ホームページ
「坊っちゃん」片手に松山市へ行きたい!
坊ちゃんと松山
松山の人たちは夏目漱石の「坊ちゃん」をどう思っているんですか
職場を生き抜け!:夏目漱石の「坊っちゃん」になるな!

【感想リンク】
それにしてもマドンナのあれはヒデェよなぁって思いましたわ(笑
坊っちゃんが美少女化してるし、赤シャツは3倍化してるし(笑)
ストーリーはきわめてまっとうな坊ちゃんだった
夏目漱石meets大和田秀樹という悪夢の組み合わせw(連載時)


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51520605