2016年05月24日

大和田秀樹 / 疾風の勇人1巻 「戦後日本の礎を築いた熱過ぎる男達の伝説!」

大和田秀樹 疾風の勇人大和田秀樹氏が敗戦直後の昭和の日本を舞台にしたコミックス「疾風の勇人」1巻【AA】が23日に発売になった。オビ謳い文句は『「ムダヅモ無き改革」の作者が描く、今の日本をつくった男たちの物語!』で、ZIN秋葉原店のPOPは『戦後日本の礎を築いた熱過ぎる男達の伝説!』だった。
-

大和田秀樹氏のコミックス「疾風の勇人」1巻【AA】発売
ZIN秋葉原店のPOP「戦後日本の礎を築いた熱過ぎる男達の伝説!!」

舞台は敗戦後(昭和22年)から。主人公は池田勇人
「まだ東京のいたるところにヤミ市があった時代。…風貌は偉容であった」

「吉田前総理…!!!?」 第45・48・49・50・51代内閣総理大臣 吉田茂

「討つべきはGHQ民政局に巣食う不逞の輩!!国民に選ばれたわけでは
ないにもかかわらず我が国の国会を私し意のままにしておる…
ケーディス大佐とその傀儡の芦田を討つのだ!!」
K-BOOKS秋葉原新館
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
メロンブックス秋葉原1号店
特典:イラストカード

大和田秀樹氏が週刊Dモーニングで連載されている、敗戦直後の昭和の日本を舞台にしたコミックス「疾風の勇人」1巻【AA】が23日に発売になった。

オビ謳い文句は『「ムダヅモ無き改革」の作者が描く、今の日本をつくった男たちの物語!』、裏表紙は『「所得倍増」を掲げ、日本を高度経済成長に導いた政治家・池田勇人を主人公に戦後史を描く政治大河ドラマ、堂々開幕!混迷の戦後を疾風の如く駆け抜けろ!(注:麻雀漫画ではありません)』で、敗戦後の1947年(昭和22年)から始まり、池田勇人を主人公にし、吉田茂、白洲次郎、佐藤栄作なども登場してるお話。

コミックス「疾風の勇人」1巻【AA】には、第1話〜9話の「一千億を集めた男」・「池田と佐藤」・「“学校”説明会」・「最高司令官の野望」・「吉田学校入学」・「政局のはじまり」・「刻を止める男」・「諸刃の大疑獄」・「首班氏名」の9話を収録し、販促POPは『まずはGHQから政治を取り戻すッ!第58・59・60代内閣総理大臣 池田勇人!この男が国民の所得を倍増させる!』になっていた。

発売日のアキバでは、とら秋葉原店AのPOPが『戦後の日本を復興へと導いた大蔵系スーパー政治家 池田勇人と大物政治家が紡ぐ激動の政治劇場!!』、ZIN秋葉原店のPOPは『戦後日本の礎を築いた熱過ぎる男達の伝説!!』だった。

1947年。終わりの見えない占領が続く日本。復興財源をかき集める大蔵省次官・池田勇人の前に現れた吉田茂が吼えた! 「GHQを追い出し日本を独立させる!」
池田は吉田と行動を共にすることを決意!そして吉田のもとに新時代の戦士達が結集する! さあ、GHQからこの手に政(まつりごと)を取り戻せ!! 裏表紙

コミックス「疾風の勇人」1巻【AA】には、ときわ書房本店の紹介『どうしようもなく面白い!痺れる!今にも麻雀を始めそうだけど本作ではさすがにしませんねー』や、テリー・ライスさんの感想『「ムダヅモなき構造改革」で政治パロをやってた作者が描く政治家漫画ってのは嘘から出た真みたいな印象が』、『読み進めていくと後に総理になる人たちがごろごろ出てくるのはなんか快感すら覚える。池田勇人の子分みたいのが大平正芳だったりとかw()』などがある。

なお、大和田秀樹氏の、コミックス発売告知では『池田勇人を主人公に戦後史をいじり倒す予定です。戦後史は本当に濃いです。幕末、戦国に匹敵する日本史の濃さ、特別な存在では無いでしょうか。ヴェルタースオリジナルがもらえるぐらい特別だと思います。なのに授業とかではあんまりやらないし、勿体ないですよね』などを書かれている。

「疾風の勇人」1巻コミックス情報 / 大和田秀樹氏のブログ

「日本の独立のためだッ!!!」

大平正芳(当時大蔵官僚)
「何やってんですか池田さん!!!あなたはもう組織のトップなんですよ!!」

佐藤栄作(当時運輸省次官)
「またお濠端(GHQ)から難題ふっかけられたのか?」

「いつまで日本は“占領国”
なんじゃろうのう」
「“とっとと帰れ(GHQ)”だ
バカヤロウ!!」
「わしらの“日本”を
描くんじゃ」
「金をバラまきすぎなんじゃ!!
無策にもほどがあるわい」
「昭和電工事件は64名にもおよぶ逮捕者を出す大疑獄」
「池田勇人 生涯最初の
選挙戦が始まる!」


【関連記事】
名作を女体化 坊っちゃん♥「国民的名作を超破天荒にコミカライズ!」
ムダヅモ無き改革 最終16巻 「点尖閣を賭けた史上最大の親子対決!」 
大和田秀樹 ガンダムを創った男たち上下巻 「伝説の作品を創った男達!燃える!」
放射脳と戦う、風評破壊天使ラブキュリ 「我らが大和田秀樹の社会派(?)コミック!」
ムダヅモ・ガンダムさんの大和田秀樹最新作 「戦国ヤンキー」
メロンブックス秋葉原店 「大和田秀樹」コーナー 極めて異例
元ヤンキーCAギャグ漫画 大和田秀樹「ぶっちぎりCA3巻」発売
超・超・超・大魔法峠 「表紙が違いすぎる・・・あ、ウラはいつも通りだー」
ドスペラード発売 「西洋ファンタジー+任侠モノ+萌え+童貞」なギャグ漫画
OVA大魔法峠1巻 「シリーズ恒例の毒電波主題歌 実装!」

【関連リンク】
池田勇人の人生を描く「疾風の勇人」突然の打ち切りに(2017/05)
講談社 / 週刊Dモーニング
「疾風の勇人」1巻コミックス情報 / 作品情報 / 第1話試し読み
敗戦国ニッポンのために、命をかけた男たちがいた…第一話から第三話を無料公開
第1巻はいよいよ来週5/23発売! 書店購入特典を紹介します!
大和田秀樹氏のホームページ「釘バットドットコム」 / ブログ / Twitter 
戦後史は本当に濃いです。幕末、戦国に匹敵する日本史の濃さ
大和田秀樹 - Wikipedia
疾風の勇人 - Wikipedia
大和田秀樹×池田勇人の政治大河ドラマ「疾風の勇人」1巻、特典も
本日の書店員注目新刊

政治家等実名を出した神をも恐れぬ作風は相変わらずのキレっぷり
ガチガチのシリアスです。戦後史を全く茶化さず漫画化
痺れる!今にも麻雀を始めそうだけど本作ではさすがにしませんねー
政治パロをやってた作者が描く政治家漫画ってのは嘘から出た真みたいな印象が

歴代総理の写真と経歴 池田勇人《第58・59・60代》
池田勇人 - Wikipedia / ニコニコ大百科 / ピクシブ百科事典
池田勇人(いけだはやと)とは - コトバンク / 池田勇人内閣とは
所得倍増計画 - Wikipedia / 国民所得倍増計画とは - コトバンク
吉田茂 - Wikipedia / ニコニコ大百科 / コトバンク
吉田学校 - Wikipedia / コトバンク
白洲次郎 - Wikipedia
佐藤栄作 - Wikipedia / コトバンク
大平正芳 - Wikipedia / ニコニコ大百科 / コトバンク
ダグラス・マッカーサー - Wikipedia / ニコニコ大百科 / ピクシブ百科事典
コートニー・ホイットニー - Wikipedia / コトバンク
チャールズ・L・ケーディス - Wikipedia
松野鶴平 - Wikipedia / コトバンク
芦田均 - Wikipedia / コトバンク
田中角栄 - Wikipedia / ニコニコ大百科 / コトバンク
炭鉱国管疑獄 - Wikipedia
昭和電工事件 - Wikipedia / 昭電疑獄事件とは - コトバンク
10分で見る戦後日本の軌跡 - YouTube


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit