2016年03月31日

アオとハル 「ぼっちの高校生ハルオと孤高の美少女アオ。棘だらけの青春哀歌」

しおやてるこ アオとハル しおやてるこ氏がヤングキングアワーズで連載されていたコミックス「アオとハル」【AA】が30日に発売になった。オビは『この恋には棘がある』で、裏表紙は『ぼっち高校生ハルオが辿り着いた図書館、そこに孤高の美少女アオはいた。静寂が支配する空間で紡がれる棘だらけの青春哀歌』になってた。
-

しおやてるこ氏のコミックス「アオとハル」【AA】発売
「この恋には、棘がある」

ぼっちの高校生・ハルオと孤高の美少女・アオ
「(さぁ教えておくれ その唇を開いて キミの名を!!)」

「キモイ」

「ハルオくんあたしにちょうだいよ」「ダメ あげないよ」
ゲーマーズ本店
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A
特典:4Pリーフレット

しおやてるこ氏がヤングキングアワーズで連載されていたコミックス「アオとハル」【AA】が、30日に発売になった。

「アオとハル」【AA】は、コミックナタリーによると『クラス替えで友人たちと離れ離れになってしまった高校3年生の主人公ハルオと、孤高の美少女アオの出会いから始まる青春哀歌。ミステリアスなアオに主人公は惹かれていくが、彼女の中にはハルオの知らない深い闇が』というお話で、、第1話「出会い」〜第8話「恋慕」と、描き下ろし最終話の計9話を収録

オビ謳い文句が『この恋には、棘がある。どこまでも残酷 どこまでも無力――それでも青春はやめられない』で、とら秋葉原店AのPOPは『クラス替えでぼっちになった少年に訪れる、運命の青春!トキメキと痛み、切なさが入り交じる胸裂けそうな恋物語』、裏表紙は『ぼっちの高校生・ハルオが居場所を求めて辿り着いた図書館、そこに孤高の美少女・アオはいた。静寂が支配する空間で紡がれる棘だらけの青春哀歌』になってた。

高校3年進級時、仲良しとクラスが別になってしまったハルオは、ぼっちな毎日を過ごしていたが、孤独をごまかすためにたどり着いた図書館で美少女・アオに出会う。だがアオには壮絶な家庭環境があった!?胸に突き刺さる青春ラプソディ! 販促POP

なお、「アオとハル」【AA】の感想には、ソノさん『しおちゃんマジックで、ドロドロしてそうな話なのに、すっごい爽やかなの! ラスト、うるうる来る感じも、前作の「たまりば」のよう。青春って良い』、篠岡孟さん『人物の掘り下げを読みたかったが、最低限の出来事だけを追って進んだことで、終盤のアオとハルの共鳴が強調されてた』、ハシモトさん『男の感性からでは生まれないストーリーだと思う。男の、女の汚い部分を内包し、男に、女に都合の良いだけではない等身大の高校生の物語』などがある。

「アオとハル」作品情報 / しおやてるこ氏のブログ「しおちん」

「あんなマジメそうな顔して
ても性欲はあるんだろうか」
「キミはボクとアオのルール
を土足で踏み荒らした」
「アイツ…女子
だったのかよおぉぉォォ」
「また会えてよかった」
「私と一晩 お願い…」
「私も…ハルを諦めない
やっと両想いになれたから」


【関連記事】
[画像]:「Awesome Fellows!」 たまりば 番外編/しおやてるこ氏

ぼっちJCマンガ ひとりぼっちの◯◯生活2巻 「人見知り少女の脱ひとりぼっち!」
ともだちをつくろう。1巻 「変態男子×ぼっち女子で、ともだちをつくろう!」
僕らはみんな河合荘7巻 「全然ままならない脱"ぼっち"系ヒロイン攻略ラブコメ」
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている11巻 「さてどうするのか…まさに佳境」
ゲーマーズ! 「ゲーム好きなぼっち少年と、ゲーマーたちの錯綜青春ラブコメ!」
ぼっちな僕らの恋愛事情2巻完結 「もどかしさ全開で心くすぐる2人の恋の行方♥」
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!7巻 「高校生になって2回目の夏休み」
今村朝希/ぼっち日和1巻 「ぼっち女子高生の、ともだちづくりコメディ」

【関連リンク】
少年画報社 / アワーズ / Twitter
「アオとハル」作品情報
しおやてるこ氏のブログ「しおちん」 / Twitter
「アオとハル」販促ペーパー情報
発売記念描き下ろしプロローグ漫画4ページ。本編のほうも楽しんでいただければ
漫画家/日本の漫画家 しおやてるこ - Wikipedia
ぼっちと孤高の雁字搦めでドロドロで無力に叫びたくなる青春が痛い恋の物語
しおやてるこ「アオとハル」女の子を助けたい、無力な男子の苦い青春哀歌

【感想リンク】
ドロドロしてそうな話なのに、すっごい爽やかなの!
最低限の出来事だけを追って進んだことで、終盤のアオとハルの共鳴が強調されてた
男の、女の汚い部分を内包し、男に、女に都合の良いだけではない等身大の高校生
リアルなドラマ見てるきぶん、というかめっちゃ良かった
こういう話は超好みだし、何より舞台が学生時代に住んでた新丸子近辺で最高



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit