2016年05月21日

生贄投票1巻 「晒しちゃおうよ。あの子のウラ側。選ばれた者に待つのは"社会的死"」

生贄投票 原作:葛西竜哉氏&作画:江戸川エドガワ氏のコミックス「生贄投票」1巻【AA】が20日に発売になった。とら秋葉原店AのPOPは『クラス内不信が湧き起こる、震撼のウラ晒しゲーム開幕!』で、オビ謳い文句は『晒しちゃおうよ。あの子のウラ側』、『選ばれた者に待つのは"社会的死"の制裁』になってた。
-

原作:葛西竜哉氏&作画:江戸川エドガワ氏のコミックス「生贄投票」1巻【AA】発売
「晒しちゃおうよ。あの子のウラ側。選ばれた者に待つのは"社会的死"」

私立柳沢高校2年 今治美奈都
「ごめん、一本乗り遅れた」「こらー!先、行くぞ!」「まったく!」

「生贄…投票…? なにこれ…?ホームボタンも再起動も効かない」

“生贄投票”で、クラスのヒエラルキートップの女生徒への制裁は
ハメ撮り動画をネット拡散 「固いの…好きぃ…」
K-BOOKS秋葉原新館
とらのあな秋葉原店A
COMIC ZIN秋葉原店

原作:葛西竜哉氏&作画:江戸川エドガワ氏が、eヤングマガジンで連載されているコミックス「生贄投票」1巻【AA】が、20日に発売になった。

『生贄投票』は、コミックナタリーによると『クラスの生徒に次々と"社会的な死"を与えていくアプリを軸にした学園サスペンス。ある日、主人公の美奈都のスマホに突然「生贄投票」という画面が表示された。クラスの1人を選んで投票したところ…。後ろめたい過去を持つ学級が、崩壊していく様が描かれている』という作品で、今回発売になったコミックス「生贄投票」1巻【AA】には第1話〜第7話を収録。

とら秋葉原店AのPOPは『社会的死は、存在の死!クラス内不信が湧き起こる、震撼のウラ晒しゲーム開幕!』が付いていて、コミックス情報では『「デスペナ」の江戸川エドガワが描く、反道徳×学園サバイバル!』、オビ謳い文句は『晒しちゃおうよ。あの子のウラ側』、『クラス全員のスマホに、ある日突然DLされた「生贄投票」というアプリ。選ばれた者に待つのは、"社会的死"の制裁』だった。

ある日、高校生・今治美奈都のスマホに突然表示された「生贄投票」というアプリ。候補者としてクラス全員の名前が並べられ、生贄に選ばれた者には、"社会的死"が与えられるという。些細な出来心から友人の名を押してしまった美奈都だったが、この投票がクラスに大きな波紋と崩壊をもたらしていく── 裏表紙

なお、「生贄投票」1巻【AA】では、クラスのヒエラルキートップの女王が、咥える動画やハメ撮り動画を公開される"社会的死"の制裁を受けたり、人気ある男子生徒がアナルにバイブ挿入プレイ動画を公開されてたりしていて、しらたまさんの感想では『まぁードロドロしてるよ 人間の汚さとか沢山あるし。でも、社会的死(他人に知られたくない事)って皆にも1つはあるんじゃないかって思うから怖くなる』などを書かれている。

「生贄投票」1巻コミックス情報 / 「生贄投票」連載ページ

“生贄投票”の制裁 クラスのヒエラルキートップの女王が咥えてる動画
「環奈ぁーいいよぉー あーすごい」

人気がある男子生徒のアナルバイブ挿入プレイ動画
「ママぁーゆっくりねーゆっくりぃーしてぇー」

彼氏持ちの女の子が、校内で別の男に指マンされる動画
「アッ…ヤッ…イヤァァ…」

「選ばれた者は課題をクリア
できなかった場合"生贄"」
「お前誰に投票した?」
「バカ!言える訳ねーだろ」
「みなさんの"社会的死"を
愛を持ってお届けします」
「これはスクールカーストの
下の者たちの逆襲なんだ」
「<香川怜>に
社会的死を与える」
「話してやるよ
二階堂ありさについて」



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit