2016年05月08日

ローカル女子の遠吠え1巻 「さらば東京、ビバしぞーか!」「UターンOLの静岡4コマ!」

瀬戸口みづき ローカル女子の遠吠え 瀬戸口みづき氏のコミックス「ローカル女子の遠吠え」1巻【AA】が、7日に発売になった。裏表紙は『全国の誰もが爆笑間違いなしの新ご当地4コマ』で、販促POPは『さらば東京、ビバ静岡(しぞーか)!』、ZIN秋葉原店のPOPは『生真面目UターンOLさんの言動が楽し過ぎる、しぞ〜かご当地4コマ!』になってた。
-

瀬戸口みづき氏のコミックス「ローカル女子の遠吠え」1巻【AA】発売
「さらば東京、ビバ静岡(しぞーか)!!」

東京から地元の静岡にUターン転職した主人公・有野りん子
「トンネルを抜けるとそこは、やっぱりお茶と富士山のまちでした」

「ええっ他県には、お茶係ってないんですかあ!?」
(給食の時クラスに1つ巨大なヤカンを運んで茶を配る係)

横に長い静岡県は、川を境に分化が違う
「文化も違うッスもんね 違うって方言とか?」  「主に穫れる魚が」
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
ゲーマーズ本店
特典:ブロマイド
アニメイト秋葉原
特典:4コマシート

瀬戸口みづき氏が、まんがタイムスペシャルで連載されているコミックス「ローカル女子の遠吠え」1巻【AA】が、7日に発売になった。

『ローカル女子の遠吠え』は、otaccoによると『静岡県を舞台に地方あるあるネタを軸に、日常系から恋愛系まで幅広く展開。辛辣かつ愛ゆえに突っ込まずにはいられない地元ローカルネタ』という作品で、人物紹介によると、東京から地元の静岡にUターン転職した主人公・有野りん子や、東京から左遷され静岡ライフを満喫する男・雲春、元ブラック企業女性社員・ハッチなどが登場するお話。

コミックス「ローカル女子の遠吠え」1巻【AA】の販促POPは『さらば東京、ビバ静岡(しぞーか)!!』、オビ謳い文句が『トンネルを抜けるとそこは茶畑!富士山!茶畑!!』で、発売日のアキバでは、ZIN秋葉原店、ゲーマーズ本店、アニメイト秋葉原、とら秋葉原店Aなどに瀬戸口みづき氏のサイン色紙があり、メロン1号店のPOPは『さあ、今度の休日はこの本持ってしぞーかへ!』、ZIN秋葉原店のPOPは『静岡あるある満載!!生真面目UターンOLさんの言動が楽し過ぎる、しぞ〜かご当地4コマ!』になってた。

アラサーの有野りん子は東京になじめず、実家の静岡にUターン。地元の再就職先には、静岡ライフを満喫する東京男、彼を狙う肉食系20代女子、地元命の上司と多士済々。静岡県民、東京命の人はもちろん、全国の誰もが爆笑間違いなしの新ご当地4コマ!! 裏表紙

「ローカル女子の遠吠え」1巻【AA】の感想には、沙藤昌さん『「静岡よいとこ〜おいで」的なノリだけでなく、静岡県特有の文化、価値観諸々を冷徹にギャグにしてる感じが好き』、akaponさん『キャラクター同士のやり取りも楽しくかなり笑える。面白い。同じような境遇の人にとっては東京ネタも静岡ネタも判るので更に味わい深いかも』、そうはくさん『めっちゃ共感できたし、あるあるネタ最高だったけどこれだけは言わせて 静岡はローカルじゃねぇ』などがある。

なお、作者の瀬戸口みづき氏は、カバー折り返しで『静岡県焼津市で「おいらの船は300トン」を聴いて育ちました。どこにお住まいの方にも楽しんでいただければ幸いです』、あとがきで『この連載を始めてから、県内でネタを探して歩いています。改めていろんな発見があってとても楽しいです。皆様にも楽しんでいただけますように』などを書かれている。

「ローカル女子の遠吠え」1巻コミックス情報 / 瀬戸口みづき氏のTwitter

「あの子やりますね」
「都会でやってた子は違う」
「マイルドヤンキーは
日の出暴走はしません」
「30過ぎても独り身なんて
珍しいし恥ずかしいぞ!」
「両県民は互いに思ってます
"こっち側から見る
富士山の方がキレイ"」
「ウチの大御所様?
誰すか社長とか?」
「(地元グループのアイコン
がほとんど子供の画像に)」


【関連記事】
かぐや姫のおねがい♥ 「黙れ童貞 イカ臭いんだよ」

秘境群馬のラノベ2年ぶり続刊 群馬県から来た少女GX 「今度は戦争だ!栃木と!」
47都道府県擬人化バトル よとしち!全国統一編 「首都vs地方、新時代の幕開け!?」
お前はまだグンマを知らない5巻 「伝説と真実。ニイガタの衝撃!イバラキの進撃!」
ローリング☆ガールズ前日譚コミックス1巻 「ご当地ネタ満載の都道府県間バトル!」
日本最後の秘境のラノベ「世界最後の魔境 群馬県から来た少女」発売 協力:群馬県
琉神マブヤー(1) 「あの話題の沖縄ヒーロー!これがマブヤーだ!」

【関連リンク】
芳文社 / まんがタイムスペシャル / Twitter
「ローカル女子の遠吠え」1巻コミックス情報
瀬戸口みづき氏のブログ「ねこのへそ」 / Twitter
ローカル女子の遠吠え1巻特典情報まとめました。全10種です

静岡から発信されるエッジの利いた毒舌とご当地あるある
地元で再就職した都落ちアラサー女の日常描く「ローカル女子の遠吠え」1巻

【感想リンク】
静岡県特有の文化、価値観諸々を冷徹にギャグにしてる感じが好き
富士山・お茶・伊豆・サッカー・ヤマハ・徳川家康と魅力たっぷり。 海の幸も豊富
さらば東京ビバ静岡。負け犬女子×左遷東京男子×ブラック企業退職トラウマ女子
都会で必死に働くより地元で遊びながら暮らしたほうが人生幸せだなんて
キリギリスが凍死しない世界で ― 瀬戸口みづき『ローカル女子の遠吠え』
田舎向きな質じゃないのに地元に帰ってきちゃった悶々感が良い
同じような境遇の人にとっては東京ネタも静岡ネタも判るので更に味わい深いかも
めっちゃ共感できたし、あるあるネタ最高だった
きっと全国の地方都市に住む不器用な男女の共感と笑いが得られる作品
4コマも切れ味鋭く楽しませていただきました
これテレビドラマでりん子さんが見たい作品っすなー
瀬戸口先生の独特の切り口、リズムがとても心地よい面白さ
ローカル女子の遠吠え 1巻 感想 - 読書メーター


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit